ベター・コール・ソウル1-7「ビンゴ」
Bingo


better call saul bingo

【あらすじ】
メモ帳を盗んだとしてアッバシ刑事から呼び出されたマイク。
いきり立つ刑事に素直にメモ帳を渡すが、反論はジミーに任せ、あくまでも"駐車場で拾った落し物"として押し通す。
アッバシが「義理の娘なら何か話してくれるかな」と捨て台詞で去ると、ジミーも先に帰し、ベテランのサンダース刑事にはステイシーの考えに委ねることを話す。


いつものようにチャックの家を訪ねたジミーは、"電磁波アレルギー"を克服しようと屋外に身を晒し、社会復帰を志す兄の姿に心を打たれる。
「置く場所がなくて」と高齢者案件の資料を置いてそこを出ると、チャックがそれを手に取るのを窓の外から確認し、後押し作戦大成功。

高齢者法業務が順調なジミーは、事務所を移転するべく、キムを誘って内覧にやってくる。
今とは正反対の広く明るいオフィスを案内し、その中でも最高の部屋に来たところで、「ここはパートナーの部屋だ」と彼女に共同経営者の座を打診。
が、「気持ちはうれしいわ。でもあと2年でHHMのパートナーになれそうなの」と断られ、そっとため息をつく。

公金横領の罪に問われたクレイグの代理人を務めるキム。
検察との交渉の結果、裁判になれば最長30年の懲役となるところ16か月で済むという"最善の取引"を取りつけ、ケトルマン夫妻に提示。
が、往生際の悪いベッツィに横領金の存在を否定され、説得も虚しく代理人を降ろされる。
となると、お鉢が回ってくるのはジミー。
夫妻の手のひら返しに呆れて依頼を断り、トイレに立ってキムに電話すると、「HHMに戻るよう説得して」と頼まれる。
キムの要望どおり夫妻の説得を試みるも、3万ドルの"報酬"を受け取ったことを盾にされては引き受けるほかない。

顧客を失って昇進が遠のいたキムに、さしものジミーも元気づける言葉が見つからない。捨て鉢なキムから裁判になっても勝つ見込みがないことを聞かされると、事務所に戻ってケトルマン案件の資料や法律書とにらめっこ。
それでも打開策は見当たらず天井を仰ぐと、そこに"報酬"の残りの札束を隠してあることを思い出し、一計を案じる。

夜更け、ケトルマン邸の裏庭に忍び込んだマイクは、蛍光塗料を吹き付けた札束を子供のラジコンにセットすると、物陰から一家の様子を観察開始。
しばらくすると、ゴミ捨てに出てきたクレイグが札束を発見、ベッツィが子供たちのいたずらを叱った後、札束を持って2階へ上がるのを確認する。
一家が寝静まると、慣れた手つきで2階から家に侵入し、ブラックライト片手にベッツィの痕跡を辿っていく。
そして洗面台の下に隠されていた札束の山を発見し、ジミーのもとへ。
ジミーがすでに使った分だけ現金を補填すると、横領金全額を検察へ送り届け、これで借りはチャラ。

ケトルマン家を訪れたジミーは、金の隠し場所をピタリと言い当て、夫妻を確認に走らせる。
金は既に検察の手にあることを告げると、キムに謝罪して代理人に戻ってもらったうえで、検察との取引に応じるよう勧告。
それでも賄賂の件をバラすと脅してくるベッツィに対し、そうすれば自分の関与も認めることになって夫婦そろって刑務所行き、ということを分からせる。
結局クレイグが一人で罪を背負うことになり、キムに引き渡して一件落着。
キムから感謝されるも、これで彼女と2人で事務所を開く夢は潰えたということ。


【感想】
見晴らし最高のオフィスで、ひとり打ちひしがれる ジミーの恋心 が切ないわ…。・゚・(つД`)・゚・。
キムを助けることが、自分の願いを妨げることになっちゃうんだもの。
キムに来てもらえないんだったら、きっとあの新オフィスに引っ越すことはないんでしょうね。
キムの件でもチャックの件でも、ジミーってやっぱり イイ奴 だわ。

マイクの大活躍に、マイク大好きっ子 のワタシ大歓喜!(ノ゚∀゚)ノ
貸し借り無しだなんて言わず、これからもいろいろお願いよ~!
それにしても、家宅侵入の手口 があざやか過ぎて笑ったわw
あれは警官時代の経験によるのかしら?
それとも、退職後に身に付けたスキルなのかしら??

これでやっと ベッツィ退場 よね? ね?
強欲、自己中、厚顔無恥 、と三拍子そろってて、とにかくウザかったわぁw
それとも、それだけの演技力を褒めるべきかしらw
演じるJulie Ann Emeryっていう女優は、『ER』とか他のドラマで見てるはずなんだけど、「言われてみれば…」くらいの印象しかないのよねえ。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事