ウォーキング・デッド5-10「乱れる心」
Them


walking-dead-aaron.jpg

一行はワシントンDCを目指して移動を始めたわ。
肉親を亡くしたマギーとサシャは、怒りと悲しみで壊れ気味。

現在のリック御一行様
リック、ダリル、グレン、マギー、ミショーン、キャロル、カール、ジュディス、サシャ、エイブラハム、ユージーン、ロジータ、タラ、ゲイブリエル、ノア(計15人)
★水、食料、ガソリンが尽き、DCを目指して徒歩移動
DCまで残り60マイルってところまで来たらしいけど、ガス欠で歩くしかなくなっちゃったの。
おまけに水も食料もなくなっちゃって、ダリルなんて ミミズ食ってたわ!オエ━━━━━━(´Д`|||)━━━━━━!
酒ばっかり飲んでるエイブラハムがちょっと心配…。

★体力温存しながら進み、襲ってきた野犬を食べて飢えを凌ぐ
橋のところで うっちゃり かましてウォーカーを落としてくのはなかなか効率いいわね!
サシャが暴走して結局乱戦になっちゃったけど、野犬に銃を使ったのはいい判断だったと思うわ。
犬の食べ方はグレンに聞けばいいのね<`Д´>

★道に置かれた飲料水を見つけるも、罠を疑い放置
「From A Friend」 とか書かれてるのが余計怪しいわ!(-_-)
構わず水に手を出したユージーンと、それを叩き落としたエイブラハム。
いっしょに旅を続けてるけど、2人の間の問題はまだ片付いたわけじゃないわよね。

★恵みの雨が嵐となり、近くの小屋へ避難、ウォーカーの大群もやり過ごす
渇き切ったリックたちには恵みの雨だったけど、度が過ぎちゃったわねw
嵐のおかげで小屋に缶詰めにされたけど、ウォーカーの大群も全滅してくれて 結果オーライ!∩( ・ω・)∩バンジャーイ
たき火を囲んで、リックが仲間に語ってたわ。
「肝心なのはすべきことをすること。その上で生きることだ。DCで何が判明しても俺たちは平気だ。これが俺たちの生きる道だから。言い聞かせるんだ。"俺たちはウォーキング・デッド(歩く死人)だ" と」
分かるような分からないようなセリフだけど、もしや タイトル言いたかっただけ…?(・∀・;)

★アーロンと名乗る謎の男が現れる
この終末の世に、何なのあの 小奇麗な男!Σ (゚Д゚;)
しかもリックの名前を知ってるなんて、怪しさ満点だわ!
「いい知らせが」とか言われても、わあ嬉しい(´∀`) とはならないわよねw
もしかして、置いてあった水もあの男の仕業かしら??


何がビックリしたかって、前回が"底"じゃなかった ってことよ!
がっかり感の記録更新!(゚∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
最後にアーロンって新キャラが登場して、新展開が期待できるのが救いだけど、逆に言えば、それ以外は どーでもいい話 ばっかりだったわ!
じ、次回こそは……

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

関連記事


コメント

  1. サフィラ | -

    そうなんですよね~

    たしかに今回のエピは退屈でした。
    ひもじさと亡くした身内を悼むことに終始したエピソード。
    制作側にしてみたら重要だったのかもしれないけど、
    一話割く必要はなかったんじゃないかな~
    まあ、ダリルをじっくり見られたのでワタシ的には良かったけど
    それだけだったので記事アップもできませんでした(笑)

    だけど、最後の妙に小ぎれいなアーロン、気になりますね~
    キレイに暮らせる場所があるのか、またまた何かのワナなのか、
    次にはちょっと期待できますかね!

    ( 21:01 )

  2. Ricky247 | -

    サフィラ さん

    シーズンの中で緩急つけるのも製作陣の狙うところなのかもしれないけど、このシーズンに関して言えば、"緩"続きな気がするわ。
    特に前回と今回は"極緩"ね。
    見る側が慣れてきちゃったからかもしれないけど、ウォーカーとの闘いもちょっとやそっとじゃスリルを感じなくなってきてるし。
    でも、今回は確かにダリルの見せ場は多かったわね。
    ミミズをパクッとか、タバコをジュッとかw

    で、やっと新展開を期待させるアーロン登場よね。
    すっかり小汚くなったリックたち(でも痩せてはいないのよねw)と対照的なあの小ぎれいさ!
    おそらくどっかでコミュニティを作ってるんでしょうけど、リックたちにはターミナスっていう苦い経験があるから、そうそう信じたりはしないでしょうね。
    寄り道も面白そうではあるけど、どこまでDC行きが先延ばしになるのやら…。

    ( 21:39 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事