ブレイキング・バッド2-9「荒野の四日間」
4 Days Out


9950-image-1307101866.jpg

【あらすじ】
咳が止まらず、体調に不安を抱えながらPET-CT検診に臨んだウォルター。
結果が出るのは1週間後だが、盗み見たスキャン画像には肺の部分に不気味な影が。
残された時間は短いと考え、家族に遺す金の算段を付けるためグッドマン法律事務所を訪れる。
が、このところ経費がかさんだために、手持ちの金はわずか1万6,000ドル。
さらに、資金洗浄するとなれば、ソウルへの報酬も相まって、大幅に目減りすることになる。
methの大量生産を決意したウォルターは、スカイラーに実家の母親に会いに行くと嘘をついて4日間の自由を確保すると、ただちにジェシーを招集。
が、ジェーンとデートに行きたいジェシーに渋られると、「メチルアミンが悪くなる」という嘘で精製再開を納得させる。
スカイラーにアルバカーキ空港まで送ってもらうと、キャンピングカーのジェシーに拾ってもらい、そのまま人里離れた荒野へ直行。
作業台に車のキーを置いたジェシーに「絶対忘れない所に」と注意して、いざ精製を始める。

2人で一心不乱に精製に取り組んだ結果、約42ポンドのmethが完成する。
その得られる利益は、それぞれ67万2,000ドル。
目のくらむような巨額の利益に、2人は大興奮のハイタッチを交わす。
それでもメチルアミンがある限り精製を続けようとするウォルターに対し、ジェシーは一旦街へ戻って鋭気を養うことを主張し、ウォルターもこれを承諾。
が、絶対忘れない所――シリンダーにキーを挿しておいたジェシーのせいで、車はバッテリー上がりの状態に。

責任のなすり付け合いはそこそこに、2人は車から発電機にガソリンを移し、ケーブル経由でエンジン始動を試みる。
が、こぼれたガソリンに引火、発電機が炎に包まれると、パニックになったジェシーが貴重な飲み水を消火に使ってしまう。
どうにか発電機を動かそうと、ウォルターは微小電流を流し続けて電力を蓄える"トリクル充電"を利用することを考えつく。
手回しするしかないその作業に一縷の望みを託し、ジェシーと交代でハンドルを回し続けるが、それでもエンジンはかからず。
「罰が下ったのさ」と諦めを口にするが、ジェシーの「科学的な解決方法を考えろ。新しいバッテリーとか…」という言葉を受け、閃きが生まれる。
ジェシーに必要な材料をそろえるよう指示し、酸化水銀、亜鉛、水酸化カリウムなどで電池を作り上げる。
やっとのことでエンジン始動に漕ぎ着け、空港へ戻ってくる。

検診のときと同じようにハンク夫妻も含めた家族が集まり、主治医からウォルターのスキャン結果が伝えられる。
最悪の結果を覚悟していたウォルターだったが、「寛解の兆しが。君の悪性腫瘍は80%小さくなった」との主治医の言葉。
スキャン画像の不気味な影も、放射線治療による炎症で問題ないと説明され、思いもしなかった吉報に家族と喜びを分かち合う。


【感想】
ウォルターのステージ3の腺ガンだけど、寛解 ってことでほんとによかったわぁ。
最後、ウォルターがトイレのペーパーホルダーをボコボコに殴ってたけど、どういう感情の表れなのかしら??
早合点で性急な行動に出た自分への怒り?
他には何かあったかしら…?

荒野での2人だけのシーンが大半を占めてた今回。
2人の俳優の演技力がすばらしいってことが浮き彫りになったわね。
あんまり動きの無いシーンが続いたけど、心情は ジェットコースター みたいに急上昇・急降下。
それが表情で、身体で、過不足なく表現されてて圧巻よ。
夕日に浮かぶ2人のシルエットが、一仕事終えた男たち って感じで、カッコ良かったわ!

化学を語るウォルターはほんとにイキイキしてるわねw
ジェシーは「なるほど」って言ってたけど、あの顔は 絶対分かってない顔 だわw
「ワイヤだな」「銅だよ」のやり取りも笑ったわw
ジェシーのヒントで、諦めてたウォルターの目に光が点ったあのシーンは鳥肌ものよ!

ジェシーの失敗に次ぐ失敗に (ノ∀`)アチャー って感じだったわw
ウォルターのウンザリ顔も仕方ないわねw
バッテリー上がりの件は、ジェシーがキーを挿してランプが点いたから、ACC状態 になったってことでいいのかしら。

たった4日で67万ドル稼ぐなんてすごいわね。
目標金額の73万7,000ドル(シーズン2-1参照)なんてすぐじゃない!
ま、現時点では、捕っただけでまだ売れてない狸の皮算用 でしかないんだけど。

ファイナルシーズン一挙放送(10月4日)のCMがやってるわね。
あれ見ただけで、 +(0゚・∀・) + ワクテカ が止まらないわ!w
ワタシはフジテレビNEXTのシーズン3途中までで見るの止まっちゃってて、改めてスパドラの週一放送を見てる身。
シーズン5に辿り着くまではまだずいぶんかかるけど、我慢しようと思ってるわ。
一挙放送は一応録画しておくけど。

*・゜゜・*:.。. .。.:*
 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
 にほんブログ村
*・゜゜・*:.。. .。.:*
関連記事


コメント

  1. リタミツコ | R3CmE9q6

    第9話 観ました♪

    今回のサブタイは「冒険野郎マクガイバー」ですよね?え?違う?w
    いずれにせよ、あの手作り電池には、シビれましたよ。
    バギーカーだのロボットだの、あいかわらずバカなことしか言わないジェシーのとっちらかった発言から、ちゃんとヒントを拾い出して、ひらめくウォルターの頭脳にシビれた、と言うべきか…。

    Ricky247さんのおっしゃるとおり、今回、ほとんど全編2人芝居だったのは、すごいことです。
    役者が下手だったら、目もあてられない退屈さだったでしょう。
    ジャ○ーズ系の棒読み演技で、この時間この展開だったら…と想像すると笑えますね。

    そして、“愛されキャラ ジェシー”(笑)のバカさかげんが、今回も炸裂していましたね。
    発電機に水をバシャっとかけたのに一瞬遅れたタイミングで、消火器をもったウォルターが走りこんできて「あちゃー」となるところや、怒ったウォルターが「お前のバカさ加減は、小さい頃、母親に落とされたせいか?」みたいなことを言うシーンなど、大笑いでした。

    最後の“ペーパーホルダーパンチ”は、ままならぬ人生の皮肉な展開に、歯ぎしりする思いなのを表現しているんじゃないでしょうか。
    頭がいいウォルターにしたら、肺炎の影をガンの進行と勘違いした自分の愚かさが、まず許せないでしょうし。小康状態を得ることが分かっていたら、あせって、突貫工事的な無茶なメス製造をすることもなかったんではないでしょうか。
    でも、もう販売網は広げてしまったし、寛解だろうが何だろうが、もう後戻りできない道に足を踏み入れてしまった自分にイラだっているのかな、と私は思いました。

    小さいセリフですが、寝室でスカイラーがウォルターに「私の前ではポジティブでいてよ!」と言うのを聞いて、「(一概には言えないかもしれませんが)アメリカ社会で生きて行くのって、結構しんどいんだろうなー」と思ってしまいました。
    常に、パワフル&ポジティブでいなければならないのって、疲れそう…。

    ( 20:39 [Edit] )

  2. Ricky247 | -

    リタミツコ さん

    > 今回のサブタイは「冒険野郎マクガイバー」ですよね?え?違う?w
    > いずれにせよ、あの手作り電池には、シビれましたよ。
    > バギーカーだのロボットだの、あいかわらずバカなことしか言わないジェシーのとっちらかった発言から、ちゃんとヒントを拾い出して、ひらめくウォルターの頭脳にシビれた、と言うべきか…。

    ごめんなさ~い「冒険野郎マクガイバー」ネタは分からないわ~w
    これまでもウォルターの化学の知識でいくつも難局を乗り越えてきたけど、今回は一番興奮したかも!
    漫画だったら、頭の上で電球がピカッとなりそうなシーンよねw
    化学に疎いワタシ、ジェシーといっしょで頭の上に???が浮かんでたのはヒ・ミ・ツ♡

    > Ricky247さんのおっしゃるとおり、今回、ほとんど全編2人芝居だったのは、すごいことです。
    > 役者が下手だったら、目もあてられない退屈さだったでしょう。
    > ジャ○ーズ系の棒読み演技で、この時間この展開だったら…と想像すると笑えますね。

    ワタシは逆に想像したくないわ!w
    そんなの見せられたら拷問よ拷問!(*`д´)
    あの2人の間には、お互いの良演技を引き出す好循環が見えるわ。
    ブライアン・クランストンが『ママと恋に落ちるまで』にゲスト出演してたんだけど、ウォルターと全然違うコミカルな演技も魅力的。
    演技の幅に畏れ入ったわ。

    > そして、“愛されキャラ ジェシー”(笑)のバカさかげんが、今回も炸裂していましたね。
    > 発電機に水をバシャっとかけたのに一瞬遅れたタイミングで、消火器をもったウォルターが走りこんできて「あちゃー」となるところや、怒ったウォルターが「お前のバカさ加減は、小さい頃、母親に落とされたせいか?」みたいなことを言うシーンなど、大笑いでした。

    字幕じゃそのへん省かれてたと思うけど、原語じゃそんなこと言ってたのね。
    日本だったら、「お前、脳みそママのお腹に置き忘れてきたのか!?」って感じかしらw
    ワタシも字幕ばっかり追ってないで、もっと原語を聞き取る努力しなきゃダメねw

    > 最後の“ペーパーホルダーパンチ”は、ままならぬ人生の皮肉な展開に、歯ぎしりする思いなのを表現しているんじゃないでしょうか。
    > 頭がいいウォルターにしたら、肺炎の影をガンの進行と勘違いした自分の愚かさが、まず許せないでしょうし。小康状態を得ることが分かっていたら、あせって、突貫工事的な無茶なメス製造をすることもなかったんではないでしょうか。
    > でも、もう販売網は広げてしまったし、寛解だろうが何だろうが、もう後戻りできない道に足を踏み入れてしまった自分にイラだっているのかな、と私は思いました。

    これをまるごとワタシの見解とします!(`・ω・´)
    …だって、ワタシの中でモヤモヤっと漂ってた考えを、すっきりきっちり言語化してくれてるんだものw
    これを踏まえて、次回以降のウォルターの心情を考えていくことにするわ!

    > 小さいセリフですが、寝室でスカイラーがウォルターに「私の前ではポジティブでいてよ!」と言うのを聞いて、「(一概には言えないかもしれませんが)アメリカ社会で生きて行くのって、結構しんどいんだろうなー」と思ってしまいました。
    > 常に、パワフル&ポジティブでいなければならないのって、疲れそう…。

    (日本人的な感覚からすれば)スカイラーったら、なかなか鬼畜なお言葉ねw
    むしろ、「私の前では弱音を吐いていいのよ」って言ってもらいたい気がするわ。
    「パワフル&ポジティブでいなければならない」っていう風潮に、この間のハンクも飲み込まれてたわね。
    ネガティブなワタシは、アメリカの雰囲気はドラマを通して味わうだけでいいわw

    ( 23:10 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事