ブレイキング・バッド2-1「737000」
Seven Thirty-Seven


pinkbear.jpg

【あらすじ】
トゥコにボコボコにされた手下ノー・ドーズはそのまま息絶え、仲間のゴンゾの手で廃車の下に置き去りにされる。
それを目の当たりにしたウォルターとジェシーは、仮に目標金額に達して無事に取引を終えられても、用済みになってトゥコに始末されることを想像して震え上がる。
動揺したまま家に戻ったウォルターは、スカイラーの気持ちを無視して乱暴なセックスを迫り、妻の逆鱗に触れる。
一方、トゥコの影に怯えるジェシーは、非合法に銃を調達。
「殺らなかったら俺たちが殺られる」と先手を打つことをウォルターに主張するが、計画の甘さを指摘され反論ができない。

スカイラーに無視され続け、マリーが情緒不安定に陥っていることに気を揉むハンク。
それはさておき職場へ向かうと、盗難のあった薬品保管庫の監視映像をチェックし、テルミットを使ったうえ、メチルアミン目的の侵入であることから、相当な化学的知識を持つ者の犯行だと踏む。

ジェシーを思いとどまらせたものの、ウォルターもかかってくる電話や自宅周辺の不審な車に言い知れぬ不安が募っていく。
「私に考えが」とジェシーに切り出すと、トウゴマの種からリシンを抽出し、検視の目も欺けるこの猛毒でトゥコを謀殺することを持ちかける。

突然のハンクの訪問に驚いたスカイラーだったが、すぐにマリーとのことだと悟って耳を貸さない。
それでも「俺のために頼む」と粘るハンクに、マリーが万引きしていたことを明かす。
が、そんなことは先刻承知のハンクからマリーがセラピーに掛かっていることを告げられ、さらに「俺たちのサポートが必要なんだ」と身勝手なセリフ。
「サポートが必要なのは私」と言い返し、予想外の高齢妊娠、夫の肺ガン、夫に対する不信、経済的な困窮と八方ふさがりな状況を並べ立ててブチ切れる。

ウォルターはジェシーとともにリシンをまぶしたmethを用意し、トゥコ謀殺の算段を話し合う。
それは、次の取引の際に"新製品"としてトゥコに試させ、48~72時間後に死に至らせるというもの。
そのとき、ハンクから姉妹の仲をこじれさせた謝罪の電話を受け、次いで廃車置き場のノー・ドーズとゴンゾの無残な死体画像が送られてくる。
トゥコの所業と直感し、血相を変えて銃を掴むと、ジェシーには「今すぐ街を出ろ」と指示して急ぎ家族のもとへ。
実際は、ゴンゾの死が不憫なノー・ドーズの死体を動かそうとして腕を潰された結果であるとは知らず。

家に辿り着いたウォルターは、とりあえずスカイラーとジュニアの無事を確認すると、銃と稼いだ金をおむつの箱に隠す。
待ったなしの状況に観念してスカイラーにすべてを打ち明けようとするが、ジェシーが表に車で乗り付けるのを見つけて飛び出す。
「どういうつもりだ」とジェシーをどやしつけるが、その後部座席には銃を持ったトゥコの姿が。
「乗れ」と脅され、ジェシーともども死地への旅に連れ出される。


【感想】
初っ端から なんてスリリングな展開 なの!Σ(||゚Д゚)ヒィィィィ
いきなりヌッと現れるトゥコ、まじで怖いわ!
ウォルターとジェシーの運命やいかに!

マリーのイカれっぷりが徐々に明らかになってきたわね。
ブチ切れてたスカイラーもちょっと そのケが無くはない 感じに思えるけどw
この姉妹に挟まれたウォルターとハンクはきっとこれから大変よ~w

ウォルターは残された家族の教育費やら生活費やらのために73万7000ドル(今回のサブタイトルね)稼ぐつもりらしいわよ。
で、それを11週間でやろうとか考えててスゴイわw
テルミットとか新しい精製法とかリシンとか、化学の知識を駆使して難局を乗り切る ってとこにもしびれちゃう!

一番最初に、焼け焦げた ピンクのクマのぬいぐるみ が出てきたわよね。
なんだか忘れたけど、あとできっちり 「あ、これだったのね」 ってスッキリしたのだけは覚えてるわ。
だから覚えておいた方がいいはず。
…たぶん(^д^;)

ワタシにシーズン2も書き切るチカラをちょうだい!
   ↓   ↓   ↓   ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

  1. リタミツコ | R3CmE9q6

    いよいよシーズン2!

    わは!シーズン1のクリフハンガーより、シーズン2第1話の最後のクリフハンガーのほうがすごいって、どういうことでしょう?!
    第2話が待ちきれない~!と、まんまと製作陣の戦略に乗ってしまっている、ワタクシです。
    意味ありげに映っていたピンクのクマの種明かしも、楽しみです。

    細かいことですが、私が気になったのが、現金&銃の隠し場所。
    なぜ、オムツの箱?!一番スカイラーに見つかりそうなのに。
    しかも、銃を持たないまま、トゥコにつかまってしまって、きゃ~、どうなるの~?!
    カギとなるのは、作ったリシンが今どこにあるのか?でしょうか。

    ハンクは単なる能天気デカじゃなくて、奥さんのことで苦労しているヒトだったんですね。
    マリーの闇は、思ったより深いようで。
    しかも話が進むにつれ、ウォルターとはいずれ対決する運命ですよねぇ。どうなるんでしょう。

    Ricky247さん、シーズン2も、よろしくお願いしますね♪

    ( 17:49 [Edit] )

  2. Ricky247 | -

    リタミツコ さん

    シーズン2にもいらっしゃ~い♪
    リタミツコさんがさらに楽しんでくれてるみたいで、ワタシうれしい!

    わりと静かに終わったシーズン1から、第1話なのにすでに絶体絶命のシーズン2!
    この緩急の差にワタシたち翻弄されてるわねw
    面白いドラマは待たされてる1週間さえ楽しい気がするわ。

    オムツの箱に隠したのは、手近なところにあったのと、とりあえず赤ん坊が生まれるまでは開けないだろうっていう計算からかしらね。
    それでも家の中に隠すのはリスクあるわよねえ。

    ハンクって表面的な印象とかなり違う一面も持ってるキャラで、そのギャップがまたいいわよね。
    演じるディーン・ノリスは、これの演技が評価されてかは分からないけど、最近他のドラマでもよく見るわ。
    "ハイゼンベルク"を追い詰める立場だけど、同時にウォルターを気遣って支える良き義弟。
    確かに、いずれ訪れるであろう2人の対決を考えると切ない気持ちになるわ…。

    リタミツコさんがコメントくれないと、ワタシ書き続けられないんだから!

    ( 20:58 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事