『ウォーキング・デッド』『フォーリング・スカイズ』徹底比較!

Falling-Skies-S1x05-Skitter-parenting.jpg 

SFだって言うから期待しないで見始めた『フォーリング・スカイズ』。
エイリアンが地球に攻めてきて、生き残った人類がそれに立ち向かう っていう設定からすると、はっきり言って B級SF の匂いしかしないわよねw
だけど、見てみたら思いのほか人間がよく描けてて、これがなかなか面白いのよ。
主人公トム役のノア・ワイリーも、もっと 『ER』のカーター っぽく見えちゃうのかと思いきや、ちゃんと別人に見えるんだもの。
ま、ワタシはまだシーズン1の第7話までしか見てないから、今後もこのクオリティを保ってくれるかは分からないんだけど。
(エイリアンそっちのけで、人間同士のイザコザばっかりになったらイヤだわw)

で、サバイバルドラマ っていう点を考えると、真っ先に思いつくのは『ウォーキング・デッド』。
かたや死人、かたや宇宙人 ってことで、敵は全然違うけど、そういうところも含めて比較してみたら面白いんじゃないかと思って。
ってことで、2大サバイバルドラマ (勝手に認定)を徹底比較しちゃうわよ!



※注 『ウォーキング・デッド』はシーズン5第8話まで、『フォーリング・スカイズ』はシーズン1第7話まで視聴済み。



       ウォーキング・デッドフォーリング・スカイズ
災厄の始まり未知の病原菌の蔓延宇宙人の襲来
被害状況不明
(大多数が死滅と推定)
人類の90%が死滅
甦った死人
"ウォーカー"と呼称)
エイリアン
(6本脚の
"スキッター"とロボットの"メックス"と呼称)
敵の規模不明不明
敵の知性無し有り
敵の行動人間を捕食大人を殺害、子供を捕獲
☆ ☆ ☆ 
敵の弱点頭を潰せば行動停止口蓋内の急所を突けば失神
主な舞台米ジョージア州米マサチューセッツ州
主人公リック(元保安官)トム(元歴史学教授)
主人公の 家族

妻ローリ(死亡)

長男カール

長女ジュディス

妻レベッカ(死亡)

長男ハル

次男ベン

三男マット

主人公グループ数人~数十人まで変動

マサチューセッツ市民軍第2連隊

300人(戦闘員100人、民間人200人)

抵抗組織の存在不明州内だけでも連隊が複数
武装

ボウガン

日本刀 等

重火器 等

根本的な解決策不明不明




 
『フォーリング・スカイズ』は シーズン5が最終シーズン になるそうね。
(最終シーズンと決めてシーズン5を作るってこと)
これで、満足できる結末になるかは別として、オチをつけずに終了っていう最悪のパターン は避けられそうだわ。
『ウォーキング・デッド』も、そろそろ風呂敷をたたみにかかったほうがいい と思うのよね…。
いずれにしろ、ワタシは 人類とウォーカーとエイリアンの三つ巴の戦い(誤) の行く末を見届ける覚悟よ!(`・ω・´)

 ↓   ↓   ↓
*・゜゜・*:.。. .。.:*
 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
 にほんブログ村
*・゜゜・*:.。. .。.:*


関連記事


コメント

  1. サフィラ | vYcEm6gc

    はじめまして。

    フォーリング・スカイズのこと、なかなか評価してくれる方がいなくて寂しかったんですが、ウォーキングデッドとの徹底比較の記事、あまりにも嬉しくてコメントに飛んできてしまいました。
    無政府状態となった設定には、私も似た空気を感じました。
    この比較面白いです!

    B級SFの匂いだけど人間が描けてるっていうのも、その通り、同じ感想です。
    せっかくスパドラで観れるようになったんだから、食わず嫌いはやめて沢山の人に見て欲しいですね。

    ノア・ワイリー、リーダーであり、父親であり、時に感情あらわに怒る戦士......カーター先生とは違う役、いいですよね〜。

    またレビュー楽しみにしています!

    ( 21:34 [Edit] )

  2. Ricky247 | -

    サフィラ さん

    サフィラさんはじめまして!( ´ ▽ ` )ノ


    ……って言っても、サフィラさんとはお気に入りドラマがいくつも被ってて、たびたびそちらのブログにお邪魔してたから、「はじめまして」な気がしないわw
    レビューを読ませてもらって、「そうよ、そうなのよ!」っていちいち共感してたの。

    ワタシの単なる思い付き企画だけど、楽しんでもらえたならよかったわ♪
    『フォーリング・スカイズ』はまだ最初の方しか見てないから、変な間違いもあるかもしれないけど許してw

    食わず嫌いは、ほんとにもったいないわよね~。
    …と言いつつ、ワタシもSFに対してはそんな感じだわw
    だって、SFには何度もガッカリさせられてきたんだもの…。
    でも、これはノア・ワイリーのおかげで見逃さずにすんでよかったわ!

    子供に恵まれなかった『ER』のカーターのことを考えると、『フォーリング・スカイズ』のトムは男の子3人も授かってよかったわよね~。・゚・(ノ∀`)・゚・。
    ハルもベンもマットもかわいいし、これからも楽しめそうだわ!

    またそちらにもお邪魔しま~す♪

    ( 22:27 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事