Rhodes to Perdition

【あらすじ】
マックスから50万ドルを強請られたアイヴィーは、金を工面するためキャロルと2人でシシーが財布の紐を緩めるよう画策する。
一方、ディスコの記念パーティーに出席しようとシシーがNYへやって来たため、ローズ家の女が一堂に会する。
NYSの新編集長となったNは、議員の妻が不倫をしているとのネタを部下が掴んでくるが、その議員とはいとこのトリップ。
新生NYSの公正さを示すチャンスと見て、身内とは言えど特別扱いはせずに記事にすることにし、トリップを呼んでその妻モーリーンの行動を洗っていく。
結果、知事選に立った夫に同情票を集めようとするモーリーンの策略と見抜き、迷った末ありのままを記事にしたことでウィリアムから「立派になったな」と認められる。

『INSIDE』の売り上げは下降の一途を辿り、Dはネット上で"アンチハンフリー"を名乗る人物に対する反論に躍起になる。
そしてその人物の居所を突き止め突撃すると、そこから現れたのはアレッサンドラ。
アレッサンドラが話題作りのためにアンチを装っていたことだと知り、今度はネット上で2人で自作自演の議論を巻き起こし、売り上げ再浮上の足掛かりを掴む。

Bは人が変わってしまったルイを元に戻そうと、今や"いい人"となったCのセラピーにまで無理矢理同席してその秘密を探ろうとする。
が、本当に愛するが故に相手を自由にするという決断をしたCに対し、自分こそが闇であり、ルイを変えてしまったということを認める。

マックスとデートを重ねるSだったが、彼の捜している元彼女アイヴィーが"チャーリー"のことだと知り、2人に騙されていたことに憤る。
DSC_0795.jpg
マックスを家に呼び、リリーたちの前でつるし上げようとするが、突然シシーが倒れて中断。
それでも追及を続けると、マックスに脅されていたと言う"チャーリー"の話を信じるということでローズ家の意見が一致し、彼女をアイヴィーだと言い張るマックスを追い出す。

シシーの病気を知っても口をつぐんだアイヴィーは、信託口座の利用制限解除を勝ち取り、キャロルから「もう出てってもいい」と言われる、"家族"のもとに留まることを決める。
マックスからの「覚悟しろよ」との電話にも、"ローズ家の女"の自負は揺るがない。


【感想】
あの苦しい言い訳で誰もアイヴィーのことを疑わないって何なのw
マックスもあのパンフしか証拠持ってないってどんだけアホなのよw
Sの髪の毛でも引っこ抜いて、2人のDNA鑑定くらいしときなさい!ヽ(`Д´)ノ

シシーの病気は何かしら?
"カペシタビン"っていう薬は抗がん剤みたいだけど。

アホの子Nが急に賢い設定になってて鋭い推理(w)かましてるわ!w
前回までダイアナのオモチャでしかなかったのに編集長ヅラしてるしw
ヘソが茶を沸かしちゃうわ!w
トリップ役がアンジョルラス役

相変わらずBとCはゴチャゴチャやってるってだけ。
相変わらずDだけ蚊帳の外で「孤独なボク」。

と こ ろ で。
「大学はどうなったの(´・ω・`)?? 」
という素朴にして重大な疑問があるんだけど…?
 ↓   ↓   ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事