ベター・コール・ソウル1-6「警官」
Five-O


Better-call-saul-episode-107-picture-page-episode-header.jpg

【あらすじ】
アルバカーキの駅に降り立ったマイク。
迎えに来てくれた義理の娘ステイシーに礼を言い、その左肩にまだ新しい弾傷があることなどおくびにも出さない。
ステイシーの家に着くと、彼女や孫娘ケイリーのそばにいるためアルバカーキに根を下ろすことを告げるが、警官だった亡き息子マティの件で疑問をぶつけられる。
それは、亡くなる3~4日前の深夜、マティがひどく取り乱していた電話の相手が誰かということ。
自分ではないと否定するも、ステイシーに信じてもらえた様子はなし。
いつでも助けになることを言い置いてその場を後にすると、獣医師に500ドルで傷を縫合してもらう。



刑事たちの求めに応じて警察署にやってきたマイクだったが、質問には答えず、「弁護士を」とジミーの名刺を差し出す。
要望どおりコーヒー持参で現れたジミーは、マイクから話が終わった後で刑事の上着にコーヒーをかけるよう頼まれるも、メモ帳を盗む片棒を担がされるのを拒否。
が、ケトルマン一家失踪事件での助言を引き合いに出されると弱い。

マイクの聴取が始まると、状況の分からないジミーはまず刑事たちに説明を要求。
それによれば、
・サンダースとアッバシはマイクが30年勤めたフィラデルフィア市警の刑事
・9か月前、マティが発砲の通報を受けて現場に向かうも、待ち伏せに遭って殉職
・マティ殉職の現場には相棒ホフマンと巡査部長フェンスキーもいたが犯人逃亡
・手掛かりがないまま時が過ぎ、3か月前、何者かがホフマンとフェンスキーを殺害
・警察はホフマンらが不正に関わったせいでマティも殺されたと推測
とのこと。
ホフマンらとの関わりを問われたマイクは、バー"マクルーアズ"で彼らと会ったこと、アルバカーキに来たのは彼らの死の翌日であることを話し、聴取終了。
そして取調室を出ようという段でジミーが刑事にコーヒーをかけ、拭いてやるフリをしてメモ帳を掠め取ることに成功する。
首尾よく事は運んだが、刑事たちがマイクを疑っていることはジミーの目にも明らか。

ステイシーがフィラデルフィア市警に連絡したことを知ったマイクは、彼女の家へ。
怒りを抑えつつステイシーを問い詰めると、マティが隠し持っていた6,000ドルの現金を見つけ、それを刑事に話したとのこと。
逆に深夜の電話の件を蒸し返されると、「あれは親子の会話だ」と認める一方、「俺の息子は不正などしてない!」と声を荒げて家を飛び出す。

マクルーアズにやって来たマイクは、駐車中のパトカーを漁り、確信を得る。
店内でホフマンとフェンスキーを見つけると、彼らのもとへ近寄り、笑顔を浮かべて一言。
「やっぱりお前らだったか」
別の晩、マクルーアズを千鳥足で後にすると、ホフマンらのパトカーが近づいてくる。
「送ってくよ」と半ば無理矢理に乗せられた上、銃を取り上げられると、「俺たちに打ち明けたいことでも?」の問いに呂律の回らない様子で答える。
「殺しただろ。マティが何かするかもと恐れたんだ。ジャンキーに撃たれたように偽装した。俺は分かってる。証明してみせる」
その後、人気のない場所で車から降ろされると、息子の死に絶望した父親の自殺を偽装しようと密談する2人に、隠し持っていた銃を向ける。
先手を打ってフェンスキーが引き金を引くも、取り上げた銃に弾はなし。
ホフマンを仕留めた一方、フェンスキーには別の銃で反撃されて肩に被弾するも、最後は命乞いをする息子の仇に復讐を果たす。


ステイシーの家に戻ったマイクは、自らが重ねた過ちを告白し始める。
証拠品として保管すべきドラッグマネーを、警官が皆で示し合わせてくすねることがあり、自分はそれに流されたこと。
ホフマンから不正に誘われ苦しんだマティが「不正を報告したい」と相談してきたこと。
それに対し、「お前がわきまえれば誰も傷つかない。だが密告すると疑われたら危険だ。妻も子供もいて責任がある。金を受け取って有効に使え」と忠告したこと。
それでも折れない頑固な息子に、深夜の電話で「俺もホフマンと同じように不正をしてる」と明かし、激しく傷つけたこと。
結局マティは自分の心に反して金を受け取ったものの、ホフマンらには信用されず、命まで落としたことを。
すべて吐き出した後、ステイシーの「誰が2人を殺したの?」との問いには、「分かってるだろ? 問題は受け入れられるかだ」と返す。


【感想】
マイクがこんなにもつらい過去を背負ってたなんて…。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
もちろん後から考えた設定なんでしょうけど、ここまでキャラクターの背景に説得力を持たせる脚本の力はさすがだわ!
そしてマイクを演じるジョナサン・バンクスの、演技!
心を掴んで離さない演技 ってこういうのを言うのね。
マイクと一緒に本気で怒って本気で泣いちゃったわよ!

今回はほぼマイクの話で、ジミーの出番は少なかったわね。
そのせいか、シリアスすぎてちょっと息が詰まっちゃったわ。
次回はもう少し ジミー成分 を増やしてくれないと…。

ステイシーは マイクの義理の娘 だったのね!
ワタシてっきり実の娘かと思ってたわw (ゝω・)テヘペロ
マイクとステイシーの関係改善は、ステイシーがマイクのしたことを受け入れられるかどうか にかかってるのね…。


にほんブログ村

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事