【新ドラマ】不老不死の監察医『FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿』

1Wqpi7QbT5.jpg

先行放送(字幕版):9月21日(月・祝)昼 0:30pm
※【AXN 海外ドラマ祭】で無料放送
吹替版:9月25日(金)10:00pmスタート
字幕版:9月30日(水)11:00pmスタート



【イントロダクション】
NYの殺人事件は、天才監察医ヘンリー・モーガンにお任せ!
“死”に関する卓越した知識がNY市警の目に留まり、刑事ジョーとタッグを組んで、殺人事件の捜査に協力するヘンリー。遺体が出ると連絡を受け、クラシックなスーツに身を包み、颯爽と事件現場に登場。一見しただけで死因のみならず、被害者の職業や性格を言い当て、周囲が驚く鋭い推理で事件解決を強力に後押しする。

卓越した洞察力と豊富な知識は、どこからくるのか?実はヘンリーには、200年前から一切歳を取らず、何度死んでも生き返るというトンデモナイ秘密が…!以来、“死”に取りつかれ、研究を重ねてきたのだ。不老不死ゆえの苦悩や、彼の秘密を知る唯一の友人エイブとの驚くべき関係など、物語が進むにつれ明かされるヘンリーの“200年分”の壮大な人生ドラマは、必見!

不老不死の天才監察医が、類まれな洞察力と推理力でNYの難事件に挑む!映画「シャーロック・ホームズ」のクリエイターが贈る一話完結の本格ミステリードラマ!

【ストーリー】
ヘンリー・モーガン(ヨアン・グリフィズ)には、誰にも言えない秘密があった。
約200年前の“最初の死”を境に、不老不死の身になってしまったのだ!
一切歳を取らず、死ぬたびに近くの川の中から素っ裸で甦る…という不思議な人生を終わらせたいヘンリーは、多様な遺体が集まるニューヨーク市監察医局に就職。秘密が暴かれぬよう、目立たぬように気をつけながら、監察医として日夜、死の研究を続けていた。

ところがある日、NYの地下鉄で起きた衝突事故に巻き込まれたことを機に、ヘンリーの人生は大きく変わり始める。
事故現場に居ながらも無傷で生還したヘンリーは、NY市警のジョー・マルティネス刑事(アラナ・デ・ラ・カーザ)から容疑者として目を付けられてしまうのだ!
疑いを晴らすため、自らの身体を使った実験も厭わない覚悟で、事件の捜査を手伝うヘンリー。ところが今度は、その死に関する卓越した知識と、豊富な人生経験に基づく類まれな洞察力が、NY市警から重宝されることに?!

そんな中、ヘンリーが不死身であることを確認した、と語る謎の男が現れる。ヘンリーの秘密を唯一知る存在で、アンティーク店の共同経営者であるエイブ(ジャド・ハーシュ)は、決定的な確証を得るまで普段の生活を続けるようアドバイスするが…。

かくして、大きな秘密を抱えながら、NY市警の捜査に協力することになったヘンリー。
これからどんな難事件に挑むのか。そして、彼が背負う数奇な運命の行方は!?

http://axn.co.jp/programs/forever

これ、シーズン1(全22話)で打ち切り になっちゃってるのね。
だけど、監察医の主人公が不老不死 っていう設定になんだか心惹かれるわ。
こういう 一捻りあるミステリー って結構好きよ。

主人公のヘンリー・モーガンを演じるのは、ヨアン・グリフィズ。
映画『ファンタスティック・フォー』シリーズのリード・リチャーズ役 で有名よね。
『glee』や『キャッスル』でゲスト出演があるみたいけど、ワタシまったく覚えてないわw
脇を固めるキャストも、海外ドラマで一度は見た顔 が揃ってるわね。

それにしても、AXNの放送スケジュールって、吹替え版と字幕版の間をかなり空ける から嫌だわ。
吹替え版が金曜22時なのに、字幕版が翌週の水曜23時ってどういうことよ!
スパドラみたいに同日放送するか、遅くとも翌日には放送しなさい!
過去には、『ホワイトカラー』のときみたいに、吹替え版をシーズン最後まで放送してから字幕版 とか最悪のこともやるし。

ところで、AXNは、
AXN 海外ドラマ祭【無料放送】
9月21日(月・祝)7:55amスタート
9月21日、【AXN 海外ドラマ祭】として無料放送を実施!
シルバーウィーク特別企画!秋の休日は、朝から晩まで海外ドラマ三昧!12時間無料放送!

だそうで、第67回エミー賞授賞式のあとに、『FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿』と他にも新作ドラマ2本の第1話を放送するんですって。
他の新作ドラマ2本っていうのは、『STALKER : ストーカー犯罪特捜班』と『BELIEVE / ビリーブ』なんだけど、ワタシはどっちもスルー だわ。
ちなみに、3本ともシーズン1で打ち切り っていうw

*・゜゜・*:.。. .。.:*
 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
 にほんブログ村
*・゜゜・*:.。. .。.:*

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事