【ラスト4話】ブレイキング・バッド5-13「決別の荒野」
To'hajiilee


news_photo_43072_1378756267_630.jpg

【あらすじ】
ふたたびmethを作り始めたトッド。
純度は76%まで上がったものの、あの青色が出ない。
リディアに「ヨーロッパではブルーだから高額で売れる」とダメ出しを受け、改善を約束する。
リディアを見送った後、ウォルターからの電話。
「お前の叔父にまた仕事を頼む」と依頼を受け、その標的がジェシーと聞いても、特段驚くことはない。


ハンクの作戦を台無しにしたジェシーだったが、彼とゴメスにウォルター逮捕のための別の作戦を説明し始める。
それは、ウォルターが絶対に処分することのない証拠、すなわち稼いだカネを利用するもの。
その在り処は分からないが、知っていそうな人物としてヒューエルの名前を挙げる。

ヒューエルをDEAの隠れ家に連行したハンク。
ウォルターに命を狙われていること、ソウルにも裏切られたことなど嘘を並べ、とどめに「こうなるのも時間の問題だ」とジェシーの"遺体写真"を見せる。
ただし、実際は動物の脳みそを使ったフェイク。
怯えたヒューエルから、レンタカーで樽7つ分の札束を運び、車ごとウォルターに渡したこと、その車は荒野を走ったように汚れ、シャベルを積んでいたことを聞き出す。

ウォルターはトッドやジャックたちと打ち合わせの場を設ける。
「ジェシーは家族同然だ。だから素早く頼む。痛みもなく」と殺害方法に注文を付けると、報酬の話へ。
が、ジャックからカネの代わりにトッドにmeth作りを指導するよう要求され、渋々ながらも、仕事完了後に1回きりの約束でそれを呑む。
一方で、ジェシーの居場所は分からないが、おびき出すことをジャックに約束。
その足でアンドレアの家を訪ねると、ケンカしてからジェシーと連絡が取れず、彼がまたドラッグを始めたと話し、電話を入れてもらう。

アンドレアの「ウォルターがうちに来てるの。あなたを心配してる」というメッセージを聞いたのは、ジェシーではなく、携帯電話を管理しているハンク。
そうはさせじと、ウォルターが借りたレンタカー店に足を運ぶも、全車GPSは付いていないとのことで、捜査は手詰まりに。
が、車の汚れとシャベルの件を思い出し、ウォルターが荒野にカネを埋めたと睨む。

洗車場にソウルが現われ、ウォルターはジェシーを見張っていたヒューエルが消えたことを知らされる。
狙われるなら自分だと考えていたところへ、携帯が鳴る。
送られてきたのは、地中に埋められた樽の蓋が開けられ、中の札束が露わになった写真。
次いで電話をかけてきたジェシーから、レンタカーのGPSでカネの隠し場所に行き着いたことを告げられ、早く来なければカネに火をつけると脅される。
青くなって車を飛ばしつつ、ガンの再発や家族を持ち出して同情を引いたり、ブロックの件を謝罪したり、恫喝したりしてみるも、反応はけんもほろろ。
そうこうしているうちにその場所に着き、ジェシーの姿を探すが、あたりに人影はなし。
ようやくそこで罠に気付くも、時すでに遅し。
土煙を見て慌てて身を隠し、携帯でジャックに先住民保留地のトハージリーにいることと、詳しい座標を伝え、救援を要請。
直後、携帯のGPSで追って来たであろう車が止まり、銃を手にするも、降りてきたのはジェシー、そしてハンクとゴメス。
すべてが終わったことを悟り、ジャックに「忘れてくれ。絶対に来るな」と救援要請を撤回。
ハンクの投降の呼びかけに応えて身を晒すと、遂に彼の手で手錠をかけられ、「裏庭のグリルのそばで撮ったんだ」と例の写真の種明かしをされる。
無言・無抵抗を通すが、ハンクの後ろで勝ち誇ったような笑みを浮かべるジェシーには一言、「腰抜けめ」。
近づいてきたジェシーに唾を吐きかけられ、お返しにタックルをお見舞いすると、ハンクとゴメスに引き離され、それぞれ車に押し込められる。

一息ついたハンクは、興奮を抑えつつ電話口のマリーにウォルター逮捕を報告し、「愛してる」の言葉で電話を切る。
そこへ、保留地の警察のものと思しき2台の車が近づいてくる。
が、車から降りた男たちが銃を向けてきたため、ゴメスとともに応戦の構えを取る。
一触即発の両者の頭数は6対2。
「ハンク、逃げろ!」「ジャック、やめろ!」と叫ぶウォルターの懇願は届かず、ジャック側が口火を切ったことで壮絶な銃撃戦が始まる。


【感想】
ヤダ、こんなところで終わりなの!?
次回まで 生殺し だわ!(;´Д`)
でも、普通に考えれば、2対6でハンク側が 圧倒的不利 よね…。
ハンクのマリーへの電話がフラグにしか思えないし。
望んでなかったとはいえ、ジャックたちはウォルターの救世主になるのかしら。

あんなにコロッと騙されるなんて、ウォルターったら大馬鹿だわ!
冷静に写真を見れば、埋め方や何かで、自分の埋めた樽じゃない ってことに気付けたでしょうに。
ジェシーとハンクが手を組んでいたことに気付いた瞬間の絶望は、想像に余りあるわ。

今回のハンクは、札束樽写真といい、ジェシーの 脳ミソぶちまけ写真 といい、フェイク写真で結果を出したわね。
ジェシーの協力があったとはいえ、ウォルターの性向を見抜いて追い詰める手腕はさすがだわ。
ウォルターの件は 完全に灯台下暗し だったけど、本来は有能な捜査官なのよね。

トッドはリディアのことが好きなのかしら??(*´Д`)
カップについた口紅を触ってみたりして、ちょっとキモいけどw
純朴な青年のようでいて、殺しはまったく厭わない……やっぱり 掴みどころのないキャラ だわ。

さあ、残りは 3話 よ!

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

関連記事


コメント

  1. リタミツコ | R3CmE9q6

    S5Ep13観ました

    な、なんですか、今エピの、ボニー&クライド的ラストは?!
    しっちゃかめっちゃかのドンパチ!
    トッドの叔父さん一家、完全にウォルターがいることを忘れて車を蜂の巣にしているようでしたが?!
    残り3話にしてハンク殉職か???@あ、いわなくていいですからねっ
    あるいはここで男たちが全滅して、あとはスカイラーとマリーの姉妹ガチ対決になるという展開か?@ないない

    究極の脇役ヒューエルが、ここへ来て、大事な役割を演じていましたね。
    そうか、ジェシーの目のつけどころは、カネでしたか!
    まんまと策略が当たりましたね(でも、Ricky247さんのおっしゃるとおり、ウォルターはちょっと簡単にだまされすぎ。普通、偽写真だって気づくんじゃないかな)
    車を飛ばしながら「家族のためだ!」と叫ぶウォルターは、久々に昔のウォルターに戻った気がしましたが、積み重ねた悪行の因果、ジェシーの心は動きませんでしたね。

    ちょっと分からなかったのが、「レンタカーのGPS」ってところ。
    レンタカーに実際はGPSは付いていなかった、しかしウォルターは付いていたと思い込んでいる…というところまでは分かったのですが、「レンタカーのGPSからカネの隠し場所が分かったぜ!」とウソをつけるほど、レンタカーのGPS履歴って残っているものなんですか?
    ウォルターが借りてから、ずいぶん時間は経ってますよね?その間に他の客も借りただろうし…。

    そうそう、欧米の肉屋さんやスーパーの精肉コーナーって、羊の脳味噌とか売っているんですよね。ハンクがパッケージを取りだした時点で、ワタクシは“撃たれたってウソをつくんだな”とピーンと来たざます♪

    トッドは、確かに不思議なキャラですね。
    あの叔父さんたちの中にいるのに、1人だけ妙に純朴青年風、でも殺しは厭わないという。
    あと3回、どのように動いてくれるのでしょうか。

    シーズン冒頭の先取りシーン(?)からすれば、何とかウォルターは脱出して、身元を偽った暮らしをスタートするはずなんですよねぇ。
    うーん、どうあそこにつながるんだろう。

    ( 21:28 [Edit] )

  2. Ricky247 | -

    リタミツコ さん

    > な、なんですか、今エピの、ボニー&クライド的ラストは?!
    > しっちゃかめっちゃかのドンパチ!
    > トッドの叔父さん一家、完全にウォルターがいることを忘れて車を蜂の巣にしているようでしたが?!
    > 残り3話にしてハンク殉職か???@あ、いわなくていいですからねっ
    > あるいはここで男たちが全滅して、あとはスカイラーとマリーの姉妹ガチ対決になるという展開か?@ないない

    あのラストで1週間待たされるのって、結構つらかったわw
    リタミツコさんはもう次を見てるかしら?
    ジャックたちは、ウォルターのことなんて死んだら死んだで仕方ないくらいにしか思ってないのかも。
    「いわなくていい」は「押すなよ!絶対に押すなよ!」的な意味かしら……?

    > 究極の脇役ヒューエルが、ここへ来て、大事な役割を演じていましたね。
    > そうか、ジェシーの目のつけどころは、カネでしたか!
    > まんまと策略が当たりましたね(でも、Ricky247さんのおっしゃるとおり、ウォルターはちょっと簡単にだまされすぎ。普通、偽写真だって気づくんじゃないかな)
    > 車を飛ばしながら「家族のためだ!」と叫ぶウォルターは、久々に昔のウォルターに戻った気がしましたが、積み重ねた悪行の因果、ジェシーの心は動きませんでしたね。

    ヒューエルはスリの腕はいいけど、頭の方はちょっと残念よねw
    受付もそうだけど、ソウルはもうちょっといい人材を揃えられなかったのかしら。
    ウォルターが子供っていうジェシーの弱点を突いたように、ジェシーもちゃんとウォルターの弱点を把握してて、今回はそれを上手いこと利用したわね。
    ジェシーにしたら、今さらカネの使い途だのブロックの件だの持ち出されても、( ´_ゝ`)フーンって感じよね。

    > ちょっと分からなかったのが、「レンタカーのGPS」ってところ。
    > レンタカーに実際はGPSは付いていなかった、しかしウォルターは付いていたと思い込んでいる…というところまでは分かったのですが、「レンタカーのGPSからカネの隠し場所が分かったぜ!」とウソをつけるほど、レンタカーのGPS履歴って残っているものなんですか?
    > ウォルターが借りてから、ずいぶん時間は経ってますよね?その間に他の客も借りただろうし…。

    そのへんはけっこう強引よねw
    でも、その強引さに気付けないほど、ウォルターが動転してたってことで納得するしかないんじゃないかしら。
    樽の偽写真にも気づけなかったことだし。
    あとは、レンタカー会社が位置情報を収集してたりしたら、そのデータが残ってたりする可能性はあるかも。

    > そうそう、欧米の肉屋さんやスーパーの精肉コーナーって、羊の脳味噌とか売っているんですよね。ハンクがパッケージを取りだした時点で、ワタクシは“撃たれたってウソをつくんだな”とピーンと来たざます♪

    ハンクもリタミツコさんもワル知恵がはたらくのね!( ゚Д゚)
    ピュアなワタシはそんなこと考えもしなかったわ!
    あの偽写真も、よくよく見れば脳味噌そっくりそのまま出過ぎとか本体(ジェシー)綺麗過ぎとかツッコミどころはあるんだけど、ま、普通は正視できないわよねw

    > トッドは、確かに不思議なキャラですね。
    > あの叔父さんたちの中にいるのに、1人だけ妙に純朴青年風、でも殺しは厭わないという。
    > あと3回、どのように動いてくれるのでしょうか。
    >
    > シーズン冒頭の先取りシーン(?)からすれば、何とかウォルターは脱出して、身元を偽った暮らしをスタートするはずなんですよねぇ。
    > うーん、どうあそこにつながるんだろう。

    またリタミツコさんがネタバレを誘ってるわ!ヽ(;´Д`)ノ
    この後トッドは○○を○○して……
    そしてウォルターは○○に○○して…

    ( 16:01 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事