【新シーズン】ダウントン・アビー4-1「動き出す時間」メアリーを立ち直らせたのは…
Episode #4.1


downton-abbey-season-4-michelle-dockery.jpg

とうとう始まったわシーズン4!
http://www9.nhk.or.jp/kaigai/downton4/

ワタシはスターチャンネルで無料放送してた第1話を録画してあったから、NHKの放送前に見ちゃったんだけどw


今回は 1922年
自動車事故でマシューを亡くしてから半年が過ぎても、メアリーは立ち直れないまま。
マシューの忘れ形見ジョージの世話も乳母にまかせっきりで、ただただ悲しみに暮れているわ。


【あらすじ】
★スーザンに引き抜かれたオブライエンが置き手紙で屋敷から姿を消す
スーザンっていうのは、フリントシャー公爵夫人でローズの母親(ロバートのいとこ、バイオレットの姪)のこと。
公爵夫妻がインドに赴任することになってたから、オブライエンはそれに同行したってことね。
シーズン3からそんな動きを見せてたけど、コーラに対して恩も 負い目(石鹸事件) もあったのに、置き手紙ひとつで出て行くなんて とんだ恩知らずだわ!ヽ(`Д´)ノ
それにしても、甥のアルフレッドにも黙って出て行ったのはちょっと不自然ね。

★マシューの従者の職を失ったモールズリーが再就職先を探すも難航
ダウントンアビーに残るのもダメ、クローリーハウスに戻るのもダメ、バイオレット婆さまがお膳立てしてくれた先もダメで、モールズリー涙目ねw
婆さまの執事スプラットとのコントが面白かったから、いっそのことコンビ組んじゃいなさいよw

★コーラが新しい侍女として雇ったのは、元メイドのエドナ
エドナがトムに言い寄ったせいで解雇されたこと、コーラは知らなかったのね。
ヒューズさんが 「何だか時限爆弾を抱える気分よ」 って言ってたけど、その爆弾、間違いなくそう経たないうちに爆発すると思うわw
そもそも、責任を感じたか何だか知らないけど、ローズが手近なところで募集なんかしなかったらよかったのよ!(#^ω^)ピキピキ

★イザベルが救貧院からグリッグを引き取ることを決め、生きる気力を取り戻す
グリッグっていうのは、カーソンの芸人時代の相棒 で、今は救貧院で貧しい暮らしをしてる男。
グリッグから手紙で援助を求められたカーソンはそれをポイッと捨てちゃうんだけど、ヒューズさんがそれを拾って おせっかいスタート
実際にグリッグに会ってその窮状をカーソンに伝えても無駄だったもんだから、今度はイザベルに助けを求めたの。
そのイザベルも一人息子の死が相当こたえてて、始めは難色を示してたんだけど、ヒューズさんに 人助けの心 を思い出させられて決断したわ。
誰かを救うことで自分が救われること ってあるわよね。
さすがヒューズさんだわ!(`・ω・´) b

★グレッグソンが離婚のためにドイツ国籍を取得へ
グレッグソンには精神を病んだ妻リジーがいるんだけど、英国の法律では離婚できないらしいの。
で、見つけた抜け道が、離婚が可能な他の国への国籍変更
第1次世界大戦では敵国だったドイツの人間になってでも結婚したいだなんて、イーディスったら愛されてるのね(*´ー`*)
でも、一緒にドイツに行く決断 をできるかしら…?

★コーラが孫2人に暴言を吐いた乳母ウエストを解雇
トーマスからウエストの怠慢を聞いた矢先、彼女がジョージとシビーに暴言を吐いてる現場に出くわしたの。
「可愛い可愛いお坊ちゃま、間違っても運転手の娘になんかたぶらかされちゃダメですよ~」
「ほ~らお前はさっさと寝な。身分の卑しいけがれた子」

トーマスとしては気に入らない相手についてテキトーなこと言っただけなのに、コーラから感謝までされるなんて、まったく運の良い男だわw
それとも、嘘つき同士何か感じるもの があったのかしら…?

★立ち直ったメアリーがマシューの遺志を継いで領地の改革に乗り出す
マシューの死からすっかり イケズのメアリー に戻っちゃってたけど、トム、カーソン、バイオレットが骨を折ってくれたおかげで、ようやく一歩踏み出せたようね。
カーソンに謝罪して嗚咽を漏らすシーンでは、ワタシも思わずもらい泣きしちゃったわ。・゚・(つД`)・゚・。
一方、相変わらずロバートは ボンクラ親父 ね!(*`д´)
とにかくメアリーを箱にしまっておこうとしてたけど、はたして 傷付いた娘を思いやる気持ちだけ だったのかしら??


恋の一方通行 をまとめておくと、
デイジー⇒アルフレッド⇒アイビー⇒ジミー
って感じで、ジミーは アルフレッドへの当てつけ でアイビーにちょっかいを出してるだけみたいね。
でも、今回アイビーを酔い潰しちゃって、何か気持ちに変化が起こるのかしら??
そしたら 4人の関係 も…?

さよならマシュー…

にほんブログ村

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事