【ラスト5話】glee6-9「やっかいな小悪魔」
Child Star


child.jpg

スーが 最優秀校長賞 とやらに立候補するんですって。
で、推薦状を書いてもらうためにハリス教育長と取り引きして、その甥っ子のマイロンの バル・ミツバー (ユダヤ教の成人式)でグリー部に協力させることに。


♪Lose My Breath(Destiny's Child)マイロン
マイロンっていうのは、ボンボン育ちの小生意気な13歳。
レイチェルたちに助言をもらおうと歌い始めたんだけど、なんで選曲が デスチャ なのよw

♪Friday I'm In Love(The Cure)スペンサー
アリステアっていうロン毛の男子を気に入ったスペンサーは、彼と元々友達のロデリックをダシにして接近。
上から目線の筋肉自慢 で彼の気を引こうとするんだけど、華麗にスルーされてたわw
意外と純情なのは好印象だけど、歌はあんまり上手くないわねw

♪I Want to Break Free(Queen)メイソン
メイソンはジェーンをデートに誘おうとするんだけど、世話焼きのマディソンに邪魔されてケンカになっちゃったわ。
結局、ジェーンに嫉妬してたマディソンが謝って、いっそう 双子の絆 は強くなったみたい。

♪Uptown Funk(Mark Ronson feat. Bruno Mars)ジェーン、スペンサー&ロデリック
出番前に舞台装置に閉じ込められたマイロンを、ロデリックがスペンサーの後押しもあって無事救助。
ロデリックからスペンサーのいいところを聞いたアリステアは、スペンサーを見直したんですって。
前からスペンサーのことをカッコいいとは思ってたみたいで、キスされて陥落 、ついでにグリー部にも入っちゃったわw

♪Break Free(Ariana Grande feat. Zedd)マイロン&ニュー・ディレクションズ
最後は総出演のステージでマイロンを盛り立てて、バル・ミツバーは大成功!ヽ(゚∀゚)ノ
ビーストまで駆り出されたのが謎だけどw




♪Cool Kids(Echosmith)ニュー・ディレクションズ
教育長のゴリ押し で、マイロンが13歳なのにマッキンリー高校に転入してきたわw
もはや何でも有りねw
マイロンとアリステアが入部して、グリー部は ただいま8人 ってこと。
新生ニュー・ディレクションズだけのステージは爽やかで気に入ったわ(・∀・)イイ!!


新メンバーの恋愛も友情も、やっつけ仕事 的にバンバン成立させられてくわねw
ま、残り5話しかないんじゃ、ちんたらやってられないんでしょうけど。

やっぱり新メンバーにスポットを当てた方が、『glee』として健全だと思うわ。
いつまでも旧メンバーにしがみついてても仕方ないのよ。
それで数字が取れるかは別だけど、ダメならダメでそのまま終わればいいだけの話。
……ってなことを言っても 後の祭り ね…。

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村


グリーsingsバート・バカラック -世界は愛を求めてる-
関連記事


コメント

  1. リタミツコ | R3CmE9q6

    観たのですけどね

    うーん、最終シーズン頑張って観ます、と言ったけれど、感想書くのに困っているワタクシです。
    だって、印象が薄…げふんげふん。
    スペンサーとアリステア(っていうんですね。名前すら、よく覚えてなくてw)なんかも、ほーら、カップル成立!と言われても、カート&ブレインがシーズンまたいですったもんだしてきたのを見てきた視聴者としては、あんまし感慨を覚えません;;;
    でも、新メンバーにスポットを当てるべき、というRicky247さんの意見には賛成です。
    あと数話しかないんだったら、せっかく選ばれた彼らに花を持たせてあげたいです。

    ( 21:51 [Edit] )

  2. Ricky247 | -

    リタミツコ さん

    ワタシも感想書くのに苦労してるってこと、きっとリタミツコさんにはバレバレねw
    書くことがなくって、ほぼ説明に終始してるものw

    はっきり言って、初期メンバー以外はみんな使い捨てみたいな扱いよね。
    ワタシはマーリーとかジェイクとか気に入ってたんだけど、あまりに酷い切り捨て方で、あそこで致命的に冷めちゃったわ。
    今度の新メンバーも入ってすぐ番組終了なんて酷いけど、残り4話で見せ場を作ってもらえてることを願いましょ。
    それはそうと、脊椎損傷で動けなくなったはずのテッドが、教育長として復帰してて安心したわ!(ちがうか)

    ( 23:40 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事