ブレイキング・バッド2-6「イナイ・イナイ・バァ」
Peekaboo


2x06_-_Peekaboo_13.png

【あらすじ】
報復に及び腰のジェシーだったが、スキニ―ピートにジャンキーカップルの情報を探らせ、男の方のスプージという名前と住所を得る。
スプージの家を探し当て、意を決してそのドアを叩くも応答は無し。
銃把で窓を割って侵入すると、ゴミ溜めのような室内で5歳くらいの男児を見つける。
グレッチェンから電話をもらったスカイラーは、治療費の援助に対する感謝を伝えるが、電話の向こうで彼女が身に覚えのない話に戸惑っていることなど知る由もない。
一方、抗癌剤治療の1サイクルを終え、教職に復帰したウォルターだったが、校内に失踪事件のことが知れ渡っており、落書きされた捜索チラシを目にする。
気を取り直してジュニアとともに帰宅すると、リビングには談笑するスカイラーとグレッチェンの姿が。
ジュニアがグレッチェンに感謝を述べ始めたことに肝を冷やすが、彼女が話を合わせてくれたために事なきを得る。
足早に辞去するグレッチェンを追いかけ、「話をしよう。それまで誰にも話さないでくれ」と懇願すると、不信の表情で車を出す彼女を見送る。

ジェシーは「お腹がすいた」と言う男児に有り合わせの食事を与え、あやしてやっていると、罵り合いながらジャンキーカップルが戻ってくる。
男児をベッドに寝かせた後、背後から近づいてスプージを殴ると、銃口を向けて「俺の金とmethをさっさと返せ!」と迫る。 が、パンツの中から出てきたのは、たったの1/8オンス。
残りは女が失くしたとのことだが、「金で償う」と言い出したスプージに案内されて裏庭へいくと、そこには盗んできたATMが。
それは、食料品店"リオ・グランデ"から店員を殺して強奪してきた代物。

グレッチェンをレストランに呼び出したウォルターは、嘘に巻き込んだことを謝りつつも、嘘をつく理由や金の出どころを問われると、「君には関係のない問題だ」と撥ねつける。
不可解で強硬な態度にグレッチェンが「あなたらしくないわ」の一言を発すると、長年くすぶってきた不満に火がつく。
「君は私の何を知ってるんだ?」と非難し、過去に切り捨てられた恨みをぶちまけると、グレッチェンの同情の言葉にも「クソ食らえ」と返し、物別れになる。
家に戻ると、スカイラーから「話さない?」との提案。
グレッチェンからもう援助できないとの連絡が来たことを聞かされ、そうなった経緯を問い詰められる。
エリオットとグレッチェンに会いに行ったことにし、「破産したのさ」と嘘を重ねて妻の一応の納得を得る。

ハンマーでいくら叩こうと、重く頑丈なATMはビクともしない。
途方に暮れたジェシーは男児といないいないばぁを始めるが、背後からジャンキー女に殴られて昏倒する。
銃とmethを奪われるも、反撃の隙を窺っていると、スプージに罵られてキレた女が彼をATMの下敷きにする修羅場発生。
パニックになりつつ、即死間違いなしのスプージから銃を取り返し、ATMの指紋をできるかぎり拭き取ると、その拍子に現金が飛び出してくる。
慌ててそれをかき集め、911に通報した後、ラリって寝入った女は放って男児を家から連れ出すと、「お前はここで待ってろ」と言い聞かせてその場を後にする。


【感想】
ジャンキー女にちゃんと育児するように説教するなんて、ジェシーはお人好しすぎるわw
おまけに男の子に凄惨な現場を見せないように、"いないいない状態" で連れ出す配慮。
こういうところこそ、ジェシーが愛されキャラたる所以よね!
そしてATMから現金がわんさか飛び出してくるなんて、なんたる幸運!(¥Д¥)

奇声を上げるジャンキー女のイカレっぷりにゾッとしたわΣ(||゚Д゚)ヒィィィィ
あの女優、ほんとに役を演じてるだけなのか疑わしいレベルよねw
女優魂に ゲスト女優賞 をあげたいくらいよ!
ところで、あの子はほんとにジャンキーカップルの子なのかしら??
どっかから拾って来たとか誘拐してきたっていう可能性は…。

ウォルターはどうにかスカイラーを丸め込めてよかったわね。
このところ夫婦仲が最悪だったけど、他の夫婦の不幸 (嘘だけど)のおかげで、ちょっと持ち直したかしら。
とはいえ、もうグレッチェンたちの援助を隠れ蓑にすることはできなくなっちゃったし、今後が困っちゃうわね。

ウォルターとグレッチェンの言うことが真逆だったけど、結局どっちが真実なのかしら??
どっちも、自分にとっての真実 ってことなのかもしれないけど。
レストランでの会話から想像するしかないから、言い争いの部分を書き起こしておくわ。

「君は私の何を知ってるんだ? 君の意見を聞こうか。つまり"私らしい"とは? お情けにすがる男か? 君たちは小切手を振りかざすが、魔法の杖のようにそれで過去が消えると? 私を切り捨てた過去がね」
「何を言うの」
「私の努力と研究の成果で財を築いた」
「それはあんまりよ」
「無邪気に善人ぶるのは相変わらずだ。君はいつも"いい人"を装う」
「あなたが私を捨てた。ニューポートで父たちと話した後、あなたは何も言わず帰ってしまった。あれも私の夢だと?」
「それは君の言い訳だ。私の研究で帝国を築いた」
「よく言えるわね。私とエリオットを捨てて去ったのはあなたよ」
「金持ちのお嬢様のたわ言だ」
「言い返す言葉もないわ。もう話してもムダね。心から同情するわ、ウォルター」
「クソ食らえだ」



*・゜゜・*:.。. .。.:*
 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
 にほんブログ村
*・゜゜・*:.。. .。.:*
関連記事


コメント

  1. リタミツコ | R3CmE9q6

    第6話、観ました♪

    正直言うと今回は、これまでで一番、停滞気味の話運びに感じられました。
    というのも、ジェシーのイイ人ネタはもう出尽くして(私たちの間でも愛されキャラの称号を得ているくらいですから!w)、子供が出てきた時点で、どのような展開になるか読めてしまったんですね。
    ジャンキー夫婦の迫真の演技は、Ricky247さんおっしゃるとおり見事なものでしたが、話運びとしては、男ジャンキーがATMの下にもぐってるのを見た段階で、「きっと下敷きになるんだろうな~」と読めてしまうんですね。

    まあ、普段がすばらしいだけに、BBの脚本陣には注文が厳しくなってしまうのですが、今回はバランス的に、ウォルターとグレッチェンの過去バナに、もっと時間を割いてほしかったです。
    以前、回顧シーンで2人の会話を見せていたみたいに、“ニューポートでのこと”を再現して見せてほしかったな。
    ひっぱって後で詳細を…とも思えないし、これはこれでおしまいなのですよね、きっと?

    エリオット&グレッチェンにお金を借りたというウソが、スカイラーにバレなかったのも、ちょっと無理があるように思いました。
    最近、疑心暗鬼になってたスカイラーだから、もっと敏感に“何かある”と感じそう。
    妻の勘&女の勘はどうした、スカイラー!とTVの前で声をかけたワタクシでした(笑)

    ( 13:42 [Edit] )

  2. Ricky247 | -

    リタミツコ さん

    確かに、進展と言えるような進展の無い回だったわねえ。
    でも、このドラマの脚本に無駄な部分など……
    ってことで、次回以降の展開には期待していいと思うわ!

    下敷きスプラッタ展開を読むなんてさすがリタミツコさんね!
    ピュアなワタシは、初見のときはおったまげたのよw
    結局、あんなジャンキーカップルにも非情になれないジェシーには、"ティコになる"なんて到底無理な話よねw

    今回のスカイラーはずいぶんあっさり信じてくれちゃったわよねw
    あんなに鈍かったら、これまでだってウォルターは苦労しなかったはずだわw
    ウォルターとグレッチェンの過去については、もうちょっと詳しく描いて欲しい気もするけど、若作りウォルターを長々と見るのはキツイかしらw

    今回は、前回おかしくなっちゃったハンクが出番無しで気になるわ。
    また元気に卑猥なジョークとばして欲しいけど…。

    ( 20:47 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事