【ファイナル】glee6-1「ありのままのレイチェル」
Loser Like Me


karofsky and blaine


とうとう始まったファイナルシーズン、レイチェルの主演テレビ番組が大コケ (視聴率0%w)した、ってところから始まるの。
【登場人物の近況】
レイチェル:夢破れてライマに帰郷。ゲイの両親が離婚することになり、実家も失う。
ブレイン:同棲中のカートと衝突が絶えなくなり婚約解消。成績不振でNYADAも退学となり、実家に戻ってダルトン高校ウォブラーズのコーチに。
ウィル:現在はカーメル高校ヴォーカル・アドレナリンの顧問。家族は妻エマと息子ダニー。
カート:NYADA在学3年目で、課題の就業体験を模索中。ブレインとの復縁を願ってライマに戻る。
サム:現在はマッキンリー高校アメフト部のコーチ助手。


【劇中の使用楽曲】
♪「インヴァイテッド(アラニス・モリセット)」レイチェル
♪「突然セイモアが(ミュージカル『リトル・ショップ・オブ・ホラーズ』より」)」ブレイン&レイチェル
♪「シング(エド・シーラン)」ブレイン&ウォブラーズ
♪「踊り明かそう(ヴァン・ヘイレン )」ヴォーカル・アドレナリン
♪「レット・イット・ゴー(映画『アナと雪の女王』より)」レイチェル


スーが母校のあらゆる芸術活動を禁止している現状に、レイチェルが奮起したわ。
教育長(『ブレイキング・バッド』のボンクラ男テッド!)に寄付を申し出て、グリー部を復活させる許可をもらったんだけど、自分で顧問をやるべし 、っていう条件付き。
グリー部の指導を就業体験にすることにしたカートといっしょに動き始めるんだけど、早くもスーに見つかっちゃって、全面戦争必至 って感じ。
グリー部復活となれば、地区大会は(顧問的に) レイチェルVSウィルVSブレイン ってことになるのね。
まずは部員集めをしなくちゃいけないんだけど、ジェイク、マーリー、ライダーとかってまだ在学中??

別れたことを後悔して「ヨリを戻したい」って切り出したカートに、ブレインが「実は付き合ってる人がいる」って言い出して、相手は まさかのカロフスキー よw
ブレインったら、いつから 熊専 に?w
ワタシの勝手な予想だけど、別れた時は相当カートを恨んでたみたいだから、当てつけっていうか、苦しめる目的もあるんじゃないかしら。

ファイナルシーズンは 全13話 しかないのね。
こりゃあ大急ぎでまとめにかかるしかないわ。
これから 旧メンバー が続々と集まってくるんでしょうし、忙しくなるわよ!(`・ω・´)

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事