ブレイキング・バッド3-7「ハンクの苦しみ」
One Minute


Hank_One_Minute.jpg

【あらすじ】
妻の名を利用した卑劣な嘘に逆上したハンク。
ジェシーの家に突撃し、彼が「俺は何もしてないぞ」とシラを切ろうとも、怒りに任せて拳を振るう。
重傷を負ったジェシーは入院を余儀なくされる。
ハンクの不法行為はDEAの泣き所となり、ソウルからは「君は自由の身だ。良かったな」と言われるも、喜ぶ気にはならない。
見舞いに来たウォルターに謝られても、「全部あんたのせいだ」と撥ねつけ、一生をかけてハンクに復讐することを宣言。
さらに、meth製造をやめるつもりはなく、もし逮捕されればウォルターを売って取引することを言い渡す。
とは言え、ウォルターの心には、ジェシーが考えを改めてくれることを信じる気持ちが残る。

ハンクはアルバカーキ警察の聴取を受け、事の経緯を説明するも、不都合な部分は黙秘権を行使。
後にはOPR(職務責任局)の聴取も控えているうえ、ジェシーが告訴する意向であることを知り、DEA捜査官としても、一個人としても、窮地に立たされる。
局に迎えに来たマリーの胸で涙し、「この件は誰にも言うな」と釘を刺すも、姉妹の間では既に共有済み。

ウォルターの新居にスカイラーが訪ねてくる。
その目的は、ハンクのためジェシーの告訴をやめさせてほしいという頼み事。
「ハンクは家族よ」と迫るスカイラーに対し、ウォルターは「今は違う」と拒否の姿勢を示す一方で、出勤したラボでは解決策に頭を巡らせる。

「家族は絶対だ」――ティオの教え通り、サラマンカ兄弟はいとこトゥコの仇討ちに執念を燃やす。
ただし、ガスの顔を立て、そのターゲットをウォルターからハンクへ変更して。
武器ディーラーに接触すると、彼の身で防弾ベストの性能を確認したうえで、2着を調達する。

ゲイルのミスをでっち上げたウォルターは、ガスにそれを告げるとともにジェシーとの絆を説き、パートナー変更の了承を得る。
すぐに病室に足を運ぶと、ジェシーに対等の取り分150万ドルとパートナーの地位を約束し、新しいラボでともに働くことを持ちかける。
が、ジェシーの答えは「断る」。
「あんたが嫌なんだ。あんたと会って以来、俺は何もかも失ったんだ」と恨み言をぶつけられ、敵愾心から彼の作ったmethを粗悪品だと言ったこともなじられる。
「君のmethは良質だ。私のに劣らない」と本心からの言葉を残して病室を出ると、ほどなくしてジェシーから「分かった。パートナーだ」との電話を受ける。

「俺は少しずつ崩れかけてたんだ」――トゥコの射殺から始まり、エルパソへの異動が決定打となって、精神に変調を来していったことを、ハンクはマリーに打ち明ける。
OPRの聴取ですべてを包み隠さず話した結果、職務停止となり、銃とバッジを返却。
静かに局を去ろうとするが、ボスからジェシーが告訴しない可能性が出てきたという朗報を知らされる。
マリーのために花を買い、家に帰ろうと車に乗り込んだところで、携帯電話が鳴る。
「2人の男がお前を殺しに来る。車に近づいてる。あと1分しかない」
男の不気味なメッセージに不安になり、腰に手を伸ばすも銃は無し。
辺りを見回すうちに1分が過ぎ、バックミラー越しに男の姿が目に入った直後、リアガラスが砕け散る。
右腕に被弾しながらも車をバックさせ、男を後ろの車との間に挟むが、今度は横からもう1人の男が発砲してくる。
最初の男が落とした銃を掴んで辛くも車外に逃げ出し、男の体に数発撃ち込むも効果なし。
右胸と腹部に銃弾を受け、死を覚悟するが、「ダメだ。簡単すぎる」とつぶやいた男の姿が消える。
斧を手に男が戻ってくるが、間一髪、震える手で銃に弾を込め、男の頭を吹き飛ばす。


【感想】
前回と打って変わって、息詰まるようなシリアス展開!(;´ρ`) グッタリ
特に最後の5分くらいは、ワタシ息してたか自信ないわw
ウォルターはスカイラーにはああ言ったけど、結局ハンクを助けたわね。
離婚(成立したんだったかしら?)してもスカイラーのこと愛してるんでしょうし、ハンクもやっぱりまだ "家族" なんだわ。

「あんたと会って以来、俺は大切にしてきたものを何もかも失ったんだ」 っていうジェシーの吐露もかなり重かったわね。
あれにはウォルターもけっこう応えたんじゃないかしら。
ま、確かにそうだけど、全部ウォルターのせいっていうのも違うわよね。
何はともあれ、ウォルターの最後の一言が効いたらしくて、パートナー復活でよかったわ。
これまでも一応パートナーっていう肩書だった気がするけど、名実ともに 、ってことなのかしら。
でも、(´・ω・`)ショボーン としてたゲイルが可哀そう…。

サラマンカ兄弟がしゃべったわ!Σ(゚д゚`)
てっきりしゃべれないか、しゃべらないで通すのかと。
そして、若かりし時のチンチンオヤジがでてきたわね。
髪が黒いだけだったけどw
あの過去のシーンからすると、サラマンカ兄弟はあのオヤジの息子なのかしら?
さて、あの2人がやられたとすると、今度はチンチンオヤジが復讐にやってくるのね!
チ~ン………チ~ン………。

寝室でハンクがマリーに本音をさらけ出すシーン、たっぷり時間をかけてたわね。
こういうところを丁寧に作り込む姿勢、ワタシは評価しちゃうわ。
これまで虚勢を張り続けてたハンクが一気に転換するところだものね。
ハンクを励まして、優しく寄りそうマリーのことも見直したわ(*´ー`*)

ハンクが拾った弾は、武器ディーラーがサラマンカ兄弟に「持っときな」って渡した JHP弾 っていうやつね。
あれを落としてくれたおかげで、ハンクは助かったっていう。
細かいとこまで凝った演出だわぁ。

*・゜゜・*:.。. .。.:*
 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
 にほんブログ村
*・゜゜・*:.。. .。.:*

関連記事


コメント

  1. リタミツコ | R3CmE9q6

    S3Ep07 観ました♪

    いやあ~、今回、終盤であんな死闘が繰り広げられるとは予想していませんでした!
    まるで西部劇の“○○の決闘”みたいでしたね。
    ハンク、かっこよかったぜい!@親指を立ててみせるリタミツコ
    だいぶ撃たれちゃったけど;;;;
    でも、イノシシは丈夫だから復活してくれますよねw

    そこに至るまでも、今回は、ほとんどハンクが主役といってよかったんじゃないでしょうか。
    マリーの胸で泣き崩れる姿は胸が痛みましたし、寝室でトゥコの死からの変化を告白するモノローグも、名演でした。(聞いているマリーの表情もよかった)
    最後「ウソはつけない」と言って、いさぎよくありのままを述べた供述書を提出したのも、一本筋が通っていましたね。

    ジェシーの吐露は、確かに全部ウォルターのせいにするのは無理があるんですが、片目が腫れあがった顔で声を絞りながらの糾弾は、胸に迫るものがありましたね。
    しかし、なんのかんの、ウォルターは先生体質。
    「君のmethは良質だ」と最後に必殺の褒め言葉を与えることによって、がっちり生徒の心をつかみました。あっぱれ(笑)

    ミスの濡れ衣をきせられて職場を追われたゲイル、お気の毒@涙
    しかし、これはあっさり引っ込みそうにないですね。
    おたくにとって理想の職場を奪われた彼が、逆恨みをするとかなんとか、何かトラブルになる匂いがします@くんかくんか

    シーズン3は、全13話だそうですから、折り返し地点を越えましたね。
    さあ!来週はRicky247さんの読み通り、「チンチンおやぢの復讐」かっ?!

    ( 11:09 [Edit] )

  2. Ricky247 | -

    リタミツコ さん

    > いやあ~、今回、終盤であんな死闘が繰り広げられるとは予想していませんでした!
    > まるで西部劇の“○○の決闘”みたいでしたね。
    > ハンク、かっこよかったぜい!@親指を立ててみせるリタミツコ
    > だいぶ撃たれちゃったけど;;;;
    > でも、イノシシは丈夫だから復活してくれますよねw

    ハンクったら、少なくとも3発は被弾してたわよね。
    立派なお腹の脂肪で弾がストップ……なんてのは無理かしらw
    相当な重傷だけど、とにかく生きててくれてよかったわぁ。
    マリーに優しく看病してもらうのよ!

    > そこに至るまでも、今回は、ほとんどハンクが主役といってよかったんじゃないでしょうか。
    > マリーの胸で泣き崩れる姿は胸が痛みましたし、寝室でトゥコの死からの変化を告白するモノローグも、名演でした。(聞いているマリーの表情もよかった)
    > 最後「ウソはつけない」と言って、いさぎよくありのままを述べた供述書を提出したのも、一本筋が通っていましたね。

    警察の聴取には黙秘権を行使してたのに、あの寝室のシーンを挟んで、OPRにはありのままの~♪供述になってたものね。
    ああいう心の変化をはしょらずに描写してくれると、視聴者としてもよりキャラにシンパシーを感じるわ。
    そして、ほんとにハンク役ディーン・ノリスの力量が分かる回だったわね。
    彼は今『アンダー・ザ・ドーム』に出演中だけど、あっちは脚本の質が比べ物にならないから、ディーン・ノリスの無駄遣い状態だわ!

    > ジェシーの吐露は、確かに全部ウォルターのせいにするのは無理があるんですが、片目が腫れあがった顔で声を絞りながらの糾弾は、胸に迫るものがありましたね。
    > しかし、なんのかんの、ウォルターは先生体質。
    > 「君のmethは良質だ」と最後に必殺の褒め言葉を与えることによって、がっちり生徒の心をつかみました。あっぱれ(笑)

    確かに、ウォルターは基本的に先生体質だわね。
    そしたらジェシーのほうは生徒体質かしらw
    何はともあれ、ジェシーを導くことで、ハンク、マリー、スカイラー、もちろん自分も助かって万々歳!
    前のウォルターの化学の授業は生徒が退屈そうだったけど、いくつも修羅場をくぐり抜けてきた今のウォルターの授業はとんでもなく面白くなる気がするわ。

    > ミスの濡れ衣をきせられて職場を追われたゲイル、お気の毒@涙
    > しかし、これはあっさり引っ込みそうにないですね。
    > おたくにとって理想の職場を奪われた彼が、逆恨みをするとかなんとか、何かトラブルになる匂いがします@くんかくんか

    考えてみたら、ジェシーを引き戻すにしても、ゲイルもそのまま置いておくっていうのはダメなのかしら??
    2人の高次元化学トークに入れなくて、ジェシーがいじけちゃう?w
    あれでクビになっちゃうのは、いくらなんでもゲイルがかわいそうだけど、やっぱり一悶着あるのかしらね。
    おなじみIMDbさんによると、出番はまだあるみたいだけど。

    > シーズン3は、全13話だそうですから、折り返し地点を越えましたね。
    > さあ!来週はRicky247さんの読み通り、「チンチンおやぢの復讐」かっ?!

    ってことは、まだ半分あるってことね!
    うれしいような、あらすじ書きが大変なような…w
    ちなみに、ワタシは今回あたりからいよいよ初見な気がするわ。
    ワタシのは"読み"なんてたいそうなもんじゃないのよw
    ただ、チンチンしかできないあのオヤジがどんな手で復讐にやって来るのか考えるとワクワクしない?w

    ( 23:00 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事