The Vacation Solution

【あらすじ】
ザイベルト学長から強制的に休暇を取らされたシェルドン。
何をすればいいのか分からず、レナードの車に隠れて大学に忍び込もうとするも失敗。
一方、バーナデットは父親からハワードに離婚後の財産分与の同意書にサインさせるよう言われて悩み、ペニーとエイミーに相談を持ちかける。
他分野の見分を広げるため、シェルドンはエイミーの生物学研究室を訪ねる。
が、ビーカーを洗ったりバクテリアの芽胞を数えたりとエイミーから雑用を言いつけられたことに不満を持ち、それすらこなせないにも関わらず「簡単すぎて駄目なんだ」と大口を叩く。
エイミーから「じゃあ脳からセイハンカクを切り取って」と理解不能な専門用語で仕事を任せられるが、自分の指を切り、出血を見て気絶。
DSC_0935.jpg
翌日またエイミーの研究室を訪れ、渋々「ごめん」と謝ると、彼女から残りの休暇をそこで過ごすお許しをもらうが、言いつけられるのはやっぱり洗い物。

ペニーから同意書の件を聞いたレナードは、迷いながらもハワードに報告。
ショックを受けたハワードはサインを拒む気でいたが、ペニーから「バーナデットを逃したら永久に女性とは付き合えない」と断定され、考え直す。
エイミーに「お父さんと話してみようか。男同士で」と男気を見せるが、彼女の父親がいつでも銃携帯の警察OBと聞いて動揺する。
さらに外国人・同性愛者・銃規制・リサイクル・ユダヤ人などNGワード多数と知って前言撤回、「電話にする」。

【感想】
第15話と比べるとだいぶおとなしめだったけど、シェルドンが自分の血見てぶっ倒れるとこ(2度)が面白かったわw
あと、『LOST』の結末をディスってるとこも気に入ったわw

シェルドンったらいまだに"たまごっち"やり続けてるなんてすごいわw
買うのに行列するほどあれが流行ったのって、もう20年くらい前よね?
今のたまごっちはずいぶん進化してるんですってよ。

ところで、"セイハンカク""青斑核"って書くみたいね。

離婚後の財産分与に関する婚前契約って、合理的ではあるけど心情的にはキビシイわよね。
相手を金目当てだと思ってるみたいだし、信用してないっていうか。
日本では一般的じゃないと思うけど、離婚率50%以上だっていうアメリカじゃやっぱり必要なのかしら。
バーナデット父はガチガチの保守派みたいだけど、今後の登場(あるわよね?)が楽しみだわ!w

コメントとクリックお願いよ♪
 ↓   ↓   ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事