フィギュアスケート シーズン表彰 2015/16 男子

yuzuru.jpeg

女子に続いて、男子も 勝手にシーズン表彰 しちゃうわよ!(`・ω・´)
ベストプログラムに関しては、女子編とは 別の意味 で選ぶのが難しかったわw



★ベストプログラム(SP)
ハビエル・フェルナンデス「マラゲーニャ」(アントニオ・ナハーロ)



スペイン国立バレエ団芸術監督のアントニオ・ナハーロの振付けを上手く滑りこなしてるわ。
あくまでも、それらしく ではあるけれど。
ジャンプ前の助走に割く時間も極力短くして、いろいろとつなぎも入ってるし、よく練られたプログラムね。
この間のアイス・レジェンドで久々に ステファン・ランビエールの「ポエタ」 (同じくナハーロ振付け)を見たけど、それと比べるのは酷ってもんかしらw

次点:
ロス・マイナー「New York State of Mind(ビリー・ジョエル)」(ジェイミー・アイズレー)
ワタシ好みのおしゃれプロ。要所のイーグルも効いてるわ。

ジェイソン・ブラウン「Love is Blindness(映画『華麗なるギャツビー』より)」(ロヒーン・ワード)
いつもどおり、彼にしかできないつなぎ満載のプログラムね。


★ベストプログラム(FS)
ジェイソン・ブラウン「The Scent of Love(映画『ピアノ・レッスン』より)」(ロヒーン・ワード)



ジェイソン 踊り心 を活かしたSPとは対照的に、しっとりとした曲調に合わせて 抑えた表現 が心地いいわ。
欧米の選手ってけっこうやりすぎちゃうことが多いんだけど、ジェイソンはそのへんを心得てるわね。
シーズン後半を怪我で棒に振っちゃったのが残念だったけど、最後に新設のチームチャレンジカップで元気な姿を見せてくれたわ。


★新人賞
宇野昌磨
SP「LEGEND」
FS「トゥーランドット」
主な戦績:
世界選手権7位
GPファイナル3位
全日本選手権2位

世界選手権では、FSでミスがあって 悔し涙 を見せてたけど、シニアデビューの年に7位に入ったのは誇っていいと思うわ。
昨シーズンに3Aと4Tをモノにして、今シーズンの最後には 世界初の4F を成功させちゃうんだもの、伸び盛りの若者って恐ろしいわねw
来シーズン、ただひとつワタシがに望むことは、美穂子振付けからの卒業 よ。
特に今シーズンのSPは選曲も振付けも理解に苦しむわ。
独特な美穂子振付けは、昌磨にって言うよりあんまり男子に向いてないんじゃないかしら。
デイヴィッド・ウィルソンかトム・ディクソンの振付けで滑る昌磨が見たいわ。


★ベストジュニアスケーター
ダニエル・サモーヒン(イスラエル)
SP「Still Loving You」
FS「映画『シャーロック・ホームズ』より」
主な戦績:
世界ジュニア選手権優勝
JGPファイナル5位

世界ジュニア選手権での、SP9位からの大逆転優勝 は衝撃的!
4Tと4S持ち なうえに、表現にもずいぶん気を遣ってるから、現段階でも十分シニアで通用する実力があると思うわ。
ただ、演技に入り込みすぎちゃうのか、ジャンプの安定感には難有り。
JGPファイナルでは5回も転倒しちゃって5位にとどまったわね。
ちなみに、このカテゴリはアメリカのネイサン・チェンが最有力かと思ったけど、全米EXで怪我しちゃって残念。


★ベストスケーター
羽生結弦
SP「バラード1番(ショパン)」
FS「SEIMEI(映画『陰陽師』より)」
主な戦績:
世界選手権2位
GPファイナル優勝
全日本選手権優勝

世界選手権連覇のハビエル・フェルナンデスとどっちにしようか迷ったけど、シーズンを通しての戦績 でユヅルを選んだわ。
NHK杯、GPファイナルと、2度も 世界歴代最高得点 を塗り替えた時の演技は 鳥肌モノ だったもの。
それだけに世界選手権に期待は大きかったけど、怪我とピーキングの問題か、昨シーズンのリベンジは果たせなかったわね。
プログラムとしては、昨シーズンのベストに選んだSP「バラード1番(ショパン)」の持ち越しは歓迎だったけど、FSの「SEIMEI」は微妙。
題材が題材 だから、振付けはシェイリーン・ボーンよりミヤケンあたりに頼んだ方がよかったんじゃないかしら。


さあ、来シーズンはもう オリンピックのプレシーズン よ!
次の五輪金メダリスト を見極めるべく、ワタシたちも気合入れて観戦しなきゃ!o(`・д・´)o


にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事