ウォーキング・デッド シーズン6 第12話「殺めるべき者」
Not Tomorrow Yet


Not Tomorrow Yet1

【あらすじ&感想】
★町に戻ったリックが仲間に作戦実行の是非を問い、反対はモーガンのみ
ヒルトップと取引をしたこと、いずれアレクサンドリアも狙われるであろうことを説明して、先手必勝 で"救済者"を叩くべきだと主張したわ。
お邪魔虫モーガン が異を唱えたけど、それに賛同する者は無し。
じゃあアンタひとりで乗り込んでって、"対話" でも何でもしてきなさいよw(アンタはシー○ズか)
それはそうと、モーガンが"W"の男をかくまってたこと、キャロルはリックに言ってないのね。
ロジータたちにも 口止め してるみたいだし。
っていうか、モーガンはそうすべきだと思うんなら自分でリックに告白すればいいのに。


★リックらがグレゴリーに似たウォーカーの首を調達し、"救済者"のアジトへ
鼻の形が違うから って、躊躇なくウォーカーの生首をぶん殴るリックに笑ったわw
それでもあんまり似てなかったけど別にいいのねw
アンディから可能な限り情報を得たし、暗くなるのを待ってアジトへ。

★偽の首に騙された監視役を殺害、突入班は建物内へ、サポート班は辺りに待機
夜明けの数時間前、奴らが寝静まって監視役も疲れた頃に行動開始。
偽の首作戦 成功で、隙を突いて監視役2人をぶっ殺して人質のクレイグを回収、いざ建物の中へ。
突入班は、リック、ダリル、ミショーン、グレン、ヒース、エイブラハム、サシャ、ロジータ、アーロン。
サポート班は、キャロル、マギー、タラ、ゲイブリエル、ポール(ジーザス)、アンディ。

★突入班が殺人に葛藤しつつ暗殺を続けるも、敵の1人に隙を突かれ警報が鳴り響く
今まで、襲ってきた人間を仕方なく殺したことはあっても、自分たちから仕掛ける のはやっぱり抵抗があるのね。
でも、奴らが残虐なのは壁の"記念写真"で分かったし、グレンの罪悪感も和らいだんじゃないかしらね。
寝てて無抵抗の相手は サクサク 殺していったんだけど、起きてきた1人にエイブラハムが切りつけられて、警報まで鳴らされちゃって 大ピ~ンチ!Σ (゚Д゚;)

★激しい銃撃戦の末、アジト内の敵集団の殲滅に成功し、ヒースとタラが町へ戻る
敵が何人いたのか分からないけど、リックたちに死者は出なくてホッとしたわ。
っていうか、あの状況で まったく同士討ちが発生しない なんて奇跡ねw
そうそう、建物から逃げ出した敵は、タラとゲイブリエルで射殺してたわ。
…って、ゲイブリエルの覚醒キタ - .∵・(゚∀゚)・∵. - ッ!!
最後のセリフ、「アーメン」 がキマッてたわw
それはそうと、死体の山の中にボスのニーガンの姿は無し。
なぜ分かるかって言うと、
ニーガン役はジェフリー・ディーン・モーガンって発表されてるから。
(↑ネタバレだから知りたい人だけ反転してね)

★残党を捕らえるも、その無線からキャロルとマギーが人質になったことを知る
残党が ダリルのバイク6-6 参照)に乗って逃げようとしてたからとっ捕まえたら、そいつの無線から女の声で 「銃を捨てなさい」
どうやら キャロルとマギーが捕らわれちゃったみたいよ!ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
相手も 女2人組 らしいのに、キャロルったら油断したわね。
リック側も"救済者"の男を1人捕らえたけど、2対1だし、そもそも交換しようにも「そんな奴要らない」って言われそうだわw
さて、リックたちはどう出る??


このところの カップル増加 はなんなのよw
リック&ミショーン、グレン&マギー、アーロン&エリック、カール&イーニッド、タラ&デニース、そして今回の キャロル&トビン
エイブラハム&ロジータは 破局 しちゃったけど、エイブラハム&サシャになるのかしら。
ロジータ&ユージーン……は無さそうねw

ところで、何で今回"The Saviors"の日本語訳が "救世主" になってるのかしら??
前回までは確かに "救済者" だったんだけど。
しっかりしなさいFOX JAPAN!(`Д´)


にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


関連記事


コメント

  1. みかん | -

    毎回楽しくのぞかせてもらってます。
    ニーガン こわいですね。
    原作通りにならないことをいのってます。

    ( 07:53 )

  2. Ricky247 | -

    みかん さん

    読んでくれてありがとー( ´ ▽ ` )ノ

    ワタシは読んだことないけど、原作では怖いことになるのね?
    メンバーの誰にも死んでほしくないけど、誰も彼も死亡フラグを立ててるようで怖いわぁ~(( ;゚Д゚))ブルブル

    ( 23:24 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事