【ファイナル】ブレイキング・バッド5-3「新しいチーム」
Hazard Pay


hazard pay

【あらすじ】
弁護士ダンのアシスタントを装ったマイクは、拘置所のデニス・マルコフスキと面会。
ガスとの契約がまだ生きていることを念押しし、商売を再始動することで家族に金を渡すことを約束して口止めを図ると、リストの他の面子のところにも足を運ぶ。
ソウルの反対を押し切ってマイクが加入し、ウォルターとジェシーを精製担当、マイクをビジネス担当とする新しいチームが発足する。
早速4人でソウルお勧めのダンボール工場、トルティーヤ工場、レーザータグ場を下見に行くも、どれもmeth精製には向かず却下。
最後に訪れた害虫駆除会社"バモノス・ペスト"の倉庫も条件には合わないが、ウォルターは家を覆うためのテントに目を付ける。
数日かかる駆除作業中、依頼者一家は家を空け、殺虫剤を撒くため異臭がしても問題なし。
その都度、機材の設置と解体をする必要があるが、可能と判断。
ただし、バモノス・ペストは正規業者である一方、依頼物件の合鍵を作って情報とともに仲間に売るか、しばらく後に自分たちで侵入する窃盗団であり、ソウルの顧客。
それでいて、社長のアイラを始め、従業員のサンドール、フェルナンド、トッドの口は堅く、雇い主には従順とのソウルの言に、ウォルターは即契約を決める。

バモノス・ペストの面々に対し、マイクは盗みの禁止とウォルターとジェシーへの服従と詮索無用を厳命。
一方、ジェシーはバッジャーとスキニーピートの助けを借り、音響機材用の巨大なケースを調達。
ウォルターを連れて家に戻ると、ケースに入れて運べるよう機材の設計について意見を出し、匂い対策のために部屋の中で医療用のテントを組むことも提案する。
そこへアンドレアとブロックがやって来ると、辞去しようとするウォルターを夕食に誘う。
ジェシーとアンドレアがキッチンに消え、リビングにはウォルターとブロックが残される。

一軒の住宅でバモノス・ペストの仕事が始まる。
アイラが家主に注意事項を確認する中、ケースに入った機材が住宅に次々と運び込まれ、一家が去った後、満を持してウォルターとジェシーが参上。
防護服に身を包んだ2人は、医療用テントの中で機材を組み立て、いざ精製へ。
気心の知れた相棒と何度となく繰り返した作業は滞りなく進み、1日の作業を終えてビールで互いの労をねぎらう。
ウォルターはジェシーにアンドレアたちとの今後について水を向け、「秘密を持つと壁ができる」と経験談を語って"正しい決断"を促す。

ウォルターが別宅からホワイト家に戻ってきたため、いよいよ追い詰められたスカイラー。
マリーからウォルターの誕生日に何もしないことを責められ、気を静めようとタバコに火をつけると、それに対しても咎められて大爆発。
「うるさい! 黙れ!」を繰り返し、最後には泣き崩れる。

50ポンドほどのmethを完成させ、ウォルターは充実感を抱いて家路に着く。
が、家ではマリーが待ち構えており、スカイラーが"壊れた"ことを聞かされ、その理由を追及される。
答えに窮し、テッドが不幸な事故に遭った件を挙げるが、既知と信じ込んで不倫の件まで明かしてしまい、藪蛇になる。
慌てて取り繕おうとするが、図らずもマリーの同情を得られたようで、結果オーライ。

売上から売人と"ラバ(運び屋)"の手数料を引いて3で割った金額は、36万7,000ドルとなる。
そこから、アイラに、その部下に、ソウルに、と差し引かれていくのは承知のウォルターだったが、9人いる"負の遺産"への口止め料にまで及ぶと、マイクに待ったをかける。
「なぜ私たちが?ガスが雇った連中だぞ」と支払いを拒否するも、ジェシーが全部払うと言い出したため、「いいんだ」と矛を収め、13万7,000ドルずつとなった取り分を受け取る。
ジェシーはアンドレアと別れたことをウォルターに報告するも、それには触れずに彼が残していった言葉の意味を考える。
「ガスがヴィクターを殺したのは私への警告だと思ってた。だが別の理由もあったかも。彼はブツを作ろうとして自分の領域を踏み越えた。それで太陽に近づきすぎて命を落とした」


【感想】
キャンピングカーとはまた違った 移動式ラボ (出前ラボ?)にワクワクしちゃうわ!
けっこうリスクはありそうだけど、一か所にとどまるよりはマシなのかしら。
"バモノス・ペスト" の面々は窃盗団っていう裏の顔があるってことだし、一癖も二癖もありそうね。
ラボの再始動でお金が入ってきたのはいいけど、毎回毎回、経費だの負の遺産だのって取り分もってかれたら、すぐにウォルターの不満が爆発しそうだわ。

爆発と言えば、スカイラーの "Shut up!"連呼 にはビックリしたわ!Σ (゚Д゚;)
ウォルターに向ける目を見ても、相当追い詰められてるのが分かるわね。
ウォルターとジュニア(とホリー)が夜中に見てた映画『スカーフェイス』に、ウォルターの姿を重ねて、もっと怖くなっちゃったかしら。
(…って、ワタシこの映画見たことないんだけどw)

機材の設計やら医療用テントの提案やら、成長したジェシーを見てなんだか誇らしい気持ちになったけど、アンドレアとは別れちゃったのね(´・ω・`)
ウォルターはジェシーに 「お前の決断に任せる。信頼してる」 って言いながら、明らかにアンドレアにすべてを打ち明けるよう仕向けてたわよね。
その結果、アンドレアが離れていくであろうことも予測してたのかしら。
それにしても、最後の言葉 はどういう意味なのか測りかねるわ…。

バッジャーとスキニーピートの再登場はうれしかったわ!(゚∀゚)
スキニーピートは 鍵盤が弾ける っていう かくし芸 も見せてくれたしw
また1枚噛もうとしてたのに、マイク登場にビビってそそくさと帰っていくとこも面白かったわw

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

関連記事


コメント

  1. リタミツコ | R3CmE9q6

    S5Ep03 観ました

    害虫駆除している普通のおうちでメス製造とは、またかっとんだアイデアに出ましたね、ウォルターたち!
    というか、アメリカの害虫駆除って、ずいぶん大げさなんですね。いくら家が広いと言っても、バルサンの個数を増やせばいいだけでは?w

    手慣れた2人が、てきぱきとメスを作っていくシーンに、「晴れた日に永遠が見える(On a Clear Day)」が流れたのはシビれました。格好イイ!
    私はトニー・ベネットのバージョンで聞いたものですが、あれは誰のバージョンなのか、ちょっと加工してあるような、不思議な歌声でしたね。
    調理の合間に、ビール飲みながら観ている映画は、マルクス・ブラザースでしたね。

    今シーズンのウォルターは、製作陣が意図して、視聴者から反感を買うようなキャラにしているんでしょうか。
    親切なふりをして、アンドレアとのことについてジェシーにアドヴァイスを与え、2人が別れるように仕組んだところなんか、腹黒すぎでした。
    テッドのことをマリーに話すやり方も、私には、確信犯のように思えました。
    不倫のことをバラす時、「え?君は聞いていると思ったよ、しまった…」みたいに言ったのはお芝居で、最初から、バラしてマリーの同情を買う作戦だったのではないかと。
    私がウォルターに疑心暗鬼すぎますかね?(笑)

    スカイラーのキレっぷりにはびっくりでしたが、マリーと話していると「黙れ」と言いたくなる気持ちは、分からなくはありません。

    そもそも悪事に足を踏み入れたのは家族に残すカネのためなので、ウォルターが分け前についてシビアになるのは仕方ないのかもしれませんが、ちょっと、あの態度はいただけませんでしたね。
    「ジェシー・ジェームズを殺しても、ジェシー・ジェームズにはなれない」というマイクの名セリフが冴えわたっていました。
    「事業主になってパイは増えたぞ」って、ジェシーのほうがよっぽど理性的じゃん、ウォルター君。教え子に教えられているwww

    >それにしても、最後の言葉 はどういう意味なのか測りかねるわ…。
    最後に、ウォルターがジェシーに「太陽に近づきすぎて…」と、イカロスの神話のような謎かけをしていたシーンのことですね?私も「え?なに?」と思いましたですよ。
    マイクがビジネスの中枢を握り過ぎ、ということなんでしょうか???

    ( 21:10 [Edit] )

  2. Ricky247 | -

    リタミツコ さん

    > 害虫駆除している普通のおうちでメス製造とは、またかっとんだアイデアに出ましたね、ウォルターたち!
    > というか、アメリカの害虫駆除って、ずいぶん大げさなんですね。いくら家が広いと言っても、バルサンの個数を増やせばいいだけでは?w

    害虫が出たら外注!(渾身のダジャレ)
    数日かかるなんて大げさなことやるとなると、いったい1件いくらで請け負うのかしらね。
    でも、アメリカンな害虫はバルサンなんか屁でもないのかもしれないわ!w

    > 手慣れた2人が、てきぱきとメスを作っていくシーンに、「晴れた日に永遠が見える(On a Clear Day)」が流れたのはシビれました。格好イイ!
    > 私はトニー・ベネットのバージョンで聞いたものですが、あれは誰のバージョンなのか、ちょっと加工してあるような、不思議な歌声でしたね。
    > 調理の合間に、ビール飲みながら観ている映画は、マルクス・ブラザースでしたね。

    音楽に耳がいってなかったんだけど、改めて聴いてみると素敵ねぇ。
    ウォルターたちもあんなにゆったりした気持ちで調理するのは久しぶりだったでしょうね。
    Breaking Bad WikiさんにThe Peddlersだって教えてもらったわ。
    https://youtu.be/yxf1IFgPH5s

    > 今シーズンのウォルターは、製作陣が意図して、視聴者から反感を買うようなキャラにしているんでしょうか。
    > 親切なふりをして、アンドレアとのことについてジェシーにアドヴァイスを与え、2人が別れるように仕組んだところなんか、腹黒すぎでした。
    > テッドのことをマリーに話すやり方も、私には、確信犯のように思えました。
    > 不倫のことをバラす時、「え?君は聞いていると思ったよ、しまった…」みたいに言ったのはお芝居で、最初から、バラしてマリーの同情を買う作戦だったのではないかと。
    > 私がウォルターに疑心暗鬼すぎますかね?(笑)

    ワタシも、アンドレアの件を考えると、これもウォルターの作戦かとも思ったの。
    だけど、マリーの訪問は不意打ちだったし、あの時のウォルターは本気で焦ってたように思えたのよ。
    それでも、これまでしれっと嘘をついてきたウォルターだから、お芝居が上手ってことなのかもしれないけど。
    このへんは、モヤッとした感じで流されちゃうかしらね。

    > スカイラーのキレっぷりにはびっくりでしたが、マリーと話していると「黙れ」と言いたくなる気持ちは、分からなくはありません。

    力強く同意。
    マリーは何かにつけおせっかいよねw

    > そもそも悪事に足を踏み入れたのは家族に残すカネのためなので、ウォルターが分け前についてシビアになるのは仕方ないのかもしれませんが、ちょっと、あの態度はいただけませんでしたね。
    > 「ジェシー・ジェームズを殺しても、ジェシー・ジェームズにはなれない」というマイクの名セリフが冴えわたっていました。
    > 「事業主になってパイは増えたぞ」って、ジェシーのほうがよっぽど理性的じゃん、ウォルター君。教え子に教えられているwww

    生産量が200→50ポンドに減ったのに、前より収入が減ったって文句言うのは無茶苦茶よねw
    週に13万ドルなんて、超高給取りなのに!
    ビジネスはマイクにまかせて、作る方に専念した方がいいわ。
    あそこで名セリフを吐くマイクはカッコよかったわねw
    ジェシー・ジェームズが西部開拓時代の無法者ってこともメモしとかなきゃ!φ(・ω・ )かきかき

    > >それにしても、最後の言葉 はどういう意味なのか測りかねるわ…。
    > 最後に、ウォルターがジェシーに「太陽に近づきすぎて…」と、イカロスの神話のような謎かけをしていたシーンのことですね?私も「え?なに?」と思いましたですよ。
    > マイクがビジネスの中枢を握り過ぎ、ということなんでしょうか???

    ♪むかしギリシャのイカロスは~、って浮かんできちゃったわw
    昔おぼえた歌って忘れないものねw
    イカロスが誰で、それがどこに繋がっていくのか、ウォルターをとっつかまえて聞きたいわ!

    ( 15:22 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事