Lost My Power

【あらすじ】
大富豪の夫を亡くしたばかりの老婦人ドリスが来店し、ギャビーは彼女を自宅に招待して"金の卵"の囲い込みにかかる。
が、夕食の席でカルロスと引き合わせると、慈善事業の話を吹きこまれたドリスが買い物から社会貢献へと金の使い道をシフトしてしまい、大事な顧客を奪われたことが許せない。
カルロスのみすぼらしい新オフィスを贅沢に飾り立てておくと、寄付金を使い込まれたと思ったドリスが怒って去り、夫への復讐に成功する。




離婚已むなしと覚悟したリネットは、届け物に来た会社でトムとジェーンのキスを目撃し、夫のボス、CEOのグレッグからの「1杯どう?」の誘いに乗る。
思いのほかグレッグと話が弾み、彼から2度目のデートの誘いがかかるが、その日はトムとジェーンが出かけるため、子供の面倒を見る当番を代わったところ。
が、グレッグがトムに急な仕事を命じると言い出し、そうすればトムはジェーンとの予定をキャンセルせざるを得なくなるため、当番は当初のまま→デート可能という寸法。
トムとジェーンの仲を邪魔することに胸がすく思いをし、さらにトムが離婚届をまだ出していないというペニーからの情報に小躍りする。
調子に乗ってトムに出張を命じるようグレッグに頼むが、彼からトムをインドのムンバイへ転勤させると聞かされ、心中穏やかでない。

MJの学校で父と子の手作りカートレースがあることを知ったスーザンは、「ママには無理」とMJが止めるのも聞かず、慣れない工作に取りかかる。
リネットの「トムを呼ぼうか」という助け舟も固辞し、苦心の末カートを完成させるが、それをMJが車道に押し出し、トラックに轢かれて木端微塵。
「僕だけママと参加したら変わり者に見られちゃう」というMJの気持ちを知り、思い直してトムたちご近所の男手を借りる。
DSC_0870.jpg

保守派然とした依頼人にトリップが鷹揚に構える中、公判前の準備手続きが始まり、ブリーは検察側が提示してきた証人リストに狼狽する。
それは、酒に溺れていたころ日替わりで楽しんできた男たちであり、サンチェスもそのうちのひとりとして接点があったというのが検察側の主張。
不意打ちを避けたいトリップから男性遍歴を明かすように迫られても口をつぐむが、彼の恥ずかしい秘密を打ち明けられたことで、ようやくアルコール依存症のことから語り始める。
ギャビーたちとのお茶の席で、「トリップを失望させちゃった」と気に病んでいると、「あなたその弁護士に恋してる」と指摘され、自制を心掛けることにする。

【感想】
カルロス株、続落(`А´)
人助けがしたいんだったら他人の金に頼らず自分の力でやんなさいよ!
ましてやギャビーが見つけてきた金の卵を横取りするなんて小狡いわ!
嗚呼、以前の格好よかったカルロスは何処へ…

リネットはトムに固執しなくてもいいのにって思っちゃうわ。
いいじゃないあのグレッグで。(そういえば、美容師の男はどこいった??)
ま、子供の父親だし、ジェーンに盗られるのが我慢ならないのかしらw
お互いに嫉妬してるみたいだし、復縁の兆しありだわね。

ブリーも大概惚れっぽいわねw
自制を誓ったそばからトリップの誘いに乗っかってるしw
ま、向こうにもその気があるとは限らないから、玉砕したりしてw
次回から公判が始まるのかしら+(0゚・∀・) + ワクテカ +

スーザンの鈍感力は凄まじいわねw
男の子には母親と行動を共にするのが嫌な時期があるのよ!
MJの周りに大人の男がいることはいいことだけど、やっぱり新しい父親がいたほうがいいわよね。
でもあと3話しかないから、スーザンったら急いで見つけなきゃ!
絵描きの男(名前失念)とかに戻ってきてもらうのはどうかしら??

早く押さなきゃ終わっちゃう!
 ↓   ↓   ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

  1. みかりん | -

    感想

    無料動画が見れなくなってサーチしてたらこちらのページにはいりました。
    所々端折ってあるので、続きがきになります。
    萬田さんに私が替わってやりたい位です

    ( 17:52 )

  2. dramatica247 | -

    みかりん さん

    いらっしゃいまし~♪
    > 萬田さんに私が替わってやりたい位です
    わりと本気で替わってもらいたいわ?
    シリアスなシーンなのに、あのクソ吹替えのおかげで笑っちゃうのよねw
    原語+字幕で見ると、スーザンのウザさが5割減でビックリするわw
    あと3話で萬田さんの吹替え能力が劇的に成長してくれたりしないかしら…。

    ( 00:19 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事