ブレイキング・バッド1-7「犯罪の境界線」
A No-Rough-Stuff-Type Deal



【あらすじ】
治療のため高校を休職したウォルターは、制吐剤の効果か心身が充実し、所構わずスカイラーとの情事に耽る。
一方、警察は備品の窃盗犯がヒューゴではないと踏み、捜査の手を緩める様子はない。


退院して自宅療養の身のジェシーは、ウォルターの訪問を受け、トゥコからせしめたという大金を驚きとともに受け取る。
が、自分を病院送りにした危険な相手と、無断で新たな取引をしたウォルターを責め、さらに meth 2ポンドを精製するのに必要なだけの風邪薬など調達不可能だとまくしたてる。

ウォルターはトゥコとの取引に郊外の廃車置き場を設定したため、「わざと人目に付く場所でやるもんだ」とジェシーから呆れられる。
トゥコが手下2人を引き連れて現れ、用意できた meth(4分の1ほど)の分しか支払われないが、「先行投資だ」と当初の約束通りの金額を要求する。
もちろんそんな都合のいい話がトゥコに通るわけもなく、高利で借りる形になり、次回取引までに返済分を含めて4ポンドの meth を作る必要に迫られる。
ジェシーに正気を疑われるが、代案として新たな精製方法を示したうえで、複雑な材料と器具の調達に及び腰の彼を説得し、リストを渡す。

妊婦のスカイラーは、友人たちにベイビーシャワーを開いてもらい、マリーから贈られたのは赤ちゃん用の高価なティアラ。
贅沢品は不要なため、マリーには内緒で店に返品に訪れるが、そのティアラが盗まれたものだと聞かされる。
警察へ引き渡されそうになるが、産気づいた芝居で辛くも逃れると、電話にも出ず逃げ回るマリーを捕まえ問い質す。
が、返品したことを逆に責められ、盗品であることを認めようとせず当然謝りもしない妹に言葉を失う。

ウォルターはスカイラーに自然療法を試すと告げ、その実、週末をジェシーとの meth 精製合宿に費やすことにする。
しかしリストの中のメチルアミンだけが手に入らず、金も底を尽きたため、化学薬品保管庫へ盗みに入ることを決める。
夜の闇に紛れ、2人はスキーマスク着用で保管庫に忍び込むと、巡回の警備員をトイレに閉じ込め、テルミット反応を利用して頑丈なドアを破壊。
警報が鳴り響く中、予定よりも大きな容量のメチルアミンをやっとのことで運び出す。
stealing_methylamine.jpg

キャンピングカーが故障したため、ウォルターたちは売りに出そうとしていたジェシーの家の地下室で新しい meth の精製を始める。
が、家の見学会の中止が業者に伝わらず、見学者が家に足を踏み入れてくるピンチ。
それでも必死に地下室への侵入だけは阻止し、どうにか精製を終える。

出来上がった meth は材料変更のために青みを帯びた物になるが、再び廃車置き場での取引に現れたトゥコのお眼鏡に適う。
ウォルターたちは大金を手にするが、余計なことを言ったトゥコの手下がボコボコにされるのを目にし、明日は我が身となる可能性を改めて思い知らされる。


【感想】
トゥコのキレ方、何よあれ((;゚Д゚)ガクガクブルブル
あんなの見せられたらドン引きどころの騒ぎじゃないわw
現状、まとまった金額を得るにはトゥコと取引するしかないけど、末永いお付き合いは遠慮したいわよねえ。

イカれたトゥコとの取引に加えて、ハンクたちDEAにも追われて、この綱渡り状態が今後も続くなんて、ウォルターたち大変ね!
見てる側も一緒になってハラハラドキドキ疲れるわ!w

ウォルターとハンクの、「犯罪の境界線」についての話は深いわ。
殺人とか窃盗ならいつの時代どこの場所ででも犯罪にあたるけど、麻薬とかに関してはその時代や社会の実情によって犯罪になるか否かが変わってくるんだものね。
前者を自然法、後者を実定法っていうんだったかしら、むかし勉強したのをうっすら覚えてるわw
今は脱法ハーブがなにかと話題だけど、規制薬物には該当しないように成分を変えていくから厄介なのよね。

これでやっとシーズン1終了よ~。
しかし7話分とは思えないような濃密なストーリーだったわね。
そして、続くシーズン2は13話まであるのよ!
約2倍(当シーズン比)の見応え!w

さて、ここまでのあらすじはフジテレビのCSで放送してたときに書いたのを手直ししたもの。
この後のシーズン2のあらすじも書けたら書きたいけど…。

*・゜゜・*:.。. .。.:*
 にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
 にほんブログ村
*・゜゜・*:.。. .。.:*
関連記事


コメント

  1. リタミツコ | R3CmE9q6

    S1最終話!

    正直、Season1最終話にしては、地味でしたね。あれ?これで終わり?って感じで。
    先週の爆発ドカンが派手だったので、“トゥコの切れっぷりにあんぐりして終わり…”というのが何となく、あっけなかったです。
    マリーの万引き話に、結構な時間を割いていたのが不思議でした。後々関係してくるのかしら?
    まあ、これも、「無理なクリフハンガーをやらなくても、脚本がいいから視聴者はついてくるぜい!」という製作陣の自信の表れなのかもしれませんね。
    これで、週1視聴組は、1週間お休み…月末のS2開始が楽しみです。

    ( 14:33 [Edit] )

  2. Ricky247 | -

    リタミツコ さん

    最後までお付き合いありがと~♪

    前回のド派手な爆発に比べたら確かに地味な終わり方だったわねw
    でも、こんな感じの肩透かしもワタシ嫌いじゃないわw
    今回は素人泥棒コンビとか見学会の大慌てとか、コメディ的な意味でも面白かったわw

    マリーの万引き話は、後々のための伏線とかではなかった気がするけど(あんまり覚えてないのw)、前回わりと良識派かと思わせといて実は盗癖ありっていう、キャラの描き込みくらいの意味かしらね。
    あとは、それにからめてウォルターに「家族のために罪を犯す時もある」って語らせたかったからかも。

    シーズン2からは木曜23時が初回放送になるのね。
    予約変更しましょ!

    ( 00:23 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事