フィギュアスケート シーズン表彰 2014/15 男子

2015.jpg

海外ドラマに1mmも関係ない記事でメンゴよw(^д^;)
2014/15シーズンが終了したから、勝手に シーズン表彰 を考えたくなったの。
ド素人のワタシが独断で選んだだけだから、そのへんよろしく。
もちろん 異論どんとこい よ!w
★ベストプログラム(SP)

羽生結弦「バラード第1番(ショパン)」
(ジェフリー・バトル)



次点:
アダム・リッポン「ミッション・インポッシブル2」
(カタリナ・リンデン トム・ディクソン)
ジョシュア・ファリス「Give Me Love」
(ジェフリー・バトル ジョシュア・ファリス)
ジェレミー・アボット「Lay Me Down」
(ジェレミー・アボット 佐藤有香)


いくつか候補はあったんだけど、ユヅルの「バラード第1番」を選んだわ。
初めて見たのはドリーム・オン・アイスだったかしら。
その時はピンと来なかったのに、シーズン終盤にこなれてきたら別物ってくらい素晴らしいプログラムに見えたわ。
スルメプロ を作ったバトルにも、それをモノにしたユヅルにも拍手!
プログラム終盤のステップシークエンスから、明らかなチェンジオブペース が出来てるのが素晴らしいわ。
ただひとつ残念なのは、ついにノーミスの演技が見られなかったことね。
次点はアメリカの選手ばっかりになっちゃったわw


★ベストプログラム(FS)

デニス・テン「ニュー・インポシビリティーズ」
(ローリー・ニコル)



次点:
ジェイソン・ブラウン「トリスタンとイゾルデ」
(ロヒーン・ワード)


FSのほうは、デニス・テンの「ニュー・インポシビリティーズ」に決まり。
近年のローリー・ニコル作品には微妙なものも多いんだけど、お気に入り の選手には結構いい振付けをしてる気がするわ。
その中でも、これは 白眉
デニスのスケーティングと踊りのセンスを活かして、全体の流れと印象的な振付けを共存させた名作 だわ!
特に 終盤のコレオシークエンス が見どころよ。
次点のジェイソン・ブラウン「トリスタンとイゾルデ」も、繋ぎ満載の力作だわ。


★新人賞

ナム・グエン(カナダ)

SP「Sinner Man」
FS「映画『道』より」
主な戦績:
カナダ選手権優勝
GPスケートアメリカ3位
世界選手権5位


これには誰も異論はないと思うわ。
16歳でシニアデビューして、世界選手権5位 は出来すぎと言っていいくらいよ。
今後は、基本のスケーティングスキル を上達させることを第一に考えてやっていってほしいわ。


★ベストジュニアスケーター

宇野昌磨(日本)

SP「ヴァイオリンソナタ第9番(ベートーヴェン)」
FS「映画『ドンファン』より」
主な戦績:
世界ジュニア選手権優勝
JGPファイナル優勝
全日本ジュニア選手権優勝
(全日本選手権2位)
(四大陸選手権5位)


3A4T を習得した2014/15シーズンは、まさしく飛躍のシーズンになったわね。
世界ジュニア選手権は薄氷の勝利だったけど、まだまだ 伸びしろたっぷり って感じ。
本格的なシニアデビューとなる来シーズンは、年長の選手の中でも見劣りしないスケールの大きな演技を目指して欲しいわ。


★ベストスケーター

ハビエル・フェルナンデス(スペイン)

SP「ブラック・ベティー」
FS「歌劇『セビリアの理髪師』より」
主な戦績:
世界選手権優勝
GPファイナル2位
欧州選手権優勝


シーズンを通して好成績を収めてきたけど、やっぱり 世界選手権初優勝 っていうのが一番大きいわ。
高確率で 4S4T を決めると、TESで相当なアドバンテージになるわよね。
プログラムは個人的にあんまり好きじゃないけど、ハビエルの個性は活かされてたわ。
ユヅルにしろ、ナムにしろ、指導する選手に必ず好成績をもたらすんだから、ブライアン・オーサー の手腕おそるべし。
来シーズンはパトリック・チャンも競技に復帰するってことだし、争いがもっと熾烈になるわね。
超楽しみだわ!ヽ(=´Д`=)ノ


女子のシーズン表彰については未定。
(だって、真央がいないからよく見てなかったんだもの…(;_;))

*・゜゜・*:.。. .。.:*
 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
 にほんブログ村
*・゜゜・*:.。. .。.:*

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事