ウォーキング・デッド5-7「救出作戦」
Crossed


the-walking-dead-crossed.jpg

【あらすじ】
教会に戻ったダリルとノアは、キャロルとベスを奪還すべく、リック、タイリース、サシャとともにGMS=グレイディ記念病院へと向かう。
病院付近までやって来ると、武力突入を計画するリックに対し、タイリースは被害を最小限にとどめる作戦を提案。
それは、秩序を保とうとするドーンの性質を見越し、警官2人を捕らえてベスとキャロルとの人質交換を狙うというもの。
教会に残ったカールとミショーンは、周囲や扉に防御策を施し、外敵への備えに余念がない。
が、信徒を閉め出した後悔に苛まれるゲイブリエルは、2人の声にも耳を貸さず、執務室に籠る。
そして床板を剥がすと、その穴から教会を脱け出し、独りで森を進む。
道中でウォーカーに襲われるが、その首に十字架のネックレスがあるのを見ては、頭を潰すこともできない。

病院に連れ戻され、雑務に従事するベスだったが、回復の見込みがないとしてキャロルの治療が打ち切られる話を耳にする。
ドーンに食い下がると、「あなたが救いなさい」と渡されたのは薬品棚の鍵。
スティーヴンに相談すると、「何か裏がある」との前置きがありつつも、「エピネフリン5mg。時間はかかるが目覚める可能性はある」と教えられる。
人目を盗んで薬品棚からエピネフリンを取り出すと、キャロルに投与してあとは待つのみ。

銃声を聞き、車で男女の警官が駆け付けてくる。
2人は逃げるノアを捕らえるが、それを取り囲んだのはリックたち。
人質2人の確保完了…と思った直後、もう1台の車が現われ、銃撃戦の末に2人を奪い返される。
追った先には、乗り捨てられた車と融けたアスファルトで身動きが取れなくなった無数のウォーカー。
リック、タイリース、サシャは逃げた2人を追うが、ダリルは不意を突かれてもう1人の男警官に組み伏せられる。
じりじりとウォーカーに近づけられ、絶体絶命のピンチに陥るも、戻ってきたリックに間一髪救われる。

殴ったエイブラハムは呆然自失、殴られたユージーンは目を覚まさず、グレンたちは足止め中。
森で飲み水や魚を探しながら待つうち、どうにかユージーンが意識を取り戻す。

3人の人質を確保したリックたちは、建物内に移動して人質交換作戦を確認。
3人のうち、ノアが「いい人だよ」と評した男警官ラムソンだけが、作戦に協力的な態度を見せる。
ラムソンを見張るサシャは、元仲間のウォーカーがアスファルトで固められているという話に同情し、彼を窓際に連れて行く。
ラムソンの指示した個体に銃口を向けるが、直後、後ろからラムソンの体当たり。
窓に頭を打ちつけて気絶し、ラムソンの逃走を許す。


【感想】
あ~イヤ、また チンタラ展開(´Д`)ウヘェ
ろくすっぽ話が進んでないじゃない!
バス組とか足止め中なんだからほっときなさい!
これだから、メンバーが分かれるとイヤなのよ。
敵に背中を見せるなんて、サシャったらマヌケだわ!
ボブを失って傷心 っていうのを差し引いてもね。
リックも信じかけてたみたいだけど、それでも不用意に背中を見せるなんてことはしないと思うわ。
ラムソンを逃がしたら面倒なことになるから早くとっつかまえなきゃ!

ゲイブリエルって役立たずなばかりか、災厄を招きそう な雰囲気プンプンだわ!
せっかくカールたちが守りを固めてんのに、床下に穴開けるんじゃないわよ!
さっさとウォーカーに喰い殺されておしまい!(*`д´)

ワタシ、ドーンが何考えてるんだか分からないわ。
っていうか、ドーンっていうキャラ自体が。
なんであんなに秩序を保とうとするのか、説明ってあったかしら??
他の警官がドーンに不満を持ちながらも命令に従ってるっていうのも謎だわ。
嫌なら謀反起こせばいいじゃないの。

さあ、次回は 前半の最終話よ!
ベスとキャロルの奪還の件くらいは、ちゃんとケリをつけてくれるのかしら。
次回予告によると、第1話で チラ見せ して以来のモーガンが出てくるみたいね。
っていうか引っ張り過ぎよ!

hulu はシーズン5を配信してないし、FOX以外で見られるのは、今のところdビデオだけ。


【今なら初回31日間無料!!(2014年12月31日まで)】
【dビデオ powered by BeeTV】はユーザー数430万人超の日本最大級の動画配信サービスです。
映画・ドラマ・アニメの約23,000タイトル、約100,000コンテンツが月額500円(税抜)で見放題 スマートフォンはもちろん、TVやタブレット、PCにも対応。



*・゜゜・*:.。. .。.:*
 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
 にほんブログ村
*・゜゜・*:.。. .。.:*
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事