ダウントン・アビー シーズン4 第4話「ロンドンの一夜」
Episode #4.4


downton_abbey_season_4_hd_picture-800x450.jpg

【新規登場人物】
ジャック・ロス:黒人歌手 ロータス・クラブのバンドリーダー


【あらすじ&感想】
★トムがエドナから妊娠した場合に責任を取るよう迫られる
あらら、やっぱりトムはエドナに パックリ いかれちゃってたのね。
いくら貴族の中で居心地が悪くて落ち込んでても、簡単にエドナの罠に引っかかっちゃうなんてバカよバカ。

★メアリーがロンドンでトニーと会い、屋敷に帰ってから結婚を申し込まれる
メアリーは相続税の件で税務署員と話し合いをするためにトムとロンドンへ。
ロザムンドのところに泊まることにしたら、そこにトニーも来てビックリ。
実は、メアリーとトニーをくっつけようとした コーラのお節介 なんだけど。
トニーはロンドンのクラブで踊った時もメアリーに積極的で、屋敷まで追っかけて来たと思ったら いきなりプロポーズ!Σ(´д`*)
「君に夢中なんだ。目を閉じると君の姿が浮かぶ。僕の頭の中は君のことでいっぱいだ」
なんて熱烈な愛の言葉なんでしょ!(/ー\)キャッ

★けがれた自分を恥じたアンナがベイツを避けて住まいを屋敷に戻す
平静を装うこともできないアンナが痛々しいわ…(ノД`)
一方のグリーンはというと、何食わぬ顔 して翌朝の食卓についてるなんて!
ベイツとしては、あんなにラブラブだったのに急に妻がよそよそしくなって、さらには別居することになるなんて、困惑 しかないわよね。

★トムに相談を持ちかけられたヒューズがエドナを退職に追い込む
エドナったら 托卵を企んでたのね!(ダジャレよ!)
勝手にエドナの荷物をあさって"性の指南書"を晒すなんて、ヒューズさんもなかなかやるわねw
エドナが あっさり退場 してちょっと肩透かしだけど、あんな小物さっさといなくなってくれて清々したわ。
それにしても、短期間に2度も侍女にいきなり辞められたコーラは災難ねw
次回はまた 新しい侍女 が登場するみたいだけど、トーマスの推薦した人物 となると…(-_-)ムムム

★イーディスがドイツ出発を控えたグレッグソンと残された時間を過ごす
イーディスが朝帰りしてたけど、グレッグソンと 初めて結ばれた ってことなのかしら??
グレッグソンはロバートに認められたし、このカップルだけは幸せそうね。
でも、イーディスがサインしてた 委任状 が、のちにトラブルを招きやしないか心配だわ。
そして、ロザムンドの予言、「あとあと自責の念に駆られるはずよ」 は当たっちゃうのかしら…?

★メアリーがトニーの申し出を断り、"別れ"のキスを交わす
もう1年2年あとだったら、メアリーも前向きに考えられたかもしれないけど、さすがにまだマシューのことは忘れられないわよね。
で、結婚は断りつつ、頼まれたらそこで キスはしちゃうの?w(^д^;)
一方、メイベルさんとやらはトニーが 別の相手にプロポーズ してるなんて思いもしないでしょうねw
それにしても、複雑な気持ちを飲み込んで、メアリーにもトニーにも優しく接するイザベルが立派だったわ(`・ω・´) b
そう言えば、バイオレットとイザベルがいつのまにか親しくなってるのね。
マシューの死が2人を近づけたのなら、せめてもの救いだわ。


ヒューズさんの部屋は よろず相談室 と化してるわねw
で、今回の相談は3件。
トムとカーソンのお悩みはズバッと解決、残るアンナの問題はまだ手こずりそうだわ。
あとは、ローズがまた別の男と出会ったわね。
今度は 黒人の歌手 だなんて、また周りが大騒ぎしそうだわw


にほんブログ村

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事