乗り遅れ?何それ(;゚з゚)~♪『ゲーム・オブ・スローンズ』


これまで『ザ・ソプラノズ』『OZ/オズ』『Six Feet Under』『ボードウォーク・エンパイア』『アントラージュ』など、数々の独創的なドラマを世に出してきたHBO。
今度はまた どエラいファンタジードラマ を作ったもんだわ…。

夏と冬が不規則に巡る世界、七王国を舞台に、覇権をめぐって陰謀と策略が渦巻く人間ドラマと壮絶な争いが繰り広げられる。
300年前に七つの国が統一され、七王国としてひとつになった大陸“ウェスタロス”。
だがその覇権をめぐっては、未だに政治的な陰謀が繰り広げられていた。
あるとき、現在の王ロバートの“王の手”と呼ばれる側近が暗殺される。
危機を感じた王は親友であるスターク卿(ショーン・ビーン)を、新たに“王の手”に任命。
しかし七王家による王位を狙う攻防は激しさを増していく。
一方で、滅びたとされていた異形集団ホワイト・ウォーカーによる残虐な殺しも多発しており不気味さを増す。
策略、欲望、陰謀の数々は南の大地から広大で荒涼とした東方の大地へ、そして闇の力から王国を守る高さ200メートルの“壁”がそびえる凍てつく北方の地へと広がっていく。
王、王妃、騎士、裏切り者、騙す者、誠実なる者……誰もが“玉座をめぐるゲーム”を繰り広げる。栄光か、破滅か、バトルを制するのは、誰だ。
ワーナー公式サイトより)


まだ第一章(シーズン1ってことね)の第5話までしか見てないけど、何これヤバい(゚∀゚;)
ファンタジー物って、少しでも "作りもの感" が出てると、途端に冷めちゃうじゃない?
この『ゲーム・オブ・スローンズ』もどうかしらって思いながら見始めたんだけど、まったく心配無用だったわ。
第1話めでずっぽり引き込まれちゃったものw
数多の人物・勢力が複雑に絡み合うドラマだから、1話ずつしっかり理解してから進もうと思いつつ、気付くと次の話を見始めちゃってるわw

架空の場所、時代を舞台にしたファンタジー物(って言っても、序盤ではファンタジー色はまだ薄めね)だけど、土台になってるのは中世ヨーロッパ。
ファンタジー物とか時代物って、まずはその世界観をがっつり表現することが重要だけど、お金をかけずにやるって絶対不可能よね。
城や街のセットだったり、画面上の人数だったり、武具や衣装だったり、物理的なものにはお金がかかるんだもの。
その点、この『ゲーム・オブ・スローンズ』はとにかくお金かけてるのが分かるし、総じてクオリティ高いわ。
部分的にはCG使ったりもしてるんでしょうけど、ワタシくらいじゃまったく気にならないレベル。
1話につき製作費約600万ドル っていうのは伊達じゃないわね。


第一章の第5話終了時点で、すでに相当な数のキャラが登場してるわ。
それでも、夢中で見ていくうちに自然と個々の性格や関係も把握できるし、分からないところは相関図とかで補完すれば無問題。
そして、そんなにたくさんのキャラがいても、単に善人とか悪人とか、一面的に描かれてるキャラが出て来ないってすごいわ。
("卑小"の一言で片付いちゃうヴィセーリス・ターガリエンは別かもw)
ファンタジーっていっても、キャラの人物造形はあくまでもリアル
欲望にまみれた人間の生々しさは普遍的だものね。

見る側としては、感情移入できるキャラが見つかると、よりいっそう楽しめるんじゃないかしら。
ワタシの場合は、いまのところ ジョン・スノウくん ね。
Jon-snow-game-of-thrones.jpg
スターク公ネッドの"落とし子"(外で産ませた子)だから、妬まれたり疎まれたりの辛い境遇で育ちながら、自ら運命を切り拓こうとする姿が眩しいわ。
ジョンも含め、変化や成長が期待できる若者は注目ね。
お転婆アリア、九死に一生を得たブラン、自分を解放し始めたデナーリスとか。
あとは、スターク家の5人の子それぞれに与えられた5匹のダイアウルフも気になるわ。
あ、ジョンにもアルビノのダイアウルフがいるんだったわ。


スターチャンネルではもうすぐ第四章が始まろうっていうのに、ワタシときたらすごい乗り遅れ感!
でもファンタジー物のいいところって、時が経っても古臭くならないところよねw
スターチャンネルが一挙放送(無料!)してくれた第二章までを存分に味わって見ていくことにするわ。
さて、第三章の一挙放送は無料じゃないからどうしましょ?
レンタル開始は9月…( ̄へ ̄;むむむ

ワーナー公式サイトで第1話の無料視聴ができるから、未見の人はとりあえず見てみるのがいいわ!
あ、首チョンパ&オッパイ丸出しって感じのエログロ満載だから、お子様の視聴は厳禁ね!

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
関連記事


コメント

  1. お~!!

    この記事に、コメントしたくて、たまらなかったんですけど~。
    時間がなくって、やっと、コメントできました~。

     Ricky247さんの、評価読んで、ばんざーい!!
    そうですよねそうですよね!!
    やっぱり、面白いですよね。
     
    そうなんですよね。人物関係とか、曖昧なおに、後から、
    ちゃんと付いてくるっていうね・・・。
     良く理解してなくとも、面白い・・・・。

    Ricky247さんは、ジョン・スノウなんですね~。
    おぼっちゃんから、ちょっとずつ成長していく感じがいいですよね~。
    そういう意味では、それぞれの成長が、興味深いですね。

    ヴィセーリス・ターガリエンのアホさぶりには、もう、快感に近いものがありました(笑)

     私は、シーズン3を観始めたところです。
    夏休みに突入し、なかなか、海外ドラマに時間をとれないのが、
    ストレスです。

    ( 10:50 )

  2. Ricky247 | -

    もふぁ さん

    > この記事に、コメントしたくて、たまらなかったんですけど~。
    > 時間がなくって、やっと、コメントできました~。

    夏休みがうれしいのは子供だけで、お母さんは忙しいのね~。
    このレビューはもふぁさんへの私信に近いから、読んでくれてうれしいわw

    >  Ricky247さんの、評価読んで、ばんざーい!!
    > そうですよねそうですよね!!
    > やっぱり、面白いですよね。

    また面白い作品に出逢って、うれしいやら、さらに時間がなくなって困るやら…w
    こうなったらもふぁさんに紹介返ししなくっちゃ!

    > そうなんですよね。人物関係とか、曖昧なおに、後から、
    > ちゃんと付いてくるっていうね・・・。
    >  良く理解してなくとも、面白い・・・・。

    そういうところに作品のクオリティっていうか、製作陣の力量が表れて来るわよね。
    じゃなかったら、途中で放り出したくなる人間関係の複雑さだものw
    ネットで相関図を探すと、シーズン3くらいの内容まで盛り込まれちゃってるのが困りものだわ…。

    > Ricky247さんは、ジョン・スノウなんですね~。
    > おぼっちゃんから、ちょっとずつ成長していく感じがいいですよね~。
    > そういう意味では、それぞれの成長が、興味深いですね。
    >
    > ヴィセーリス・ターガリエンのアホさぶりには、もう、快感に近いものがありました(笑)

    腹に一物抱えてるキャラ多数の中、ジョンくんのまっすぐさがまぶしいの。
    そして名前のせいかしら、なんだか彼のことが犬っぽく思えてきたわ…。
    ナデナデしたい…(*´д`*)
    ヴィセーリスのあまりにもあっけない最期には笑っちゃったわw

    >  私は、シーズン3を観始めたところです。
    > 夏休みに突入し、なかなか、海外ドラマに時間をとれないのが、
    > ストレスです。

    はるか先を行くウサギのもふぁさんはそこで昼寝してていいのよ!
    カメのワタシはノロノロ歩きで追いつけ追い越せよ!

    ( 00:12 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事