ダウントン・アビー シーズン4 第6話「誕生日の波乱」
Episode #4.6


uktv-downton-abbey-s04-e06-10.jpg

【新規登場人物】
チャールズ・ブレイク:政府の役人 ネイピアの上司


【あらすじ&感想】
★ローズが使用人たちの協力を得てロバートの誕生日パーティーを計画
階上のみんなには内緒で、バンドを呼んでロバートの誕生日を祝おうっていう計画よ。
そのためには使用人たちにバンドのメンバーをかくまってもらわなきゃ。
でも、気の利かない招待客 のせいで、パーティーを計画中ってことはロバートに早々にバレちゃったわw

★アルフレッドが繰り上がりで料理学校に合格、辞職して屋敷を出る
料理学校の受験結果は 次点 だったみたいで、入学辞退者が出たことで繰り上がり合格の通知が来たわ。
みんなでアルフレッドを祝う中、彼が屋敷に残ることを喜んでた デイジー大ショック!ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!
同情を寄せてきたアイビーに「あなたがジミーを選んだからアルフレッドはいなくなるのよ!」って噛みついてたけど、ほぼ八つ当たり よねw
でも、アルフレッドの出発の時は「頑張って。努力家で熱心だから、あなたならきっと成功するわ」って送り出して立派だったわ。
一方、アイビーはキスから先に進もうとするジミーを拒絶して、さらには 体目当て の物言いに愛想が尽きたみたい。
でもその後で「アルフレッドは今思えば紳士だった」とか言い出して、これはさすがにデイジーはキレていいわ!(゚Д゚#)

★ペグの窃盗疑惑を巡りバイオレットとイザベルの舌戦が激化するも平和的に決着
ペーパーナイフに続いて貴重な 根付 もなくなって、遂にバイオレットがペグを解雇したの。
でもその後で、根付はメイドのバケツの中に落ちてたし、ナイフも 名探偵イザベル が見つけ出したわ。
バイオレットはイザベルに それ見たことか と責め立てられたけど、すでにペグに謝罪して彼を雇い直してたから涼しい顔。
クラークソンはバイオレットの勝ちだって言ってたけど、両者痛み分け じゃないかしら。
何にしろ、イザベルが元気になってくれてよかったわね。

★グレッグソンが行方不明となる一方でイーディスの妊娠が判明
グレッグソンは ドイツのミュンヘン に向けて出発したらしいんだけど、以降の消息が途絶えちゃったの。
警察が動いてるみたいだけど、今のところ手掛かりは無し。
そんなところへ来て 妊娠発覚 だなんて、イーディスってほんとに運の悪い子ね。

★ベイツとアンナが関係改善を図る一方、その問題をトーマスが嗅ぎ付ける
ギクシャクしたままの2人は、嫌なことを忘れるために高級店でのディナーへ。
でも、2人が揉めてるのを別件で居合わせたコーラが聞いたもんだから、バクスターを介してトーマスにまで伝わっちゃったわ。
って言っても、何が原因で揉めてるのか まではバレてないけど。
バクスターはトーマスとの取引上こんなスパイじみたことやってるけど、一応 良心の呵責 はあるようね。

★ネイピアとともにブレイクが屋敷に到着、メアリーと険悪な初対面となる
ダウントンに宿泊することになったブレイクとネイピアの目的は、食糧難に備えて、貴族領地の食糧生産量を調査すること。
メアリーはブレイクに領地運営に関してアドバイスをもらえると思ってたのに、違ったみたいね。
はっきり言ってメアリーとブレイクのお互いの第一印象は最悪でしょうけど、のちのち意外と仲良くなっちゃうパターン かしら??

★モールズリーがヒューズらの協力でカーソンに認められて下僕の職に就く
アルフレッドの出発を見たモールズリーが就職の件でカーソンにお伺いを立てに来たんだけど、また 嫌味たっぷり に拒絶されたわ。
で、ヒューズさんに助言をもらって、献身的に働く姿を見せることでどうにかカーソンに認めてもらって 下僕の職GET
だいぶ回り道したけど、まあ良かったわね。

★黒人のロス率いるジャズバンドが登場しロバートらを驚かせるもパーティーは成功
カーソンの動揺っぷりに笑っちゃったわw
イーディスよりバイオレットがロスを受け入れてたのが意外ね。
それはそうと、ローズとロスのキス現場 をメアリーが目撃しちゃったけど、あれはさすがに見過ごせないんじゃないかしら。


メアリー、トム、イザベルの会話に泣けちゃったわ…。・゚・(ノД`)・゚・。
それぞれ、先立っていった伴侶 との幸せな思い出を語って、「素敵。私たちって幸運ね」(イザベル)って言えるなんてほんとに素敵。
3人でジョージとシビーの成長を見守ってほしいわ。
トムは アメリカ移住 なんておやめなさい!


さて、次週は ダウントン関連の特別番組 でドラマはお休みですって。
予告を見る限り、第7話の「ある夜の出来事」は 大きな動き がありそうだから待ちきれないわ!

2016年2月21日(日) 午後11時00分〜11時52分
ダウントン・アビー 知られざる貴族の作法

「ダウントン・アビー」の主要キャストのインタビューとドラマの映像を交えながら、撮影の舞台裏に迫る。案内人はドラマで時代考証を担当しているアラステア・ブルース。ドラマでは英国貴族の作法が忠実に守られている。帽子の扱い方やテーブルマナーまで、その細かさに驚かされる。ドラマのファンはもちろんのこと、英国マナーに興味ある人必見の特別番組。

2016年2月28日(日) 午後11時00分〜11時52分
(7)「ある夜の出来事」



にほんブログ村

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事