『アメリカン・アイドル』シーズン15 TOP10→8 まさかの脱落者にガ━(゚Д゚;)━ ン !!!

mackenzie.jpg

週一 の放送になった今回のシステムを説明しておくわね。
まず、TOP10のうち前回の視聴者投票の上位7人については、1人ずつ合格者の名前が呼ばれてパフォーマンス 、っていう流れ。
で、残った下位3人もパフォーマンスをして、それによって ジャッジがセーブする1人を決定、2人が脱落する とのこと。
……ふ~ん、このシステムいいじゃない。
相変わらずジャッジによる救済があるのは気に入らないけど。




ってことで、上位7人(順不同)の発表とパフォーマンス。
今回のテーマは "グラミー賞受賞曲" ですって。

ダルトン"Radioactive" 不可
なんでこんな似合わない曲を選んだんだか理解に苦しむわ。
アンタは奇を衒ったりしなくていいのよ。

リー・ジャン"Use Somebody" 可
迫力不足はどうにもならないわね。
曲に負けちゃってたわ。

なぜか間に デミ・ロヴァート とコンテスタンツのコラボ(と新曲の宣伝)。
男子は ただの賑やかし だったけど。

ソニカ"Since U Been Gone" 良
前回から殻を破りつつあるようね。
この曲を歌うにはまだちょっとお上品すぎるけど。

マッケンジー"I Wanna Dance With Somebody(Who Loves Me)" 良
イメージを変えようとする狙いと選曲はよかったわ。
でもパフォーマンスとしてはイマイチ。

ラポーシャ"Halo" 良
前回には劣るけど、質の高いパフォーマンス。
ただ、ビヨンセと比べられちゃう選曲は得策とは言えないわ。

ここでまたちょっと休憩で、ハリー・コニックJr. の新曲の宣伝。
出だしから何でこんな グダグダ なの?(^д^;)
このあとコンテスタントに「音程が…」とかコメントしても 説得力無し ねw

トレント"When A Man Loves A Woman" 良
感情を込められる曲を選ぶって大切ね。
もうちょっとシンプルに歌った方がワタシは好みだわ。

トリスタン"Go Rest High on That Mountain" 良
素直に歌ってて、初めてトリスタンの心が伝わってきた気がするわ。
ピアノの弾き語りも初だったかしら?

ここからは、ジャッジによる救済(1枠) をかけて、BOTTOM3が歌うわ。

アヴァロン"Earned It(Fifty Shades of Grey)" 可
前回の選曲を失敗だって言ってたけど、今回もだと思うわ。
どんなにシリアスに歌っても、そうは聞こえない声質なんだもの。

オリヴィア"Trouble" 可
歌唱力を示したいのは分かるけど、ちょっと難解な曲を選びすぎだわ。
こういうときメンターのスコット・ボーチェッタは何をしてるのかしら??

ジアンナ"If I Ain't Got You" 不可
背伸びし過ぎの選曲で、説得力もなければ音も外してたわ。
ウザさは抑え気味だったのがせめてもの救い。


そして、救済される1人脱落者2人 の発表。
TOP8入りする最後の1人は…

アヴァロン!

…ってことは、オリヴィア脱落じゃない!ガ━(゚Д゚;)━ ン !!!
ワタシの中では優勝候補の1人だったのに…。
っていうか、そもそもBOTTOM3に入ってるのが納得いかないわ!
インフルエンザにかかってたっていう前回だって、決して出来は悪くなかったはず。
トップバッター だったのが投票に影響したのかしら。
それはそれとして、ジアンナ脱落 は当然って言うより遅すぎね。

次回も 2人脱落 の模様。



にほんブログ村


関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事