ブレイキング・バッド3-8「復讐の裏側」
I See You


55-Breaking-Bad.jpg

【あらすじ】
退院の日を迎えたジェシー。
まだ痛みと腫れは引かないが、入れ違いにハンクが救急搬送されてきたのを目にし、溜飲を下げる。
一方、ラボに出勤したウォルターは、突然の解雇に抗議するゲイルの説得に苦戦中。
「私がクラシック音楽だとする。だが君はジャズだ」と適当な理由を並べ立てるも、クラシックとは程遠い後任――ジェシーが現われては、説得力などまるで無し。
不満げながらゲイルがラボを去って行くと、次の納期まであと2日に迫ったmethの精製に取り掛かろうとするが、ジェシーからハンクの件を知らされる。
病院に駆け付けたウォルターは、マリー、スカイラー、ジュニアとともに、ハンクの手術成功を祈る。
ゴメスによれば、ハンクを襲ったのは麻薬カルテルのメキシコ人の男2人組で、片方は死亡、もう一方は重体とのこと。
また、ハンクが職務停止になって銃を取り上げられていたことに話が及ぶと、マリーがゴメスとボスのマーカートに食ってかかるのを宥める。
が、今度はマリーの矛先が自分に。
「あなたがマリワナを買ったせいよ」とジェシーとの関わりを責められるが、スカイラーが「彼のせいじゃない」と庇ってくれたため、マリーの怒りも収まる。

4発の銃弾を浴びたハンクの手術は長時間に及び、家族はただ待つことを強いられる。
ウォルターは神経過敏になったマリーを落ち着かせることに努め、重苦しい時間の果てに、医師から手術の終了とハンクが回復の途中にあることを知らされる。
安定するまでは面会も叶わないが、それでも病院を離れようとしないマリーに代わり、必要な物を取りに行く役目を買って出る。
DEAや警察の職員でごった返すロビーに降りると、ゴメスに手術終了を報告、彼がハンクを撃った犯人を見せると言うため、付いて行く。
病室には、ベッドに横たわる強面の男。
ガラス越しに目が合った途端、殺気をほとばしらせ、両脚を失った体で這ってくる男に戦慄を覚える。

ウォルターのいないラボでは、勝手の分からないジェシーが待機中。
機材でイタズラをするくらいしかやることがないが、それをガスの手下に見咎められ、「なぜ作ってない」と追及される。
ジェシーから電話で報告を受けたウォルターだったが、ノルマよりも気にかかるのは、病室のあの男のこと。
ジェシーにトゥコに拉致された時のことを問いかけ、奴がメキシコからいとこが来ると言っていたことを思い出す。

ガスからの問い合わせに、ウォルターはノルマの達成が難しいことを告白。
ゲイルのミスを言い訳に、来週に今週の分も合わせて400ポンドのmethを用意することを約束し、なんとかガスの了承を得る。
また病院内で待つうち、ガスがポジョスのオーナーとして差し入れにやって来たとの知らせ。
DEAでハンクに会ったことがあるとのことで、支援を約束して辞去する彼を追いかけて呼び止めると、家族の安全のため、ハンクを襲った男たちについて教えて欲しいと頼み込む。
が、「生き残った暗殺者も先は長くない」と断定され、事実、直後に男の容体が急変し、死に至るのを目の当たりにする。
サラマンカ兄弟の死も、そのボスがメキシコ連邦警察に射殺されたことも、すべてはガスの目論見どおり。

待ち疲れて眠る家族に、医師がハンクの容体が安定したことと、面会の許可を知らせに来る。
病室に通されたマリーは、未だ呼吸器に繋がれた夫にキスをし、その手を握る。


【感想】
ガス怖ぁ~~~~い!ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ
ボスの居所をリークしたり、サラマンカ兄弟の片っぽをマイクに始末させたり!
面倒なことになる前にメキシコの麻薬カルテルとは手を切って、ウォルターたちとの取引に絞るってことね。
それにしても、脚を失ったサラマンカ兄弟(の片っぽ)が這いずって近づいてくるシーン はとんでもなくホラーだったわ!
下手なホラーよりホラーよ!

ウォルターは今のところ ガスの暗躍 に気付いてないってことでいいのよね?
今後それに気付くとしたら、その時いったいどういう行動に出るのかしら…?
ああ怖い(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

ハンクは一応手術成功したらしいけど、まだ目覚めないのかしら。
最後、マリーがハンクの手を握るシーンで、その手がピクッと動いたり するのかと思ったけど。
ま、4発も被弾してるんだもの、そう簡単に目覚めなくても仕方ないわよね。
なんにしろ、ハンクの生命力に・・・あっぱれ!(`・ω・´) b

ゲイルの解雇シーンは笑っちゃったわw
もはやコントよコントw
ウ「私たちは仕事のリズムが違う。私がクラシック音楽だとする。だが君はジャズだ。私が必要としてるのは…」
ゲ「クラシック」
ウ「そのとおり」

絶対来るわ来るわ………ジェシーキタ━(゚∀゚)━!!

あれはどう転んでもクラシックじゃないわ! ヒップホップよ! チェケラッチョよ!w

嗚呼、おバカのジェシー が戻ってきてくれてうれしいわ!
だって、このところのジェシーははっきり言って可愛くなかったもの。
防護服をパンパンに膨らまして、マシュマロマン(今ならベイマックス?) みたいになってたのがツボだわぁw
でも、ハンクのこと「光の方へ行け」とか言っちゃダメよ!

あ、サブタイトルの"I See You"は、ICU(Intensive Care Unit、集中治療室) と掛けてるのね!




ブレイキング・バッド DVD-BOX 全巻セット(SEASON 1-6)

*・゜゜・*:.。. .。.:*
 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
 にほんブログ村
*・゜゜・*:.。. .。.:*
関連記事


コメント

  1. リタミツコ | R3CmE9q6

    S3Ep08観ました!

    ジェシーは、トランクス派なんだな、と冒頭でチェック。え?どうでもいい?w

    >絶対来るわ来るわ………ジェシーキタ━(゚∀゚)━!!
    あそこ、おバカっぽく「わっほーい、すげーぜすげーぜ!」みたいにジェシーが入ってきたのは、ホント笑えましたねー。
    ゲイルが「口から出まかせの言い訳なわけね」と悟って、しらーーーっとした気まずさになってました(笑)
    案内してきた“死神男”の顔にも「アホだぜ、こいつ」と書いてありましたしw
    あとのほうで、キャスター付きの椅子でひゃっほーいと遊んでいるとこなんかも、もう、「Ricky247さん、この子に付ける薬お願いします」という感じでした。

    最終兵器、マリー解放!
    DEAの刑事たちを待合室から追い出してしまいましたね。
    銃を取り上げられたことをガシガシ責められた部長は、涙目でした@多少脚色
    強さを発揮したかと思うと、神経質にフォークの汚れにこだわったりして、マリーはやはりかなりの不思議ちゃんです(笑)
    フォーク話がどこに帰結するのかと思いきや、ウォルターによるすごくいい励ましの言葉になってゆき、うまいなとうなりました。脚本の妙ですね。

    ホント、脚をなくした殺し屋がズリズリズリーと迫ってくるのはホラーでした;;;
    しかし、そのホラーを上回る恐ろしさが、ガスの冷徹さ。
    Ricky247さんに100%唱和します:ガス怖ぁ~~~~い!@ガクブル
    今のところ、ウォルターはガスの“お気に入り”のようですが(じゃなきゃ納期遅れなんて許されませんよね)、その状態が続くよう、ウォルターのために祈っておきます;;;

    ともかく、イノシシが復活してよかった♪
    サブタイは、Ricky247さんに説明されるまで気づきませんでした。なるほど~!

    年内のBB放映もあと1回ですね!最後まで、よろしくお願いします♪

    ところで、記事違いですけど:スパドラで始まる「エレメンタリー」(アメリカ版シャーロック・ホームズ)はどうでしょうね?チェックなさいます?
    私、本家BBCの「Sherlock」は好きなんですが。
    ワトソンが女性、というのはどうなんでしょう。

    ( 18:19 [Edit] )

  2. Ricky247 | -

    リタミツコ さん

    > ジェシーは、トランクス派なんだな、と冒頭でチェック。え?どうでもいい?w

    ワタシでさえチェックしてなかったのに!
    やるわねリタミツコさん!

    > >絶対来るわ来るわ………ジェシーキタ━(゚∀゚)━!!
    > あそこ、おバカっぽく「わっほーい、すげーぜすげーぜ!」みたいにジェシーが入ってきたのは、ホント笑えましたねー。
    > ゲイルが「口から出まかせの言い訳なわけね」と悟って、しらーーーっとした気まずさになってました(笑)
    > 案内してきた“死神男”の顔にも「アホだぜ、こいつ」と書いてありましたしw
    > あとのほうで、キャスター付きの椅子でひゃっほーいと遊んでいるとこなんかも、もう、「Ricky247さん、この子に付ける薬お願いします」という感じでした。

    期待を裏切らないおバカっぷり、やっぱりジェシー好きだわぁw
    あんなのに取って代わられたゲイルは、ほんとにお気の毒としか言いようがないわねw
    残念ですが、バカにつける薬は…( ̄人 ̄)

    > 最終兵器、マリー解放!
    > DEAの刑事たちを待合室から追い出してしまいましたね。
    > 銃を取り上げられたことをガシガシ責められた部長は、涙目でした@多少脚色
    > 強さを発揮したかと思うと、神経質にフォークの汚れにこだわったりして、マリーはやはりかなりの不思議ちゃんです(笑)
    > フォーク話がどこに帰結するのかと思いきや、ウォルターによるすごくいい励ましの言葉になってゆき、うまいなとうなりました。脚本の妙ですね。

    マリーがまた不安定になってきちゃったわね。
    良く言えば"不思議ちゃん"、悪く言えば"イタイ人"かしらw
    フォークの話は、マリーっていうキャラクターのめんどくささを思い出させてくれたわw
    銃を取り上げた上司に抗議するのは分かるけど、ゴメスに「相棒のくせにアンタどこにいたのよ!」っていうのはただの八つ当たりじゃない?
    ハンクがイヤだって言うから、代わりにエルパソに行くことになったのに。

    > ホント、脚をなくした殺し屋がズリズリズリーと迫ってくるのはホラーでした;;;
    > しかし、そのホラーを上回る恐ろしさが、ガスの冷徹さ。
    > Ricky247さんに100%唱和します:ガス怖ぁ~~~~い!@ガクブル
    > 今のところ、ウォルターはガスの“お気に入り”のようですが(じゃなきゃ納期遅れなんて許されませんよね)、その状態が続くよう、ウォルターのために祈っておきます;;;

    ゲイル→ジェシーを許してくれたり、納期遅れを許してくれたり、相当な"お気に入り"みたいね。
    でも、"お気に入り"じゃなくなったときのウォルターの身を考えると……きゃあ怖い!
    ところで、"グスタボ・ガス"っていう名前なのかと思ってたら、"ガス"は"グスタボ"の愛称で、"グスタボ・フリング"が本名なのね。
    しっぱいしっぱい (。・ ω<)ゞ

    > ともかく、イノシシが復活してよかった♪
    > サブタイは、Ricky247さんに説明されるまで気づきませんでした。なるほど~!
    >
    > 年内のBB放映もあと1回ですね!最後まで、よろしくお願いします♪
    >
    > ところで、記事違いですけど:スパドラで始まる「エレメンタリー」(アメリカ版シャーロック・ホームズ)はどうでしょうね?チェックなさいます?
    > 私、本家BBCの「Sherlock」は好きなんですが。
    > ワトソンが女性、というのはどうなんでしょう。

    リタミツコさんがお付き合いしてくれる限り、ワタシ頑張る!

    ワタシ、『Sherlock』は何だかとっつきにくくて、ちょこっと見ただけで諦めちゃったの。
    正直言うと、ベネディクト・カンバーバッチの顔が苦手っていうのも多分にあるし。
    『エレメンタリー』は、ホームズ役ジョニー・リー・ミラーが結構好きだから見るつもりよ。
    ルーシー・リューのワトソンについては、まったくの未知数だけどw

    ( 02:54 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事