【ラスト2話】glee6-12「あの日あの時あの場所で」
2009


ustv-glee-s06-e12-2009-1.jpg

2009年、ニュー・ディレクションズが生まれる時のお話。
一度は廃部になったグリー部(レイチェルが密告したせいだけどw)を、ウィルが引き継ぐことにしたのよね。


♪Popular(ミュージカル『Wicked』より)レイチェル&カート
来る日も来る日も学校でいじめを受け、孤独を抱えるカート。
心配したバートから、地下室に籠って裁縫ばっかりしてないで部活に入れって言われたの。
で、レイチェルからグリー部再開を聞いて、入部テスト を受けることにしたわ。
カートもシーズン1の頃から比べてずいぶん大人になったわね。
あの頃はほんとに "陶器のお人形" みたいだったもの。

♪I'm His Child(Zella Jackson Price)メルセデス
教会の他にも歌う場所を求めて、メルセデスも入部テストを受けることに。
メルセデスはやっぱりゴスペルが一番似合うわね。
レイチェルとの火花バチバチの ディーバ対決 も懐かしいわぁ。

♪I Kissed a Girl (Katy Perry)ティナ
ゴス仲間とレイチェルのいざこざに巻き込まれて、なりゆきでグリー部に入ることになっちゃったわ。
そういえば、最初はゴスの格好して、吃音(芝居、意味不明) だったのよね。

♪Pony(Ginuwine)アーティ
アーティが入部テストを受けたのは、ティナと仲が良かったせいなのね。
ティナのことを、車椅子に関係なく接してくれる親友だと思ってたけど、向こうは厨二病的発想で、車椅子の男子とつるみたかっただけ なんですってw


なんとか部員5人で活動を始めたグリー部だけど、レイチェルとメルセデスが主役の座を巡ってモメ始めて、前途多難。
一方で、ウィルが アメフト部のフィン を連れてきて、紆余曲折有りながらもみんな彼を受け入れたわ。
ところが、ウィルが テリの妊娠発覚(ウソ) を受けて、高給取りの会計士に転職するために 教師を辞める って言い出すの。
そんな時、ウィルの耳に聞こえてきたのは……

♪Don't Stop Believin'(Journey)ニュー・ディレクションズ
グリー部の熱い気持ちを感じたウィルは、思い直して部員たちと一緒に 全国大会優勝 を目指すことにしたわ。
ここだけシーズン1のパフォーマンスをはめ込んでるわけなんだけど、みんな若々しくて キラキラ してて眩しいくらい。
中でも、歌うフィンの姿 が懐かしくて嬉しくて。 同じ分だけ悲しくもあったけど。




今回は懐かしい面子がずいぶん出てきたわね。
パック、カロフスキー、ブレイン、クイン、サンタナ、フィギンズ校長、エマなんてまだ序の口。
完全に忘れてた、テリ (ウィルの前妻)、マット (シーズン1で消えたダンス担当の黒人男子)、ハワード (テリの部下、アカフェラスのメンバー)まで出てきたわw

あとは、スラッシーぶっかけ 、Myspace、レイチェルのゲイのパパ達の片方は黒人っていう設定 (のちに放棄)が懐かしかったわね。
6年 っていう月日を感じちゃったわ。


ってことで、次回が ほんとにほんとの最終回 よ!ヽ(`・ω・´)ノ ウワァァン!!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事


コメント

  1. リタミツコ | R3CmE9q6

    トリ前エピ!

    メルセデスのゴスペルと、Don't Stop Believin'はよかったですね。
    フィンの姿に、うるうる(涙)
    でも、「最後の最後に、これが今の新生ニューディレクションズにつながるのかな~?シュー先生が皆を前に昔語りをしている、とかいうオチで?」と思っていたら、新メンバー丸無視で、完全回想回だったんですね@汗
    新メンバー、立つ瀬なし。かわいそすぎです。
    彼らのために「待遇改善!待遇改善!」と、シュプレッヒコールをあげてやりたいですが、残り1回…。
    とにもかくにも、(一時期は)名作ドラマだったのですから、有終の美を飾ってほしいですね!

    ( 09:12 [Edit] )

  2. Ricky247 | -

    リタミツコ さん

    「え? これで終わっちゃっていいの?」って感じだったわねw
    リタミツコさんの言うように、ウィルが現役生を発奮させる材料として語ったっていう形を取れば、自然だったのに。
    まあ、次回の最終回の冒頭でそういうふうに繋げないとも限らないけど。
    ほんとに新メンバーの扱いはどうにかならなかったのかしら。
    素材を生かすも殺すも脚本次第、っていうことをつくづく思い知らされたわ。

    今回の話を見終わって、第1話(吹替え版だけど)を見返しちゃったわ。
    パフォーマンスは粗削りながらもみんなキラキラしてて、ストーリーも笑うとこは笑えて、ほんとに魅力に溢れたドラマだったのね。
    ウィルがフィンを騙して入部させる流れとか、エイミー・ワインハウスの「Rehab」とか、今となってはちょっと笑えない部分もあるけど。

    本当に、最後だけはきれいに終わってくれることを願うだけね!

    ( 23:51 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事