ブレイキング・バッド1-6「最強のワル」
Crazy Handful of Nothin'



【あらすじ】
ウォルターは meth 精製は自分、それを売るのはジェシー、と役割分担を明確にしたうえで、2人の "事業" を再開させる。
一方で化学治療が始まるが、スカイラーにはその治療費をエリオットに負担してもらっていると嘘をついたまま。


ジェシーはウォルターの体に現れた斑点から、彼がガンを患い、それが危険なビジネスを始めた理由だと悟る。
また、化学治療により弱ったウォルターに代わって meth 精製の役を担い、それをストリートで売り捌く役もこなすという活躍を見せる。
ところがまとまった量が捌けてないことをウォルターに責められ、クレイジー・エイトに代わって卸売りのポジションにいるトゥコという男の存在を明かす。

証拠品のガスマスクの出所を知ったハンクは、高校で勤務中のウォルターを訪ね、このマスクがそこの備品であることを示す。
ウォルターと一緒に備品保管庫へ赴き、meth 精製に使える多数の備品が消えていることを確認するが、生真面目な義兄の仕業とは夢にも思わない。
捜査の手が迫っていることを思い知ったウォルターは、体調不良を気遣ってくれた用務員のヒューゴが備品の窃盗容疑で逮捕、連行されていくのを見守るしかない。

ウォルターから腰抜け呼ばわりされたジェシーは、トゥコが危険な男と知りながら、伝手を使ってそのアジトを訪れる。
ビビりながらも自慢の meth を差し出すと、その質の良さから、言い値での取引成立に漕ぎ着けるが、代金後払いという条件はどうにも承服できない。
新顔の生意気な態度にキレたトゥコは、ジェシーをタコ殴りにする。

化学治療は猛烈な吐き気の他に脱毛という副作用をもたらし、ウォルターは潔く髪を剃り上げる。
が、その姿はまるで悪役。
病院送りにされたジェシーを見舞った後、お手製のブツを手にトゥコのアジトに乗り込むと、奪われた meth の代金とジェシーへの慰謝料、〆て5万ドルの要求を突き付ける。
トゥコに鼻で笑われるが、おもむろに奴が meth だと思い込んでいるブツ(実は雷酸水銀の結晶)を投げつけ、大爆発を引き起こす。
恐れ入ったトゥコから金を受け取り、さらに meth 2ポンドの追加注文を受けてアジトを後にする。
bb.png


【感想】
ハンクは優秀な捜査官に違いないんだけど、固定観念とか先入観からかしら、こんなに身近な人間が犯人だとは思わないんでしょうね。
ウォルターのブラフも見抜けなかったしw
まさに灯台下暗しね!

ウォルターの大胆行動に度肝抜かれたわw
何気に嘘つくのも堂に入っててポーカーフェイスだしw
これは余命宣告されて人が変わったと考えるべきなのかしら?
それともウォルターに内在してた本質が出てきただけ?

精製に売買にと奔走した末、ボッコボコにされるジェシーが不憫だわ…(´д⊂)
けっこうウォルターに振り回されてるわよねw
イキがってるけど小心者、ワルぶってるけど意外とイイ奴、ジェシーのキャラって憎めないのよねw


何度見てもかっこいいロゴ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

  1. リタミツコ | R3CmE9q6

    第6話観ました!

    いや~、今回は“悪の華、開花”って感じで面白かったです。
    死を覚悟した人間に怖いモノなし、ですね。
    最後に、雷酸水銀を持って乗り込んでいき、きっちり子分ジェシー(もはや相棒じゃなくて子分って感じw)がやられた落とし前をつけるところが、カタルシス♪でした。
    トゥコもヤな奴でしたが、最後、ウォルターの度胸を認めて、ちゃっかり取引を持ちかけるあたり、やはり元締めになるだけの頭がある男なんだなと思いました。

    用務員さんヒューゴのエピは心が痛みました…。これは、このままなのかな。
    “エリオットから小切手をもらった”というウソも、いずれはスカイラーにバレそうですね。どうする、ウォルター。
    しかし、ニブいハンクには簡単にバレそうにない気がするのは、なぜ@許せハンクw
    ウォルターとハンク、2人のインテリジェンスの違いが際立ったポーカーのシーンは、面白かったです。

    そしてRicky247さんお気に入り(?)のジェシー・ピンクマンのキャラ、絶妙ですね。
    ワルぶってるんだけど、あの麻薬の巣窟の、本当にヤバい連中(よくああゆうヤバい顔の役者&エキストラを集めるもんですね、すごい!)に混じると、どこか本来のお育ちのいい、坊やっぽい、ひょろひょろしたところが透けて見えるのが面白いです。
    彼がついウォルター“先生”に従ってしまうのも、ワルになりきれない坊っちゃんな部分が残っているからなんでしょうか。

    ( 20:13 [Edit] )

  2. Ricky247 | -

    リタミツコ さん

    ここ2、3回のじっくり描く流れもいいけど、やっぱり精製を再開すると勢いが出てきて面白いわね。
    最後の雷酸水銀は、ワタシも初見の時はまんまと騙されたわw
    ちゃんと伏線が張ってあったけど、さりげなさすぎて気付かないってばw
    トゥコのキャラも強烈よねw
    あれに立ち向かっていくウォルターにおそれいったわ!

    ヒューゴはあんなにいい奴だったのにね…( ´Д⊂ヽ
    ま、ウォルターのために犠牲になってもらいましょっ(薄情)。
    ほんとにハンクとウォルターは対照的でおもしろいわよね。
    かたや粗野で下品で意外と小心。かたや几帳面で堅物で意外と大胆
    それでいてけっこうウマが合うところがまたおもしろいけど、真相に迫ればそうもいかなくなっちゃうのね…。

    うふふ、リタミツコさんもジェシーの魅力にハマってきちゃったかしら?w
    あんなに頑張った末に、ボコボコにされて入院してる姿がいじましくて…。
    あれを見たらウォルターだって罪悪感持つわよね。

    そしてあのウォルターのスキンヘッド!
    髪がごそっと抜けるシーンはゾッとしたけど、あそこで全部剃っちゃう潔さ!
    ちょうどyahooニュースで読んだんだけど、どこぞのキノコ俳優が「映画で丸刈り初披露」とかいいながら思いっきりヅラ被ってるのとは大違いだわ!

    ( 00:51 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事