リベンジ4-23「墓穴」
Two Graves


revenge1.jpg

「終われ~、早く終われ~(-人-;)」 って念じながら見てたリベンジもようやく最終回を迎えたわ。
(じゃあ見なきゃいいじゃんって話なんだけどw)
その結末をざっくり説明すると…


・アマンダがヴィクトリア殺害を認めて収監されたのちノーランの助けで脱獄
・ヴィクトリアが死の偽装に利用したのは実の母親の遺体
・ジャックがヴィクトリアの依頼した殺し屋に刺されるも一命を取りとめる
・ルイーズからの情報でアマンダがヴィクトリアを追い詰める
・アマンダに代わりデヴィッドがヴィクトリアを撃つも、瀕死の彼女がアマンダを撃つ
・ノーランがマルゴーを改心させ、その協力で殺し屋を捕らえる
・特赦が認められたデヴィッドが悪性リンパ腫で穏やかな死を迎える
・傷の癒えたアマンダとジャックが結婚、新しい人生に向けて船を出す


って感じで、一応 ハッピーエンド と言っていいかしら。
結局ジャックと結ばれる っていうのは予定調和的だけど、これ以外にはないわよねw
考えてみれば、エイダン、ダニエル、ベンと、アマンダの歴代の恋人は全員死んでるのね…(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

最後、アマンダが ヴィクトリアからの心臓移植で助かったっていう夢 を見て、現実じゃないか怯えてたわね。
だけど、アマンダ役エミリー・ヴァンキャンプによれば、ただの悪夢 みたい。
もし現実だとしたら、アマンダとヴィクトリア両方に対するシャーロットの復讐 ってことかしら??


ってことで、全4シーズン89話完走!ヽ(´ー`)ノ .:*:・'゚☆。.:*:・'゚★。.:*
完走した感想(ダジャレか)としては、引き延ばしに次ぐ引き延ばし で、とにかく長く感じたわ… (;´ρ`) グッタリ
1シーズンが22話くらいあると、どうしたって冗長になるってものよね。
で、そのへんを考えて短くしようとしたのが、製作総指揮のマイク・ケリー。
その旨を制作スタジオ側に申し入れたんだけど、それが認められなかったみたいで、結局シーズン2で降板 しちゃったわ。
最後まで"created by MIKE KELLY"ってクレジットは残ってたけど。

マイク・ケリーが去った後のシーズン3、4は、とにかく 脚本の迷走っぷり が酷かったわ。
展開は強引かつ行き当たりばったり だし、登場人物の性格は脚本の都合でコロッコロ変わり過ぎ
シーズン1、2が面白かっただけに、すごく残念だわ。

中でも酷かったのは、シーズン3の最後で、実はアマンダの父デヴィッドが生きてた って展開。
・・・(゚Д゚)ハァ?
デヴィッドが無実の罪で終身刑を食らって獄中で殺されたから、ってことでアマンダが父親を嵌めた連中に復讐を始めたのに、それを根底から覆してどうすんのよw
しかも、デヴィッドが 娘のことを顧みないクズ親父 なもんだから、視聴者( ゚д゚)ポカーン
ビジュアル的にも、回想シーンに出てくる姿から歳とってないから違和感ありまくりだし。

ま、シーズン1、2でも、アマンダがコンラッドとヴィクトリアのグレイソン夫妻を放っておいて、周りの雑魚ばっかり相手にしてることにイライラしてたけど。
さっさと本丸に斬り込みなさいよ! っていう。
コンラッドが死んだのはシーズン3のラスト、ヴィクトリアが死んだのはシーズン4のラストなんだから、エラく気の長い復讐よねえw

本国でシーズン4が放送中(っていうかシーズン最終話放送の直前)に打ち切りが発表されたんだけど、一応は 最終回として作られた最終回 と考えていいのかしら?
ノーランが新たに別の復讐にクビを突っ込みそう、っていう点を除けば、ほぼクリフハンガーはないわよね。
そのへんの事情があってか、ノーラン役のガブリエル・マンは、シリーズ継続 を望んでたらしいわ。

エミリーを装ってたアマンダ役のエミリー・ヴァンキャンプ (ややこしい)は、ダニエル役のジョシュ・ボウマンと仲良くやってるみたいね。
かつては、『エバーウッド』で兄役だったクリス・プラットと付き合ってたし、エミリーは 共演者とくっついちゃうタイプ なのかしらw
そういえば、『エバーウッド』で父親役だったトム・アマンデスが、最終回でアマンダの弁護人役として出てて、不思議かつ懐かしかったわ。

完走記念にポチッとしてってくれるとうれしいわ!(・ω・)ノシ
   ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事