ブレイキング・バッド4-13「フェイス・オフ(シーズン最終話)」
Face Off


B_B_S04E13_flv_002286995.jpg

【あらすじ】
ガスの車から爆弾を回収したウォルターは、小児ICUに張り付くジェシーのもとを訪れ、ガス爆殺に失敗したことを告げる。
そして、次のチャンスに賭けるべく、ガスに警戒も気付かれもしない場所がないかと問うも、ジェシーの答えは「思いつかない…」。
そこへ現れた市警の刑事2人組は、「ブロック君の母親に話した内容について確認したい」とジェシーに任意同行を求める。
刑事から聴取を受けたジェシーは、リシンという特殊な毒物を名指ししたことを突かれ、「テレビか何かで見たんだ」と苦しい言い訳。
任意と言いつつ解放してくれない刑事に、ソウルに連絡するよう要求する。
一方、ソウル・グッドマン法律事務所では、秘書のフランチェスカが証拠隠滅の真っ最中。
電話にもノックにも反応がないことに業を煮やしたウォルターは、ドアを蹴破って侵入し、フランチェスカにソウルの連絡先を教えるよう迫る。
ドアの修理代も含めて1700ドルを握らせるも、足元を見られて2万5000ドルまで吊り上げられ、自宅まで取りに戻る羽目に。
自宅手前で車を停め、鍵を預けてある隣人に自宅の様子を見に行ってくれるよう連絡すると、隣人と入れ替わりに出てきたのは、ガスの手下と思しき2人組の男。
庭から自宅に入り、再び侵入してきた2人組とニアミスするも、床下の現金を回収し、また事務所へ。

ウォルターから連絡を受けたソウルは、刑事の執拗な質問からジェシーを解放するも、ホワイト家にも追手が来たことを告げ、署内に留まるよう忠告。
その後でウォルターに会うと、ジェシーからの伝言として、ガスがティオを嬲るためカーサ・トランキーラという老人ホームを訪ねていることを伝える。
早速そこを訪れたウォルターは、車椅子の老人と再び相まみえ、「私より憎んでる男に復讐する機会をやろう」と持ちかける。
そして、ティオが看護師の指す文字にベルを鳴らして綴った文字列は、"DEA"。

情報提供にあたり、ティオから指名を受けたハンク。
罠の可能性を考えつつもDEAに出向き、ティオに始めるよう促すと、彼が看護師の助けを借りて綴った文字列は、"S-U-C-K-M-Y"と"F-U-C"。
徒労感いっぱいのDEA職員たちを尻目に、ティオが連邦政府ビルを出ていくと、それを監視していたタイラスは、「怪しい動きが」とガスに報告を上げる。

ホームに戻ってきたティオに、ウォルターは「やめるか?」と覚悟を問うも、沈黙したままのベルがその答え。
「では始めよう」と部屋に籠った後、いきなりタイラスが現われ、部屋に盗聴器の類がないことを調べていくが、窓の外に逃れて事なきを得る。
一方、検査の結果ブロックの病因がリシンではなかったことが判明し、刑事に解放されたジェシーは、急ぎ病院へ向かおうとするが、ガスの手下に拉致される。
タイラスから2件の報告を受けたガスは、彼とともにホームのティオのもとへ。
DEAと手を組むという不名誉をなじり、ティオに薬物を注射しようとするが、その目に憐みと愉悦の色を見る。
直後、ベルが鳴り響き、そこから繋がった物体に気付くも、時既に遅し。
すでにホームから離れ、ラジオに耳を傾けていたウォルターは、ホームで起きた爆発により3人の死者が出たとのニュースを聞き、事の終わりを知る。

ガスの手下の男による監視の下、ラボで作業に追われるジェシーだったが、降りてきたエレベーターに男が応対した直後、轟いた数発の銃声に身を潜める。
怯えるジェシーの前に現れたウォルターは、「ガスは死んだ。仕事にかかろう」と告げると、2人でラボの薬品タンクを破壊し、すべてを燃やし尽くす。
その後、ジェシーとともに病院へ向かい、ブロックが峠を越えたこと、リシンではなくスズランに含まれる毒が原因だったことで胸を撫で下ろす彼と握手。
ジェシーがブロックのもとへ戻ると、スカイラーに電話をかけ、「終わったよ。もう安全だ」と告げる。
主のいないホワイト家では、プール脇のスズランの花が揺れている。


【感想】
スズラン って…Σ(゚д゚`)!?
まさかまさか、ウォルターがブロックに毒を盛ったってことなの??
そうすると、ジェシーのリシン入りのタバコが消えたのもウォルターの仕業ってことになるのかしら??
だとしたらウォルターが怖すぎるわ(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル
……って、4-12を見直したら、ウォルターがプール脇で銃をクルクル回してたシーン、銃口が スズランの鉢植え を指してるじゃない!

シーズン4でガスが死ぬのも、まさかまさかだわ!
ここでガスが退場しちゃったら、シーズン5はどういう展開になるっていうの??
それにしても、爆発後にガスが普通に歩いて出てきたから、不死身かと思ってビビったじゃないの!
そしたら ガスのFACEがOFF してて、思いっきり グロ注意 だわ!

ああ、ジェシー…。
ブロックが助かってウォルターと喜びを分かち合ってたけど、そもそもの犯人は 目の前にいるそいつ よ!
せっかく仲直りしたっていうのにね。
いつか、ジェシーが真相を知ったときのことを考えると…。

最後にチンチンオヤジがやってくれたわね。
ガスに「最後にこっちを向け」って言われた時の ドヤ顔 が忘れられないわw
憎らしいオヤジだったけど、最後はなんだかカッコよく見えちゃう不思議。
敵の敵は味方っていうウォルターの作戦が見事だったのもあるわね。
とにかく、セリフも体の動きもなく、表情だけで表現できることの多さに驚嘆させられたわ。

さて、ガス死亡で、ハンク、マイク、ソウル の各人はどう動くのかしら??
それが夫の仕業と勘付いてるスカイラーの心中も気になるわ。
それは来週以降のお楽しみってことで、とりあえずシーズン4終了。
ファイナルとなるシーズン5は、いつもより長い 全16話 なのね。
ちょっと大変だけど、ここまできたら、最後まで書き切るわ!(`・ω・´)

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

関連記事


コメント

  1. リタミツコ | R3CmE9q6

    S4Ep13 観ました

    うわ~~お!さすが、シーズン最終話は、すごい展開の、冴えわたった出来ばえでしたねぇ!
    もう、どこから感想コメントをつけていいのやら@おろおろ
    Ricky247さんの力作あらすじ&コメントを拝読しながら、やや順不同で参りますよっ!

    まずは、チンチンおやぢへのオマージュです。
    まさか彼がこんなに重要な役を担っていたとは…さらば、チンチンおやぢ、君のことは忘れないよ!@感動
    彼の渾身の“チンチンチン!”が、宿敵ガスを地獄へ送ったのですね。すごい因縁です。
    爆破された部屋から歩き出てきたガスが、溶けかけたターミネーター化していたのはいささかtoo muchでしたが(笑)

    しかし、このタイミングでガス退場とは、私もRicky247さん同様、驚きました。
    彼については結局、復讐譚以外は、いろいろ謎が残りましたね。
    あの広い家に、家族はいるんだろうか?とか。
    チリ時代の記録が一切ない、というのも、ガスは「ピノチェトのせい」と言っていましたけど、本当にそうだったのかな?
    あと、海鮮シチューのレシピとか@それは自分で調べませう
    最終シーズンは、どんな敵あるいはトラブルがウォルターに立ちふさがるのでしょう?
    今後事態を知ったマイクが。どう立ち回るのか気になりますが、彼はあくまで傭兵的立場なので、彼がガスの復讐をするとは、ちょっと思えませんね。

    今回の幕切れのスズランには、私も「えええ?!」となりました。
    でも、あそこで映るってことは…ブロックの1件、ウォルターが企んだんですよね?@ガクブル
    Ricky247さんのこの検証↓
    >……って、4-12を見直したら、ウォルターがプール脇で銃をクルクル回してたシーン、銃口が スズランの鉢植え を指してるじゃない!
    を読むと、もうウォルターの犯行に確定?!
    メス工場に、ジェシーを救いに来た時に、顔色も変えずに2人撃ち殺した時も「え?!」と思いましたが、シーズン4で、ガスとの対決を経験したウォルターは、確実にどこかキレてしまったようですね。真にブレイキング・バッドしちゃったんですね。

    最後「私が勝った」というセリフによって、ウォルターは、スカイラーに自分が関係していると告白したようなものですね。
    妻には自分のやっていることを隠し続けていたウォルターが、ここまでストレートに自分の犯罪について語るのは初めてですね。
    このうえは妻と一蓮托生という決意を固めたのでしょうか。

    ソウルはやっぱり頼りになります!
    リシン発言でジェシーがパクられた時は、どうなるかと思いましたが。
    悪徳弁護士は、秘書まで悪賢いのか(笑)
    ウォルターが家に、秘書に払う金を取りに戻ったのも、スリリングでしたね。
    ホント、今回のエピはいったい山場が何個あったのやら!驚異のシナリオでした。
    ウォルターってば、隣人レベッカを安全確認に利用していましたが、アメリカ人のセキュリティ感覚ってよく分かりませんね。隣人に鍵を預けちゃうって、おおらか。
    銃を買って自衛するようなところがある一方、昔の日本の近所づきあいみたいな感覚があるって、何だか不思議ですねw

    最終シーズンは、一体どうなるんでしょう?!
    スーパードラマTVの放送は、すぐ来週、続きが見られるのがいいですね。
    Ricky247さんの“最後まで書ききる”宣言、頼もしく受け止めました。
    ワタクシも、最後までついてゆきます♪

    ( 22:17 [Edit] )

  2. Ricky247 | -

    リタミツコ さん

    > うわ~~お!さすが、シーズン最終話は、すごい展開の、冴えわたった出来ばえでしたねぇ!
    > もう、どこから感想コメントをつけていいのやら@おろおろ
    > Ricky247さんの力作あらすじ&コメントを拝読しながら、やや順不同で参りますよっ!

    これでもかってくらいの怒涛の展開だったわよね~!
    おかげであらすじがまとまらなくてまとまらなくて…
    見終わってグッタリ疲れちゃったわw(´Д`;)

    > まずは、チンチンおやぢへのオマージュです。
    > まさか彼がこんなに重要な役を担っていたとは…さらば、チンチンおやぢ、君のことは忘れないよ!@感動
    > 彼の渾身の“チンチンチン!”が、宿敵ガスを地獄へ送ったのですね。すごい因縁です。
    > 爆破された部屋から歩き出てきたガスが、溶けかけたターミネーター化していたのはいささかtoo muchでしたが(笑)

    初登場のシーンでは、トゥコのお荷物でしかないのかと思ったのに、まさかの大活躍よねぇ。
    あの連続チンチンがしばらく耳から離れなかったわ。
    指だけ妙に元気に動くチンチンオヤジを、ワタシも忘れない!(`・ω・´) b
    それにしても、ガスの右側だけが綺麗に吹っ飛ぶって、どういう状況なのかよく分かんないわw
    あの画像グロいから貼るのはやめとこうかと思ったんだけど、せっかくのスタッフの力作でしょうから貼っちゃおうかしら!

    > しかし、このタイミングでガス退場とは、私もRicky247さん同様、驚きました。
    > 彼については結局、復讐譚以外は、いろいろ謎が残りましたね。
    > あの広い家に、家族はいるんだろうか?とか。
    > チリ時代の記録が一切ない、というのも、ガスは「ピノチェトのせい」と言っていましたけど、本当にそうだったのかな?
    > あと、海鮮シチューのレシピとか@それは自分で調べませう
    > 最終シーズンは、どんな敵あるいはトラブルがウォルターに立ちふさがるのでしょう?
    > 今後事態を知ったマイクが。どう立ち回るのか気になりますが、彼はあくまで傭兵的立場なので、彼がガスの復讐をするとは、ちょっと思えませんね。

    思い返してみれば、ウォルターがガスの家にお呼ばれした時、足漕ぎの車のおもちゃかなんかがあったわよね?
    リタミツコさんと、「ガスには小さい男の子がいるのね」とか感想を言い合った気がするわ。
    それもただの偽装だったとしたら、ガスは何のためにドラッグビジネスをやってたのかしら。
    そのへんのことが明らかになったらいいのに。
    マイクも謎の多いキャラよね。
    今までに出てきたのは、元警察官で、幼い孫娘がいるってことくらいかしら。
    ガスとの関係も分からないことだらけだけど、確かにガスの敵討ちをするっていうのは想像できないわ。

    > 今回の幕切れのスズランには、私も「えええ?!」となりました。
    > でも、あそこで映るってことは…ブロックの1件、ウォルターが企んだんですよね?@ガクブル
    > Ricky247さんのこの検証↓
    > >……って、4-12を見直したら、ウォルターがプール脇で銃をクルクル回してたシーン、銃口が スズランの鉢植え を指してるじゃない!
    > を読むと、もうウォルターの犯行に確定?!
    > メス工場に、ジェシーを救いに来た時に、顔色も変えずに2人撃ち殺した時も「え?!」と思いましたが、シーズン4で、ガスとの対決を経験したウォルターは、確実にどこかキレてしまったようですね。真にブレイキング・バッドしちゃったんですね。

    ジェシーからスズランの名前が出ても微塵も動揺を見せないウォルターが怖かったわ(( ;゚Д゚))ブルブル
    見直してみたら、プール脇のシーンでも、悪~い顔してたもの。
    このシーズン4の間に、ウォルターが本格的に悪人になっちゃったのかと思うと、なんだか胸が痛いわ…。
    ガスっていう敵がいなくなっても、もう道を引き返すことはできないのかしら…。

    > 最後「私が勝った」というセリフによって、ウォルターは、スカイラーに自分が関係していると告白したようなものですね。
    > 妻には自分のやっていることを隠し続けていたウォルターが、ここまでストレートに自分の犯罪について語るのは初めてですね。
    > このうえは妻と一蓮托生という決意を固めたのでしょうか。

    ウォルターにしたら、スカイラーもすでにこっち側の人間なんでしょうね。
    実際問題、この先犯罪が発覚したら、スカイラーも共犯の責めを免れることは難しいんじゃないかしら。
    もしその時が来たら、ジュニアは?ホリーは?って考えると、また胸が痛いわ…。
    もはやウォルターがすべての罪を被ることで収まるような状況じゃないのね。

    > ソウルはやっぱり頼りになります!
    > リシン発言でジェシーがパクられた時は、どうなるかと思いましたが。
    > 悪徳弁護士は、秘書まで悪賢いのか(笑)
    > ウォルターが家に、秘書に払う金を取りに戻ったのも、スリリングでしたね。
    > ホント、今回のエピはいったい山場が何個あったのやら!驚異のシナリオでした。
    > ウォルターってば、隣人レベッカを安全確認に利用していましたが、アメリカ人のセキュリティ感覚ってよく分かりませんね。隣人に鍵を預けちゃうって、おおらか。
    > 銃を買って自衛するようなところがある一方、昔の日本の近所づきあいみたいな感覚があるって、何だか不思議ですねw

    隠れてたのにジェシーのピンチに駆けつけてくれるなんて、ソウルも意外と義理堅いのね。
    っていうか相当お金を積まれたのかしら?w
    あの秘書に本気で腹立ったけど、あれくらいじゃなきゃソウルの秘書は務まらないのかもしれないわねw
    アメリカでも、郊外のほうは意外とセキュリティ感覚が緩いのかしらね。
    血縁関係以外に鍵を預けるって、ワタシは考えられないけど。
    それにしても、ウォルターはレベッカがガスの手下と鉢合わせして殺される可能性なんて考えなかったのかしら?
    それとも、どーでもいいって感じ?w
    そういえば、レベッカはヴィンス・ギリガンの母親だってbreaking Bad Wikiに書いてあったわ。

    > 最終シーズンは、一体どうなるんでしょう?!
    > スーパードラマTVの放送は、すぐ来週、続きが見られるのがいいですね。
    > Ricky247さんの“最後まで書ききる”宣言、頼もしく受け止めました。
    > ワタクシも、最後までついてゆきます♪

    「最後まで書き切るわ!」のあとに(予定)ってつけるのを忘れたわ!
    (願望)でもいいわね!
    最終シーズンがどこへ向かうのかまったく想像もつかないけど、リタミツコさんといっしょにゴールテープを切りたいわ!
    ワタシを置いてかないでね!(´Д`)/

    ( 00:00 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事