『アメリカン・アイドル』シーズン14 TOP4決定

28278A5800000578-0-image-m-89_1430365426464.jpg
ベテランゲイカップルに見えなくもないわ

個人的な評価結果 など。
TOP4→3
テーマ:審査員の故郷の曲 / 候補者が魂を表現できる曲
メンター:スコット・ボーチェッタ ジェイ・デマーカス(ラスカル・フラッツ) マルティナ・マクブライド


クラーク
♪Living For The City (Stevie Wonder):
♪Your Man (Josh Turner):

ジャックス
♪Empire State of Mind(PartⅡ)Broken Down (Alicia Keys):
♪Human (Christina Perri):

ニック
♪Bright Lights (Matchbox Twenty):
♪What Hurts The Most (Rascal Flatts):

レイヴォン
♪Need You now (Lady Antebellum):
♪Believe (Justin Bieber):

⇒脱落:レイヴォン


レイヴォンの1曲目に対するキースの意見にまったく同感だわ。
「もう少し控えめに歌った方が気持ちが伝わると思う。感情を込めて歌い上げる姿は個性的だけど、もう少し力を抜いた方がいい」
そう、レイヴォンの歌い方って大概大げさで、表情もわざとらしいのよね。
過ぎたるは及ばざるがごとし よ。
キースのアドバイスを聞いたからか、2曲目は改善されてて好印象。
それにしても、よくここまで生き残ったもんだわw
今回もBOTTOM2に入ったらしいけどw

2曲目の選曲に関して、クラークがスコット(とジェイ・デマーカス)と揉めてたわね。
ク「自分を一番表現できるのはこの曲だと思う」
ジ「聞き手に君の魂が伝わってこない」
ス「独り善がりに陥ると優勝を逃すぞ」
ク「妥協してまで優勝したくない」
ジ「君の立場ですべきことは、周りのプロたちの意見をしっかり聞くことだ」
ス「今のままじゃ活躍の場はホテルのバーが関の山だ」
ク「アーティストとして自分の音楽性は曲げられない」
ス「あとで痛い目を見るぞ」
ジ「その決意は偉いよ。正しいとは思わないけどね」
ク「僕の魂を表現するにはこれがベストな方法なんだ」

メンター2人の言いたいことは分かるけど、何かイヤらしい言い方だったわ。
2人でクラークを嘲笑ってるように見えたし。
でも、ワタシはどっちが正しいかっていう問題じゃないと思うの。
クラークはあくまでもテーマに沿ってこの選曲をしたんでしょうし、スコットは優勝を目指すためとかデビュー後の方向性を考えて、別の曲を勧めたかったんだと思うから。
とは言え、クラークは一応スコットの提案を聞いてみて、その上でそれを受け入れるか我を通すか決めても良かったんじゃないかしら。
スコットが具体的にどういう曲を勧めたかったのかは分からないけど、メンターの意見を シャットアウト するのは、あんまり印象良くないし。
っていうか、そもそもこの 「候補者が魂を表現できる曲」 っていうテーマがよく分からないわよね。

この数回でニックが 覚醒 したと言ってもいいくらいに伸びたわね。
2曲目の♪What Hurts The Mostは、今回で一番の出来だわ。
ジャックスは声の調子が悪そうだったけど、無難に乗り切ったわね。

ってことで、ティアナがお別れ。
最後に♪Run the Worldなんて難しい歌を歌ってたけど、案の定音程が無茶苦茶だったわw
お別れ映像を見て泣いた後だったし仕方ないけど。
考えてみればまだ16歳、どんな形にしろ、業界で芽を出して欲しいわ。

さてと、TOP4に残ったクラーク、ジャックス、ニック、レイヴォンは、これから 里帰り ね。
地元に凱旋して大歓迎に大感激 みたいなこのイベント、毎年ひそかに一番楽しみにしてるのw

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事