【シーズン1最終話】『アクエリアス 刑事サム・ホディアック』第11~13話あらすじ&感想

aquarius-recap-02.jpg

【主な登場人物(新規登場分)】
キャスリーン・マドックス:チャーリーの母 16歳で妊娠
アーサー・カーター:バンチーの弟で用心棒
フアン:麻薬組織の一員 グアポのいとこ 娼婦マリアの身請けを希望
レイチェル:ルシールのストリップバーのダンサー
チャールズ・ハルパート:陸軍少佐
リッチー・テリオ:イタリア系の男
アントニオ・テリオ:リッチーの弟
ロン・ケラハー:LA市警内務調査班


【あらすじ】
アクエリアス 刑事サム・ホディアック シーズン1 第11話「不完全な家族」
Your Mother Should Know

★弟アーサーを殺されたバンチーがサムに捜査を担当するよう求める
★エマがメアリーの出産に備えて民家に盗みに入るも、セディに嵌められて逮捕される
★ブライアンがグアポの麻薬を盗もうとしたフアンを庇い、彼に貸しを作る
★サムがFBIに密告していたBP党員セオを連行、口封じ目的のアーサー殺害を自供させる
★ウォルトと再会したサムが息子の主張を記事にするようサラザールに頼むも拒まれる
★チャーリーが母キャスリーンの過去から現在に至る身勝手さに激昂、ロイらに差し出す

アクエリアス 刑事サム・ホディアック シーズン1 第12話「愛ゆえに」
(Please Let Me Love You And) It Won't Be Wrong

★ジミーの遺体はロイによって霊柩車でどこかへ運ばれたことが判明
★ブライアンがゲイ連続殺害事件を捜査、犯人像はラテン系20代中肉中背男
★シャーメインが突き止めた情報でサムがルイーズを訪ね、本人と確認
★サムがケンと取引し、ウォルトの免責への助力と引き換えに娼婦失踪の件を黙認
★エマを陥れながらシラを切るセディにチャーリーが拳で制裁を加える
★ハルが返り血まみれでケンの家を訪れ、「助けてくれ。またやった」

アクエリアス 刑事サム・ホディアック シーズン1 第13話「過去を捨てて」(シーズン最終話)
Old Ego Is a Too Much Thing

★ハルが殺したジャネットの遺体をチャーリーが隠し、さらなる強請のネタに
★ウォルトがサラザールのもとに軍の不法行為の証拠を持ち込み、MPに逮捕される
★釈放されたエマがメアリーの出産に立ち会うも、生まれた男児は死産
★セディがセント・ポール病院から新生児を誘拐、チャーリーから賛辞を受ける
★ゲイ連続殺害犯としてリッチーが浮上し、サムらが逮捕の過程でテリオ兄弟を死なせる
★サムが犯人死亡の経緯を警察委員長に正直に話し、ブライアンとともに叙勲を受ける
★ケンが自殺に見せかけてハルを殺害しようとするも抵抗を受ける
★シャーメインが葬儀社で件の霊柩車を発見するもロイに捕らえられる


【感想】
あらあら、ずいぶん多方面で クリフハンガー がw

サムとブライアンがゲイ連続殺害犯のテリオ兄弟を死なせちゃったけど、問題にならないどころか、有志勲章(?)まで貰っちゃったわw
有名俳優と判事の妻が被害者だから、表沙汰にしたくない警察上層部と 利害が一致 した結果ね。
でも、叙勲式でサムが内務調査部ロン・ケラハーから「目撃者がいるので、話は明日うかがいます」って声をかけられてたから、この問題はまだ尾を引きそうだわ。

ケンがハルを殺そうとしてたけど、あの発砲の結果は分からず終いね。
ハルが死んだか、ケンが死んだか、どちらも死んでないか。
そもそものケンの計画は、ハルに薬入りの酒を飲ませた上で自殺を装って拳銃で殺す っていうもの。
用意周到に偽の遺書も作ってあったけど、ハルの酒の強さは予想外だったみたい。
ハルの サド趣味 は病的で、1959年(7年前)に娼婦キャロライン・ビーチャーも殺した…と思いきやまだ息があって、仕方なくケンが手を汚す羽目に。
で、今回のジャネットの件でとうとうケンの堪忍袋の緒が切れて、ハル殺害を図ったのね。

チャーリーとメアリーの子は死産だったのね…。
そりゃあ、医者はいない、助産師もいない、おまけに早産っていう条件じゃ無理もないけど。
そして、すぐに 代わりの子 を誘拐してくるセディ…((;゚Д゚)ガクガクブルブル
赤ん坊は "ヴァレンタイン・マイケル・マンソン" って名付けられたわ。
メアリーもセディも実在の人物ってことだけど、このへんの展開も 史実どおり なのかしら…?

ウォルトがMP(軍警察)に逮捕されちゃったわね。
せっかくサムがケンと不本意な取引をしてまで免責を得ようと頑張ってくれてたのに。
ウォルトは新聞記者のサラザールに 軍の機密資料 を見せた(その後MPが没収)らしいから、今後サラザールがどう動くか 注目ね。
一応おさらいしとくと、
★ウォルトの反戦のきっかけは介入禁止のカンボジアで命じられた集中爆撃の極秘任務(第5話)

これまで潜入捜査に情報収集にと八面六臂の活躍を見せてきたシャーメインだけど、今回はさすがに 勇み足 だったようね。
うまく誤魔化して、警官であることを隠し通せればいいけど、バレたら殺されちゃうわ!(こっちでも ヴァンパイア だったら復活できるのに)
早く助けてブライアン!ヽ(`・ω・´)ノ

ところで、ブライアンはやっぱり刑事じゃなくて 巡査 だったわね。
第12話で「I'm Officer Shafe.」って名乗ってたから。
他の制服警官と階級が違うのかは分からないけど。


ってことで、シーズン1では シャロン・テート事件 に行き着かなかったわね。
ま、シリーズを続けるつもりなら仕方ないけど。
でも、この間シャロン・テート役を演じる女優が発表されたから、シーズン2でいよいよこの事件が始まるのは確実。
ちなみに、シャロン・テート役を演じる女優は、
アマンダ・ブルックス(Amanda Brooks)(←知りたい人は反転させてね)
ですって。
ワタシは馴染みがないけど。

さあ、シーズン2はチャーリー関連のストーリーの進展に期待ね!
デヴィッド・ドゥカヴニーは 『X-ファイル』の続編 も好評らしいけど、ちゃんとこっちも注力してくれるのかしら?w


にほんブログ村

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事