『グッド・ワイフ』シーズン6 第1・2・3話あらすじ&感想 不穏なシーズンスタート

Trust Issues

【新規登場人物】
ディーン・レヴィーン・ウィルキンス:L/Gの弁護士 NY事務所から異動
アーニー・ノーラン:経営者
ディーナ・ランパード:チャムハム社幹部 ニール・グロスの妻
トレイ・ワグナー:ビショップの部下
ジョイ・グルービック:公判前手続担当官
マリッサ・ゴールド:イーライの娘


【あらすじ】
グッド・ワイフ6-1「ボーダーライン」
The Line

ビショップの薬物輸送の共謀罪でケイリーが逮捕され、アリシアが保釈に奔走
ダイアンの辞職を聞いたケニングとリーが顧客の囲い込みを画策
イーライに乗せられピーターもアリシアへの州検事選出馬の打診に同意
※ルモンド・ビショップ登場

グッド・ワイフ6-2「信頼関係」
Trust Issues

[案件]チャムハム社vs解雇された社員の集団訴訟→最低限の金額で和解
アリシアが保釈金の工面に苦慮するもチ社の報酬を充てケイリーの勾留が解ける
ダイアンがディーンら7人の弁護士を引き連れてF/Aへ移籍
※ルモンド・ビショップ、パトリック・エデルスタイン登場

グッド・ワイフ6-3「聖なる仲裁人」
Dear God

[案件]種の特許権侵害でキリスト教仲裁所へ→当人同士で和解
[案件]トレイ失踪によりケイリーの保釈が取消の危機→担当官の証言で維持決定
周囲の期待とカストロへの敵対心からアリシアが州検事選の出馬を検討し始める


【感想】
シーズン6は、まさかの ケイリー逮捕 から始まったわ!ガ━(゚Д゚;)━ ン !!!
ケイリーが何をしたのかと思ったら、麻薬王ビショップ絡み だったのね。
ビショップのNo.2トレイ(実は市警の情報提供者)がケイリーの話を録音して、それが逮捕の決め手となったみたい。
でも実際は、ケイリーは仮定の話をしただけだっていうし、録音を継ぎはぎ したことで脱法を指南したような内容になってるようね。
そのへんの加工の痕跡が出てくれば、ケイリーの容疑が晴れそうだわ。
それにしても、警官や刑務官に酷い扱いを受けたケイリーが可哀相で可哀相で。
おまけに 130万ドル なんていう超高額な保釈金を設定されて、何日も勾留されちゃうし。
まだ裁判の行方は分からないけど、とりあえず保釈が叶ったことはよかったわね。
アリシアとハグするところで泣けてきちゃったわ…。・゚・(ノД`)・゚・。

州検事選の出馬なんてありえないって感じだったのに、アリシアの心に変化が。
世論調査の結果や周りのみんなに背中を押されたりっていうのもあるでしょうけど、一番のモチベーションは、きっと カストロへの怒り ね。
フィンも検事補としての仕事をしてるだけだけど、なんだか嫌な感じ。
2人まとめてアリシアに ケチョンケチョン にされますように(^人^)

いよいよフロリック/アゴスにダイアンが加わって、フロリック/アゴス/ロックハート が始動ね!(`・ω・´)
とりあえず名前が長すぎるから、"FAL"って書くことにするわw
でもいきなり8人も弁護士が増えたらそれに付随して他のスタッフも増えるだろうし、明らかにあの事務所じゃ手狭よね。
これからどうするのかしら…?



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事