【ネタバレ】『ウェイワード・パインズ 出口のない街』シーズン1後半まとめ&感想

wps01e10j.jpg

前半の最後で、ウェイワード・パインズの秘密 が明かされたわね。
だけど、ここからどういう結末に繋げるのかが重要よ。


【登場人物】
イーサン・バーク:元シークレットサービス捜査官 保安官に就任
テレサ・バーク:イーサンの妻 元SS捜査官 W・P不動産勤務
ベン・バーク:イーサンの息子 W・P校生 "第1世代"

アダム・ハスラー:イーサンのSS時代の上司

デイビッド・ピルチャー:科学者 計画の首謀者 町では精神科医ジェンキンスを自称
パム・ピルチャー:看護師 デイビッドの妹
メーガン・フィッシャー:W・P校の教師 町長の妻 前職催眠療法士
レジー:監視担当スタッフ

ケイト・バリンジャー:反乱グループ 元SS捜査官 過去にイーサンと不倫関係
ハロルド・バリンジャー:反乱G ケイトの夫 玩具店経営
フランクリン・ドブス:反乱G 時計店経営 前職爆発物技術者
テッド:反乱G 配達員
アラン:反乱G

エイミー:W・P校生 "第1世代" ベンと両想い
ジェイソン:W・P校生 "第1世代"


【ピルチャーによる説明(第6話より)】
・1990年代後半、自然環境の変化に伴い、人類のDNAに変異が生じる
・それを受け、ピルチャーが人体の冷凍保存技術を確立(ただし違法なため秘密)
・ピルチャーが警備員だったポープを勧誘、選んだ基準は「ツキのない人」
・ポープが拉致した内科医のチャールズ・キーンが冷凍第1号(1999年3月26日)
・ピルチャー、パム、メーガンらは2014年から2000年間冷凍
・4000年代、世界は人類が滅亡し、自然が再生した状態
・ピルチャーが目覚めてから2年で町の建設完了
・町と外界を隔てる壁の中には、町を管理するための巨大な施設
・町の運営に必要な物資は施設内で供給(食料は別の場所で生産)
・施設内で働くのは、200人超のボランティア(メーガンによる洗脳)
・施設内には、人が入った無数の冷凍保存装置(-180℃)
・ピルチャーが真相を話したAグループは現実を受け入れられず自滅
・Aグループの失敗を踏まえ、現在の住民(Bグループ)には真相を伏せる


【あらすじ】
1-6「選ばれた者たち」Choices
★ケイト、ハロルド、テッドら反乱グループが秘密裏に柵の破壊と町からの脱出を計画
★イーサンがデイビッドに管理施設を案内され、詳しい説明を受ける
★"出口"だという"33区画"についてテレサが調べ始める
★イーサンがピルチャーから反乱グループの制圧を請け負う

1-7「反逆のはじまり」Betrayal
★メーガンがベンやエイミーらの第1世代に生殖を奨励
★テレサが33区画で地中に金属設備があることを発見
★イーサンがテレサとケイトに真相を明かすも洗脳を疑われる
★イーサンが柵を爆破しようとしたケイトとフランクリンら反乱Gを逮捕
★ハロルドら反乱Gの別働隊の爆弾でベンとエイミーが負傷

1-8「暴走する天才」The Friendliest Place on Earth
★爆発に巻き込まれたベンとエイミーが一命を取りとめ、回復する
★レジーが同情から監視を緩めた事実をパムが把握するも、ピルチャーには報告せず
★パムの進言を聞かず、ピルチャーがスタッフの前でレジーを処分
★ハロルドがイーサンに逮捕されるも、すでに"手遅れ"であることを示唆
★アランがトラックを奪って柵を突破するも、外界でアビーに襲われ死亡

1-9「裏切り者には制裁を」A Reckoning
★町に侵入してきたアビーをイーサンが始末し、柵の穴は塞がれる
★イーサンがハロルドから反乱G14名の名前を聞き出すも、全員行方不明
★暴走したジェイソンがハロルドら反乱Gを射殺し、イーサンに射たれる
★テレサが33区画の地下室でアダムが外界から送った映像を発見、住民に見せる
★外界のアダムは、別働隊の存在と、意思疎通ができるアビーの存在を示唆
★イーサンが住民を集め、ピルチャーの思惑と町の外の現実を明かす
★住民の制御不能を悟ったピルチャーが町と電流柵の電源を落とす

1-10「救世主」Cycle(最終回)
★柵を越え町に流入したアビーが住民を捕食し始め、ケイトらが銃器で応戦
★イーサンが住民を避難させつつ、病院のテレサ、ベン、エイミーを助け出す
★パムがピルチャーに電源復旧を迫るも、警備員に連行され装置に入れられる
★地下室へ避難した住民がトンネルを抜け、エレベーターで管理施設を目指す
★ジェイソンら"第1世代"が、食料と武器が備蓄された"箱舟"に集結
★追って来たアビーを食い止めるため、イーサンがベンに後を託しシャフト内で自爆
★有志のスタッフによって目覚めたパムがピルチャーを射殺、電源が復旧
★シャフトを覗いたベンが破片にあたって昏睡、のちに装置に入れられる
★3年4か月後、目覚めたベンが見たのは、大人が排除され"第1世代"に牛耳られた町


【感想】
結局、"第1世代"が死んだピルチャーに取って代わって、町はイーサンが目覚めた頃の 元の状態に戻った ってこと??
ピルチャーは 英雄視 されて、イーサンは 無駄死に ??
……何この クソみたいな結末…( ゚д゚)ポカーン
まだ第5話で打ち切りになるか、夢オチ のほうが良かったわ。
だいたいシャマランって、見る側の裏をかくこと にばっかりこだわり過ぎなのよ。
それで、肝心の内容がおろそかになるって、本末転倒もいいところだわ。

ただピルチャーを妄信してるだけの"第1世代" が町を乗っ取れるワケないわ。
仮に乗っ取れたとしても、その後の町の管理を数十人程度で続けるなんて無理。
排除(装置行き)したっていう大人の中には、自分たちの親だって含まれてるはずだし、人間的な感情もまるで無視ね。

第5話で種明かしされて以降は、設定の粗 がボロボロ露見してきて、はっきり言って どこから指摘していいか分からないレベル だわ。
オリジナル部分がどれくらい含まれてるのか分からないけど、基本的な設定は原作に則ってるんでしょうから、おそらく 原作がユルユル なのね。
文字媒体だったら許せても、映像化しちゃったらダメ なのよ。
とにかく、設定も、人物描写も、結末を含めた脚本も、すべてがgdgd だったわ。


結論。
最後まで見て損したわ!
貴重なワタシの時間を返してよ!(#゚Д゚)
ま、10話分だから『LOST』なんかと比べたら はるかに良心的 だけどw
間違ってもシーズン2なんて製作されないでしょうけど、もしあってもワタシは No thank you よ!
っていうか、二度とM・ナイト・シャマランの映画もドラマも見ないわ!(`Д´)

(あんまり腹立つから、あとでまた疑問点やら矛盾点やら書くかもしれないわ)

*・゜゜・*:.。. .。.:*
 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
 にほんブログ村
*・゜゜・*:.。. .。.:*

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事