Wonder-ful

【あらすじ】
レイチェルが『ファニー・ガール』の最終審査に残ったのに続き、ブリトニーにはMITからのオファーが、ティナには獣医学部の補欠合格の通知が届く。
教え子の吉報続きに喜ぶウィルも州大会後エマに再プロポーズをすることを宣言し、"すばらしい"功績を残したアーティスト、スティービー・ワンダーを今週の課題とする。
♪「Signed, Sealed, Delivered I'm Yours(Stevie Wonder)」キティ
口火を切ったキティに、コーチとして呼ばれたメルセデスとマイクは迫力不足を指摘する。

ミュージック glee
挑戦を怖がるマーリーを筆頭に、実力を出し切れていない部員に対し、メルセデスのヴォーカルレッスンが始まる。
♪「Superstition(Stevie Wonder)」メルセデス、ブレイン&マーリー

バートのガン治療後の検査結果を聞くため、ライマに戻ってきたカート。
父親まで失いかねないためナーバスになるが、医師から「腫瘍は消えた。"寛解期"です」と説明を受け、キャロルとともに3人で抱き合って喜ぶ。
バートを音楽室へ招待し、大切な家族の再出発を歌で祝う。
♪「You Are the Sunshine of My Life(Stevie Wonder)」カート

マイクによるダンスレッスンでのご指名は、「チームの強力な武器になる」と才能を認められたジェイク。
♪「I Wish(Stevie Wonder)」ジェイク
DSC_0822.jpg

カサンドラから"中間試験"と称して呼び出されたレイチェルは、思いがけなく彼女とライバルたちからの応援を受ける。
♪「Uptight (Everything's Alright)(Stevie Wonder)」カサンドラ
カサンドラからキツく当たられたののも、将来の成功を見込まれてのことだったと知り、翌週の最終審査に向けて力をもらう。

CDデビューが決まっていたメルセデスだったが、プロデューサーの売り出し方に納得がいかず、"偽りの自分"を受け入れるべきか悩む。
結局プロデューサーと決別して録音済みの曲を"自費出版"することを決心し、自分に正直に行動する大切さを後輩たちに示す。
♪「Higher Ground(Stevie Wonder)」メルセデス

ブルックリン映画学校の合格通知を受け取ったものの、それを秘密にするアーティ。
母親が独りになることを心配してのことだったが、キティのおせっかいで母親に知らされ、「映画を撮るのがあなたの夢でしょ」と背中を押されてNY行きを決める。
一歩踏み出す勇気を胸に仲間と声を合わせ、州大会へ向けて弾みをつける。
♪「For Once in My Life(Stevie Wonder)」アーティ

【感想】
スティービー・ワンダーの曲は名曲揃いね。
ダンス込みでジェイクの歌も良かったけど、一番はアーティだわ!
ポップな声質が曲に合うのよね。

ブレインがカートへのプロポーズをバートにたしなめられてたわね。
そりゃ、高校生がそんなこと言い出したら止めるわよw
それはそうと、つい先ごろ、連邦最高裁で「結婚」を男女間に限るっていう「結婚防衛法」の違憲判決が出されたわね。
それに引きかえ、未だこの問題が議論のテーブルにも乗ってない日本って…。
"婚姻"っていう制度でなくても、パートナーシップ制度を設けて、相続や税制の面で同等の権利は認められるべきだわ。

何の説明もなくフィンがいなくなってるのはどうしたって不自然よねえ。
あれだけ引っ張った末にウィルと大げさに和解しておいて、よ。
バートの検査結果も聞きに来ないし。
それだけコーリー・モンテースの薬物問題が急で不測の事態だったってことかしら。

っていうことで、次回は州大会&シーズン最終話よ!
はてさて、"ケイティ"の正体も明らかになるのかしら??
州大会よりもレイチェルの最終審査よりも、そっちの方が気になるわ!w
 ↓   ↓   ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事