Salon of the Dead

【あらすじ】
"イット・ガール"として注目され始めたローラ。
有名監督から舞台のオーディションに呼ばれ、喜び勇んで会場に行ったものの、監督批判をしたことがGGに載ったことにより失格が言い渡される。
Sの前で口を滑らせたことしか思い当たらないため、SこそGGだと確信する。
一方、GGに秘密を握られたダイアナは、Sからサイトを奪還するよう脅されるが、その秘密(Cを救ったこと)を隠すため、SをGGに留まらせようと画策する。


晴れて交際宣言をすることになったBとDは、同じ境遇の有名人カップルに影響され、ブルックリンのアパートをサロンとして開放して宣言の場とすることに。
が、そんな2人をよそに、それぞれに魂胆を持った者たちが集まってくる。
ダイアナの秘密を知ったSは、人目を避けて彼女に詰め寄り、Cの実母であることを認めさせるが、それを隠し撮りする影には気付かない。
DSC_0891.jpg
SがGGであることを証明したいがためのローラの行動だったが、それがGGで生配信されたために、Cを含め皆の知るところとなる。
信じがたい事実に直面したCは、親友Nと寝たこと、近くにいながら実母と明かさなかったことを突き付けてダイアナをなじり、サロンを飛び出す。

リリーは自分から折れることでルーファスとの仲を修復するが、夫がアイヴィーのホテル代を払っていたことを知ってまた口論となり、そのカードの使用を止める。
ローラはCを傷付けたことでNから責められても、Sに懇願されたためGGであることは黙っておく一方、GGにしがみつくSに呆れ、イット・ガールを返上してこの街に別れを告げる。

冷静になったCは、ダイアナが明かす真実を受け止める。
それは、自分がバートとダイアナの不倫の末に生まれた子であり、エリザベスに子供ができなかったために引き取られたというもの。
ダイアナから「あなたに死ぬほど会いたかったのよ」と明かされ、今後どうしたいかを自分の心に問う。


【感想】
ダイアナがCの実母だったなんて、後付けバリバリじゃない?w
ダイアナにそんな素振りなかったと思うし、息子の親友と寝ることを微塵もためらわないなんてありえないわw
そしてまだ別の秘密をGGに握られてるんですってよ!
秘密だらけねこの女!w

ヒモのルーファスが情けないわぁw
自分のカードであって、自分のカードでないっていうw
カード止められちゃって自分が瀕死状態なんだから、もうアイヴィーに情けかけてる場合じゃないわよw

Sの堕ちっぷりが酷いわw(((( ;゚∀。)))アヒャヒャヒャヒャ
ま、Dに捨てられてそのDをBにかっさらわれたんじゃ、グレるのもしょうがないかしら。
でもますますDに見向きもされなくなりそうよw
ローラもアッパーイストサイドに完全に染まる前に脱出しなさい!

カーチャンと自分の友達が…なんて想像するだけで…;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン
 ↓   ↓   ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事