ダウントン・アビー2-6「謎の負傷兵」
Episode #2.6


Episode 6 Season 2 1

今回も 1918年
時代は 大きな節目 を迎えたわ。
★大火傷を負った負傷兵が"パトリック"を自称、相続問題に混乱を招くも姿を消す
顔は火傷+包帯、指紋も無くなっちゃってるんじゃ、当時はDNA鑑定ができるわけもなく、真偽の断定は不可能だわね。
そもそも、タイタニック号の沈没で行方不明→救助されるも記憶喪失→戦地の爆撃で記憶復活 …なんて都合良すぎるわ。
いろいろとそれらしい情報は出してきたけど、本人と断定する証拠にはならないわよね。
それにしても、哀れなのはイーディスだわ( ´Д⊂ヽ
死んだ想い人が突然生きて帰ってきたと思って、たったひとりで味方をしてあげたにも関わらず、置き手紙だけで本人☆、。・:*:・゜`★ドロン! だもの。

★ベイツにヴェラ死亡の一報
離婚を認める仮判決が出てたのに、ベイツがヴェラに金を払ってたことが明るみに出て、取消しになっちゃったんですって。
ベイツったらいつも行動が裏目に出て、結局アンナを悲しませることになるんだから!
で、そんなところに飛び込んできた、ヴェラ死亡の電報。
こりゃあロンドンに行ってたことで ベイツが疑われたりする展開 になるのかしら??

★ブライアント少佐戦死
エセル出産の事実がロバートにまで伝わって、少佐も年貢の納め時かと思ったけど、すでに戦死してたんじゃどうしようもないわね…。
少佐の両親とかに援助してもらうことはできるかもしれないけど、これもDNA鑑定なしじゃ実父と確定できないでしょうし。
エセルの人生どん詰まり ね。

★メアリーとリチャードがハクスビー・パークに入居予定、カーソンを引き抜く
ハクスビー・パークっていうのは、もともと住んでたラッセル家が売りに出した豪華な邸宅。
結婚したらそこに住むことにして、メアリーのためにカーソンを引き抜くなんて、リチャードったら妻思い…(´ー`)
……っと思った途端、メアリーを脅しつける怖い一面が見えてきたわね。
「二度と私に逆らうんじゃない」とか、支配欲が強いって感じかしら。
メアリーがマシューに付きっきりなのを見ても、最初は何だか他人事みたいな口ぶりだったのに、コーラを焚きつけてラビニアを呼び戻させたり、メアリーのこと愛してはいるのね。

★1918年11月11日、第一次世界大戦休戦
ウィキペディアさんによると、公式な終戦は1920年1月20日ってことらしいけど、実質的にはこれで終戦よね。
ダウントン・アビーも療養施設としての役目を終えるようだし、クローリー家に貴族らしい生活が戻ってくるのかしら。
コーラとバイオレットが結託して、体よくイザベラを追い出したとこに笑ったわw
あとは、何やらトーマスが企んでるみたいね。
戦後の食糧難に乗じて一儲け しようなんて、さすがトーマスだわぁw

死に際のウィリアムと結婚したことで、デイジーは後悔に苛まれてるようね。
だとしても、パットモアさんの言うように、ウィリアムの気持ちを汲んで遺族年金は受け取ればいいのに。
新メイドのジェーンは、前回も今回も ロバートとの意味ありげなシーン があると思ったら、次回は案の定…(/ー\)キャッ
次回の副題は 「奇跡」 、車椅子生活のマシューに変化が生じてるってところからきてるのかしら…?

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事