【ファイナル】ブレイキング・バッド5-6「ウォルターの執念」
Buyout


Breaking-bad-dinner.jpg

【あらすじ】
バモノス・ペストに帰りついたウォルター一行。
少年のオフロードバイクを解体・溶解し、次いで少年の遺体に取り掛かる。
その作業に加わらなかったジェシーは、トッドから「運が悪かったよな」と話しかけられ、思わず彼の顔面を殴りつける。


「チームのために仕方なくやった」と主張するトッドに席を外させると、ウォルター、ジェシー、マイクでトッドの処遇について話し合うことに。
1.クビにして口止め料を払う、2."処分"する、3.引き続き働かせる、と3つの選択肢を検討した結果、ジェシー以外の2票で3が採択される。
トッドにその旨伝えたマイクだったが、勝手に銃を持ちこんだ愚か者にお灸を据えておくのは忘れない。

シュレイダー家を訪れたスカイラーは、ホリーを腕に抱き、「何をしても間違いのような気が…」とマリーに苦しい胸の内を明かす。
それでも、子供たちを預ける本当の理由は呑み込むと、マリーから「テッドのことで苦しまないで」と的外れな心配を受ける。
マリーの勘違いはそのままに、呆れるのはウォルターが不倫の件を漏らしたこと。

meth精製の休憩中、テレビから流れてきたのは、トッドが撃ち殺した少年の行方不明のニュース。
その少年は14歳のドリュー・シャープと報じられ、ジェシーは猛烈な罪悪感に襲われる。
ウォルターの「私に任せて帰れ」の言葉に甘えることにするが、帰り際に聞いた彼の口笛に違和感を禁じえない。

ジェシーを事務所に呼び出したマイクは、彼にある計画を持ちかける。
そこへ片付けのためにウォルターがやって来ると、彼も招き入れ、DEAから執拗な監視を受けていることを明かす。
長きに渡って黙っていたことをウォルターから責められるも、構わず本題へ。
「俺は抜ける」
マイクの突然の引退宣言に、ウォルターは驚きつつもすぐにジェシーとの2人体制に移行することを考えるが、そのジェシーからも「俺も抜けたいんだ」と告げられる。
マイクはさておき、メチルアミンを指して「あれだけあれば3億ドルは稼げるんだぞ」とジェシーを引き止めにかかるが、マイクから待ったがかかる。
聞けば、ガス時代のコネを使ってメチルアミンを売れば、1人につき500万ドルが得られるとのこと。
2人から説得されても、苦労して手に入れたメチルアミンをライバルに売り渡すなど承服することはできない。

DEAの尾行をまいて辿り着いた荒野、マイクはジェシーとともにライバル組織の男、デクランと会う。
メチルアミン1ガロンを1万5,000ドルとして、666ガロンの売却を持ちかけるが、デクランに1,000ガロンのうちの3分の2であることを見透かされる。
デクランの狙いはblue methという最強の競合品を市場から排除することにあるため、取引条件は1,000ガロンすべてを売り渡すこと。

ウォルターに会いたい旨を伝えたジェシーだったが、ホワイト家に招かれるとは予想外。
それでもお招きに与ると、ウォルターにデクランの要求を伝えた上で、「終わりにしよう。家族と一緒に平和に過ごせるんだ。それが目的だったろ?」と翻意を促す。
それを撥ねつけたウォルターは、若き日の誤った選択により今日まで続く後悔を語る。
大学院の友人2人と立ち上げた会社を訳あって去ることになり、5,000ドルで自分の権利を売ったものの、その会社の価値が今や21億6,000万ドルにもなっていることを。
そして、methを売るためでも大金を得るためでもなく、「私は帝国を築きたい」と野望を明かす。
そこへスカイラーが帰宅し、辞去しようとするジェシーを「夕食を一緒に」と半ば無理矢理に引き止める。

ウォルター、スカイラー、ジェシーの奇妙な食卓。
夫婦の間の寒々とした空気を埋めるように、ジェシーは饒舌に振る舞うも、スカイラーに洗車場の話を振ったことが藪蛇になる。
スカイラーからの「他にも私の話を? 浮気の話はしなかった?」の質問が、口の軽い夫への当てつけなのは明白。
スカイラーが席を立った後、ウォルターは妻によって子供たちと引き離され、その妻はガンの再発を指折り数えて待っていることを告白。
そして、「私にはこの仕事しかない。すべてなんだ。それを奪うのか?」とジェシーを追い詰める。

夜更けのバモノス・ペストにやって来たウォルターだったが、待ち伏せていたマイクと鉢合わせ。
取引前にメチルアミンを運び出そうという計画を見透かされ、事務所へ強制連行される。
2人で夜を明かし、翌朝、「取引の前にヤボ用がある」と言ってマイクが出て行くが、その前に身体検査の上、結束バンドで手首をパイプに繋がれているため身動きできず。
それでも知恵を絞り出した結果、電気コードを噛みちぎって導線2本をスパークさせ、火傷も厭わず結束バンドを焼き切って脱出に至る。

マイクとともにDEAを訪れたソウル。
執拗な監視に対する苦情をハンクに申し入れ、法の範囲内だと抗弁されれば、ストーカー行為であると主張を変え、警察嫌いの判事に接近禁止命令を申請するとハッタリをかます。
その後、盗聴器によって、DEAが一時的に引き下がる考えであることは掴むも、猶予は24時間ほどしかない模様。
早速動き出したマイクは事務所に戻るが、そこにあるはずのメチルアミンのタンクが忽然と消えている。
中にいたウォルターに「どこにやった!」と詰め寄り、頭に銃を突き付けるが、「話を聞けよ。俺たちには500万ドル、先生にはメチルアミンだ」とジェシーの制止が入る。
マイクの「そんなうまい話が?」の問いに、銃を向けられつつもウォルターは悠然と答える。
「全員が得をする」


【感想】
ウォルターの考えた策はどんなのかしら?
自分がメチルアミンを全部引き取ってmethを作り、2人に500万ドルずつ分割で払っていく ってこと??
でも、それじゃあ普通過ぎるわよねえ。
それにしても、ウォルターは 肝の据わった人間 になったもんだわ。
マイクに銃を突き付けられても表情一つ変えないし、手首に火花あてるし……あんなのワタシ無理!ヽ(`Д´)ノ

やっぱりジェシーには少年を殺したことがこたえたみたいね。
親の心痛までおもんぱかるなんて、何て優しい子なの…(´д⊂)
それに引きかえ、ウォルターは「私も眠れなかった」とか言っておいて、あの 口笛 はないわぁ( ゚д゚)ポカーン
あの感じだと、ブロックにしたことにも良心の呵責はなさそうね。
良心の呵責がなさそうと言えば、トッドも同じだわ。
ジェシーに殴られていい気味!m9(゚∀゚)
あの子の タランチュラ を持ち帰ってたけど、どうする気かしら??

ウォルターったら、「私は帝国を築きたい」 ですって。
家族のことはどうでもいいってわけじゃないんでしょうけど、最優先でもなくなったのね。
どこからそんな大それた野望が出てきたのかと思えば、根っこは エリオットとグレッチェンへの対抗意識 らしいわ。
自分以外の2人がくっついて、さらに億万長者になった姿を見せつけられたら、人間ってこうも変わっちゃうのかしら…?

ウォルターとスカイラーの冷え切った食卓に同席させられたジェシーが哀れだわw
不仲の両親の顔色を窺う息子みたいで、なんだか可愛かったけどw

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

関連記事


コメント

  1. リタミツコ | R3CmE9q6

    S5Ep6 観ました

    スカイラー、ふてぶてしー(笑)
    あの白ワイン1本、いっぺんに空けちゃうんでしょうか。
    料理も放棄で、全部お惣菜コーナーなんですね。
    人がいいジェシーは、うっかり夕食への招待を受け入れた結果、場をもたせようと四苦八苦している様子がかわいそうでした。
    しかも、少年失踪のニュースを観ると、たちまち目がうるんでしまうお豆腐メンタル(コピーライト:Ricky247さん)は相変わらずだし。
    ウォルターを撃とうとするマイクを、身をもって阻止するのも、やっぱりジェシーだし。
    ジェシー、君も、苦労が絶えんのう~。

    スカイラーは、悪女の勘(?)で、「マリーには何も話しちゃダメ」と感じたようですね。
    つらさに耐えられず、真相を打ち明けかけるのかしら?という雰囲気にも思えたのですが。
    マリーの話しっぷりから「こいつは、やっぱ秘密が守れんな」と悟った顔つきでしたw

    “メチルアミンを渡して現金を受け取る方法”を、なぜウォルターがかたくなに拒否するかの説明が、うまくついていましたね。
    そうか、例の企業の話に結び付くのか、と感心しました。この辺の回収がうまいですね。
    ただ、「帝国を築きたい」とまで言うのには、ちょっとびっくりしましたけど。
    もしもし、ウォルターさん、家族が暮らせるお金があれば、いいんじゃなかったでしたっけ???

    確かに、トッドが自分の車に戻ったあと、ビンに入れた毒グモをじーーーっと見ていましたよね。今回、気になったシーンでした。
    のちのちクモが何かに使われるんでしょうか?
    実は、私、クモは大っ嫌い(←フォント特大でお願いします)なので、もう登場してほしくないんですけど ;;;;;

    ( 09:57 [Edit] )

  2. Pink lady | gvOObY0g

    はじめまして

    私はhuluで1年前に最終回まで見終わっていますが、余韻から逃れられず、時間があれば繰り返し見続けて今に至っております。これ程どっぷり嵌ったドラマは他にはありません。
    Ricky247さんとリタミツコさんの対話が楽しくて毎回楽しみに拝見しています。

    さて、今回、クモの件で思うところがあり参入させて頂きました。
    あのバイクの少年はクモを捕まえてとても嬉しそうでした。昆虫採集して喜ぶような感覚だと思います。(クモは昆虫ではないけれど。)少年には大きなクモは動くロボットのようで魅力的ですよね。
    クモを見つめるトッドに少年と同じ表情をさせましたよね。あんなに大きな図体をして拳銃を振り回していても精神年齢は子供と同じ、ということを表現しているのだと思いました。ですからクモは素材の一つであって特に意味があるわけではない、ということではないでしょうか?
    突然の乱入、失礼しました。

    ( 14:21 [Edit] )

  3. Ricky247 | -

    リタミツコ さん

    > スカイラー、ふてぶてしー(笑)
    > あの白ワイン1本、いっぺんに空けちゃうんでしょうか。
    > 料理も放棄で、全部お惣菜コーナーなんですね。
    > 人がいいジェシーは、うっかり夕食への招待を受け入れた結果、場をもたせようと四苦八苦している様子がかわいそうでした。
    > しかも、少年失踪のニュースを観ると、たちまち目がうるんでしまうお豆腐メンタル(コピーライト:Ricky247さん)は相変わらずだし。
    > ウォルターを撃とうとするマイクを、身をもって阻止するのも、やっぱりジェシーだし。
    > ジェシー、君も、苦労が絶えんのう~。

    あのふてぶてしさを見ると、スカイラーもウォルターとともにずいぶん変わってきたのを感じるわね。
    さすがに食卓じゃ煙草プカプカはしなかったから、ワインがぶがぶは許してあげましょ!w
    憎い夫しかいないんじゃ、お惣菜フルコースも仕方ないわw
    ところで、考えてみたら、ジェシーとスカイラーが会ったのは、ジェシー(のおばさん)の家でスカイラーが「夫に近づかないで!」的なことを言った時以来かしら??
    ジェシーはウォルターとマイクの間でもクッション役なのねw
    とんがってたジェシーはどこへやら、すっかり低反発になっちゃって…(ノД`)

    > スカイラーは、悪女の勘(?)で、「マリーには何も話しちゃダメ」と感じたようですね。
    > つらさに耐えられず、真相を打ち明けかけるのかしら?という雰囲気にも思えたのですが。
    > マリーの話しっぷりから「こいつは、やっぱ秘密が守れんな」と悟った顔つきでしたw

    ワタシも、スカイラーの顔に打ち明けちゃおうかっていう逡巡が浮かんだように思ったわ。
    でもマリーに話したらハンクに筒抜けなのは確実だし、やっぱダメだわって感じで。
    とはいえ、ひとりで抱えきれなくなったら、どっかへぶちまけるのかしら…?

    > “メチルアミンを渡して現金を受け取る方法”を、なぜウォルターがかたくなに拒否するかの説明が、うまくついていましたね。
    > そうか、例の企業の話に結び付くのか、と感心しました。この辺の回収がうまいですね。
    > ただ、「帝国を築きたい」とまで言うのには、ちょっとびっくりしましたけど。
    > もしもし、ウォルターさん、家族が暮らせるお金があれば、いいんじゃなかったでしたっけ???

    視聴者(っていうかワタシ)はグレッチェンたちのことなんかすっかり忘れてたけど、ウォルターの中ではむしろ熟成されてドロドロしたものになってたのね。
    その気持ちは理解できるけど、ワタシも「帝国を築きたい」発言には驚いたわ。
    そんな人に言えない"帝国"を築いたって、グレッチェンたちの鼻を明かすことはできないんだし。
    家族のために命をかけて73万7,000ドルを稼ごうとしてたウォルターが懐かしいわ…。

    > 確かに、トッドが自分の車に戻ったあと、ビンに入れた毒グモをじーーーっと見ていましたよね。今回、気になったシーンでした。
    > のちのちクモが何かに使われるんでしょうか?
    > 実は、私、クモは大っ嫌い(←フォント特大でお願いします)なので、もう登場してほしくないんですけど ;;;;;

    ワタシちっちゃいクモは平気だけど、タランチュラみたいなのは話は別だわ!
    何なのあの体中を覆う毛は!
    あんなのが体を這っていくのを想像しただけで鳥肌立つわwへ(へ´∀`)へ カサカサ
    一緒にクモさんの降板を祈りましょ!

    ( 23:56 )

  4. Ricky247 | -

    Pink lady さん

    いらっしゃ~い( ´ ▽ ` )ノ
    ワタシはまだまだ地球の男に飽きてないわ~(*゚∀゚)=3ハァハァ

    Pink ladyさんと同じように、ワタシもこのドラマにド嵌りしてるから、ほんとに最終回が怖いのよ。
    実際その時が来たらワタシどうなっちゃうの?って感じで。
    ま、せっかくここまでネタバレを回避してきたし、残り少ない未見の喜びをじっくり味わうことにするわ。

    とすると、別にあのクモは大事じゃなかったのねw
    これまで伏線張りまくりだったせいで、深読みする癖がついちゃってダメだわw
    確かに、ドリュー少年とトッドがクモを見つめる目は同じようにキラキラしてたわね。
    それだけに、純真な心で人を殺めるトッドが余計に怖いわ…((;゚Д゚)ガクガクブルブル 

    リタミツコさんとのやりとりを他の人にも楽しんでもらえてうれしいわ♪
    (リタミツコさんのおかげですo(_ _)o)
    乱入上等!なので、また遊びに来てね~。

    ( 00:42 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事