The Werewolf Transformation

【あらすじ】
行きつけの理容室にやって来たシェルドンだったが、いつも散髪してくれているドノフリオさんの入院を告げられ、彼以外には切られたくないため駄々をこねる。
一方、ハワードは宇宙飛行士としての訓練のためヒューストンへ。
離ればなれになったバーナデットにビデオチャットでその日にやった無重力訓練の様子を報告するが、吐きまくり笑われまくりの話で彼女を心配させる。

散髪のルーティンが崩れ、焦ったシェルドンは意識の無いドノフリオさんの病室にまで押しかけるが、精神病患者と間違えられて退散。
DSC_0945.jpg
そして6日が過ぎ、何も悪いことが起きないことに気付くと、ルーティンに縛られて生活してきたことがバカらしく思えてくる。

無重力訓練に続きサバイバル訓練でボロボロになったハワードの様子に、バーナデットはいてもたってもいられなくなる。
すぐにヒューストンへ飛び、「サプラ~イズ!」とハワードのホテルの部屋を訪ねるが、聞き慣れたがなり声が耳に入り、ハワードママも同行していたことにガックリ。

深夜3時、レナードは奇妙な音で起こされる。
リビングに行ってみれば、ボンゴを打ち鳴らしつつ即興で歌うシェルドンの姿。
夜10時以降の騒音に関するルームメイト協定を持ち出すが、秩序を忘れ壊れかけたシェルドンには何の意味もなく、「音楽に導かれるまま」出ていく彼を見送る。
翌朝、エイミーから連絡を受けたペニーは、レナードとともにシェルドンを迎えに行くと、「家に帰りましょ。私のことを信じて髪を切らせてちょうだい」と説得。
それに応じたシェルドンを連れ帰り、散髪してやると意外にも「やるねペニー」と好評価。
が、シェルドンが仕上げのバリカンをくすぐったがり、襟足をそり落としたことに気付くのは時間の問題。

【感想】
バリカンの手元が狂ってジョリッとか、ベタベタなオチだったわねw
でも嫌いじゃないわw
シェルドンはルーティンが壊れちゃうと本人まで壊れるのねw
シェルドンのわがままにイラっとしたら力づくでルーティンを崩しちゃえばいいってこと?
あ、でも夜中にボンゴ叩き始められちゃたまんないわねw

ハワードったらNASAの訓練までママと一緒だとは読めなかったわw
せっかく心配して飛んでったバーナデットがバカみたいじゃないw
ところでサバイバル訓練って意味あるのかしら??
宇宙ステーションの中で過ごすことと何の関係もない気がするんだけど。

★朗報★
DVDはAMAZONでの販売だけだと思ったら、TSUTAYAで10月23日レンタル開始ですって!



応援の「ポチッ」お願いよ!
  (・ω・)ノシ

 ↓   ↓   ↓
*・゜゜・*:.。. .。.:*
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
*・゜゜・*:.。. .。.:*
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事