ブレイキング・バッド4-11「降りそそぐ危機」
Crawl Space


grant_amc_breakingbadcrawlspace_64011.jpg

【あらすじ】
メキシコのとある倉庫、ガスが待機させておいた医療チームは、ジェシーの車が着くなり、総出でまずは依頼主の治療にあたる。
治療の結果、ガスとマイクは一命を取りとめるが、ジェシーは3人それぞれの医療情報と血液パックなど、ガスの指示で周到な準備がなされていたことに驚きを隠せない。
あと1週間は安静が必要なマイクを残し、テキサスまで10km弱の道のりをガスと2人で歩く羽目になるが、「お前はよくやった。見直したぞ」と彼からお褒めの言葉。
が、「ラボはお前ひとりでやっていける」とまで言われると、「先生を自由に。彼をクビにしてくれ。ただし殺すな」と、自分を賭してガスに要求を通す。
ラボで作業を続けるウォルターは、メキシコに行ったジェシーのことを気に掛けるも、必要なことしか口にしないタイラスからは何の情報も得られない。
一方で、ハンクの頼みを聞いて養鶏場の監視に付き合うと、メキシコのカルテルに大抗争が起きて多くの死者が出たことを聞き、ジェシーの身を案じる。

テッドから国税庁の支払命令を拒否する旨のメッセージを受け取ったスカイラー。
テッドの自宅を訪ね、考え直すようもう一度説得を試みるも、「ギャンブルで稼いだ違法な金は使えない。罪悪感がある」と小切手を返される。
支払命令に従ってもテッドの破産は避けられないこともあり、開き直る彼に対してもはや為すすべなし。
憤然とその場を後にすると、ソウルの手を借りるべく動き出す。

メキシコから生還したガスは、再びティオが暮らす老人ホームへ。
ティオにカルテルの幹部を皆殺しにしたことを告げると、その証として、彼のポケットにエラディオのネックレスを放り込む。
さらに、連れてきたジェシーに引き合わせ、「彼がホアキンを撃ち殺した」と孫の死とサラマンカの名が途絶えることを知らしめ、復讐完了。

ハンクを乗せてまた養鶏場に向かうウォルターだったが、不意に「この先にクリーニング工場がある」と寄り道を頼まれ、激しく狼狽する。
そこは、ガスのチェーン店と同じく、マドリガル・エレクトロモーティブ社が出資しており、その空気濾過システムをゲイルが購入、彼の殺害数日前にガスが訪ねていたとのこと。
「クリーニング工場にラボがあるかも」とまでハンクに言い当てられると、不注意を装って工場を通り過ぎてみるも、すぐにUターンを迫られ待ったなし。
運を天に任せ、対向車に向けて急ハンドルを切る。

幸い、顔の怪我が酷くなっただけで済んだウォルターは、むち打ち症になったハンクに謝罪。
マリーの一声で"探偵ごっこ"は終わりになるかと思いきや、ハンクが手だけで運転できるSUVを購入したと聞いて落胆する。

ソウルの用意した"一流チーム"ことクービーとヒューエルは、テッドの家に押し入り、国税庁宛ての小切手を書くよう強要する。
テッドに必要書類のサインもさせると、支払いが完了するまで2日間は監禁することを通告。
隙を見てテッドが逃げ出そうとするが、勝手に敷物に足を引っかけて転倒、頭を強打した彼に言葉もない。
アクシデントはありつつも、小切手は国税庁に送ったため、問題は解決したことをソウルに報告する。

4日間の休養を経てラボに復帰したウォルターは、その間に"誰か"がそこを使ったことに気付く。
生還したジェシーの自宅を訪ねると、「私が悪かった。話がしたい」と頼み込み、彼がひとりでmethを作ることで自分が"用済み"にされないよう助けを求める。
が、「俺が助けを求めたら、あんたは俺がメキシコで死ねばいいとぬかしたんだ」と拒絶され、意気消沈で帰ろうとしたところにタイラスの影。
スタンガンを当てられ意識消失すると、連れて来られたのは荒野。
被せられていた袋を取られると、眼前のガスから「お前とは終わりだ。クビにする。クリーニング工場には来るな。ジェシーにも会うな」と言い渡される。
それでも、ジェシーが裏切らないと信じて虚勢を張るが、ハンクを始末すること、そしてそれを邪魔すれば、家族を皆殺しにすることを告げられ、絶望する。

ソウルの事務所に駆け込んだウォルターは、家族に危険が迫っていることを明かし、以前聞いた"人消し屋"の連絡先を教えてもらう。
そして、ハンクがカルテルに狙われているとDEAに通報するようソウルに頼み、急ぎ自宅へ。
少なくとも50万ドルの現金が必要になるため、床下に隠した現金を探すが、そこにあるはずの札束の大部分が消えていることに愕然とする。
「残りの現金はどこなんだ!?」とスカイラーを怒鳴りつけるが、「テッドに渡した。家族のために仕方なかった」との答えに絶叫を上げる。
絶叫ののち狂ったように笑い続けるウォルターにかける言葉が見つからず、スカイラーは取り乱したマリーからの電話に応答。
DEAへ"密告"があったとの知らせに、動揺を押し隠しながら「私がついてる」と妹を励ます。


【感想】
ヤバいわ何この クライマックス感!
まだシーズン4は2話残ってるのに!
終盤の緊迫感を文章で表すなんて、ワタシには無理。

頭のネジが飛んじゃった みたいなウォルターの笑いが怖かったわ!ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
でも、死ぬ思いで稼いだ金が妻の(元)浮気相手に渡ってたって聞かされたら、ああなっても仕方ないわよね。
別にスカイラーがテッドに貢いでたわけじゃないけど。
さあ、"人消し屋"が使えなくなってどうするウォルター!

ジェシーはウォルターのことを気遣ってるけど、面と向かうとやっぱり怒りがこみ上げてきちゃうって感じかしら。
あんな酷いこと言われて、殺し合い寸前のケンカした後じゃ仕方ないけど。
それにしても、ガスの中でジェシーの株がずいぶん上がってるのね。
ジェシーの 「先生を自由に」 っていうお願いも聞き入れてあげたし。
でも、ジェシーをチンチンオヤジに "孫のかたき" って紹介するのやめてw
本人は動けないけど、息のかかった人間に狙われちゃったらどうすんのよw
あとは置いてきたマイクが心配だわ。

ハンクがついにラボにまで辿り着いちゃったわ!
あまりにも有能すぎるせいで 危険が危ない!ヽ(`Д´)ノ
自分が追う立場だとばっかり思ってると、追われる立場になってることに気付かないのね…。
護衛がつくって話だけど、もうマリーといっしょにどっかへ逃げちゃいなさい!

テッドが勝手に ズコーッてコケて頭ゴチン に笑っちゃったわw
指がピクピク してたし、死んじゃったわけじゃないわよね??
あんなクズ死んでいいけど、死んだら死んだで面倒なことになりそうだもの。
"A-Team"の2人は、Patrick Kuby(洗車場を買う時にウォリネッツを騙した偽の検査官)と Huell Babineaux(ソウルのボディーガード)っていうんですって。
ソウルには、もうちょっと"A-Team"らしい"A-Team"を用意して欲しいもんだわw

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

関連記事


コメント

  1. リタミツコ | R3CmE9q6

    S4Ep11 観ました!

    遅れちゃった、遅れちゃった。
    バタバタしていて、録画鑑賞が1週間遅れになってしまいました;;;

    私がぐずぐずしている間に、とんでもないクライマックス回だったのですね。
    急展開で、Ricky247さん、あらすじをまとめるの大変だったでしょう。お察しします!

    まずは、ガスの策士ぶりを堪能…。
    医療チームまで用意していたとは、口あんぐりです。
    チンチンおやぢ訪問まで、きっちり見せてくれるし…。
    憤ったおやぢのシューシュー鼻息が、絶妙の演出になっていました。
    カルテル·ボスのネックレスは、復讐の仕上げに使うためだったんですね。

    ハンクがクリーニング工場に行くと言い出した時の、ウォルターのあわてぶりったら(笑)へたな反論をして「刑事コジャック気取りか?」なんて言われてましたね。本筋にはまったく関係ないですが、コジャック、見てたので、なつかしかったですw
    ウォルターってば、自動車事故を起こすのも、行き当たりばったりすぎ&苦し紛れすぎました。
    今回の彼は、やることなすこと、バタバタと、悪いほうへ悪いほうへ空回りしている印象でした。
    エピ最後の、人消し屋騒動~床下での狂気の笑い、ブライアン·クランストン圧巻のバタバタ演技でしたね。

    スカイラーは、やっぱりソウルに電話しましたね。
    早くそうすればよかったのに(笑)
    テッドはこの間から、私の神経を逆なでし続けていたので、コケてざまミロ…なんて思っていたら、まさか“永遠の退場”になるとは(って、私は理解したんですけど、違いますかね?生きてる?)
    ともかく、今回も哀れなおバカさんでした。
    敷物の伏線がうまかったですね。

    ジェシー宅の外での、喧嘩。
    ウォルターとジェシーの仲が決裂するのを見るのは、つらいな…。
    と思っていたら、そこからとんでもない急展開が待っていました。
    いきなり、荒野で死刑?!
    BB、ここでラストエピソード?!@違っ
    荒野の光が刻々と移り変わるのが、美しかったです。映像を加工しているわけではなくて天然なんでしょうね。
    アンドロイド的なガスの顔からは読み取れませんが、ウォルターを殺さなかったのは、ジェシーのストライキを避けるためか。あるいは、ジェシーの願いを聞き入れたのか(それほどジェシーを買うようになったのか)。
    ハンクのことさえなければ、ウォルターはガスに言われたとおり、メス作りからフェードアウトすればよかった話なんですよね。
    もつれにもつれた人間関係、さあ、どうなる?!

    ( 22:02 [Edit] )

  2. Ricky247 | -

    リタミツコ さん

    > 遅れちゃった、遅れちゃった。
    > バタバタしていて、録画鑑賞が1週間遅れになってしまいました;;;
    >
    > 私がぐずぐずしている間に、とんでもないクライマックス回だったのですね。
    > 急展開で、Ricky247さん、あらすじをまとめるの大変だったでしょう。お察しします!

    忙しくてもコメントくれるリタミツコさんが大好きよ!☆⌒ヽ(ゝω・´*)cнμ♪
    内容盛りだくさんなのはいいけど、ここまでくるとあらすじ書くのが苦しいわw

    > まずは、ガスの策士ぶりを堪能…。
    > 医療チームまで用意していたとは、口あんぐりです。
    > チンチンおやぢ訪問まで、きっちり見せてくれるし…。
    > 憤ったおやぢのシューシュー鼻息が、絶妙の演出になっていました。
    > カルテル·ボスのネックレスは、復讐の仕上げに使うためだったんですね。

    敵陣に乗り込むなんて相当なリスクがあることだけど、そんな中でもできる限りの準備をしておくガスはやっぱり策士よね。
    駒としてジェシーが必要であるとはいえ、しっかり血液パックを用意してくれてる辺りにそれ以上の何かを感じちゃうわ。
    そして、一人残らず復讐を完遂する実行力にも脱帽よ。
    チンチンオヤジのポケットにネックレスを入れるところは、さぞ気持ち良かったでしょうね。

    > ハンクがクリーニング工場に行くと言い出した時の、ウォルターのあわてぶりったら(笑)へたな反論をして「刑事コジャック気取りか?」なんて言われてましたね。本筋にはまったく関係ないですが、コジャック、見てたので、なつかしかったですw
    > ウォルターってば、自動車事故を起こすのも、行き当たりばったりすぎ&苦し紛れすぎました。
    > 今回の彼は、やることなすこと、バタバタと、悪いほうへ悪いほうへ空回りしている印象でした。
    > エピ最後の、人消し屋騒動~床下での狂気の笑い、ブライアン·クランストン圧巻のバタバタ演技でしたね。

    またワタシの知らない固有名詞が!Σ(゚Д゚)
    画像検索したら……納得w
    ウォルターの無策っぷりはほんとに困ったもんよね~。
    あの事故だって、一歩間違ったら2人ともあの世行きだもの。
    そんなウォルターにイライラさせられちゃうけど、最後の狂気の表情も含めて、あらためてブライアン・クランストンの演技力を思い知らされたわ!

    > スカイラーは、やっぱりソウルに電話しましたね。
    > 早くそうすればよかったのに(笑)
    > テッドはこの間から、私の神経を逆なでし続けていたので、コケてざまミロ…なんて思っていたら、まさか“永遠の退場”になるとは(って、私は理解したんですけど、違いますかね?生きてる?)
    > ともかく、今回も哀れなおバカさんでした。
    > 敷物の伏線がうまかったですね。

    やっぱり持つべきものは融通の利くお抱え弁護士よね~w
    ちょっとしたアクシデントはあったけど、見事解決してくれて頼もしい限りだわ。
    いい仕事してくれた敷物さんにも感謝!
    テッドの生死については、IMDbさんにこっそり聞いてみたところ、まだ出番はあるみたいだから、たぶん生きてるんじゃないかと…。
    回想シーンとかかもしれないけどw
    > 敷物の伏線
    このドラマでは意味のないコケはありえないのねw

    > ジェシー宅の外での、喧嘩。
    > ウォルターとジェシーの仲が決裂するのを見るのは、つらいな…。
    > と思っていたら、そこからとんでもない急展開が待っていました。
    > いきなり、荒野で死刑?!
    > BB、ここでラストエピソード?!@違っ
    > 荒野の光が刻々と移り変わるのが、美しかったです。映像を加工しているわけではなくて天然なんでしょうね。
    > アンドロイド的なガスの顔からは読み取れませんが、ウォルターを殺さなかったのは、ジェシーのストライキを避けるためか。あるいは、ジェシーの願いを聞き入れたのか(それほどジェシーを買うようになったのか)。
    > ハンクのことさえなければ、ウォルターはガスに言われたとおり、メス作りからフェードアウトすればよかった話なんですよね。
    > もつれにもつれた人間関係、さあ、どうなる?!

    最近の2人はケンカばっかりで、ほんとに見てる方がつらくなっちゃうわよね…。
    たいていはウォルターが悪いんだけど、ジェシーもちょっと意固地だわ。
    で、スタンガンビリビリからの荒野への拉致よ!
    まんま処刑スタイルで、誰でも終わりだと思うわよね。
    ウォルターの処遇については、ワタシとしては、ガスがジェシーの願いを聞き入れてくれたんだと思いたいわ。
    > 荒野の光
    ワタシ、緊迫した会話にのめり込んでて、そこまで気が回ってなかったわ!
    さっそく見直し!(録画がまだ残っててよかったわw)
    ウォルターの心情とリンクさせる意図があるのか、絶望とともにサーッと影に飲みこまれて、ジェシーへの信頼の言葉とともに光が戻ってくるっていう見事なタイミング!
    いいこと教えてくれたリタミツコさんに感謝(。-人-。)

    ( 02:24 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事