Guilty Pleasures

【あらすじ】
サムから"禁断の楽しみ"を打ち明けられ、「今度は君の番」と迫られたブレイン。
Wham!の歌が好きなことを明かすと、ウィルが病欠中のグリー部の皆にも、"恥ずかしいけど好きな歌"を告白して団結力を高めようと持ちかける。
♪「Wake Me Up Before You Go-Go(Wham!)」サム&ブレイン
DSC_0780.jpg
glee のCDこんなに出てるのねw

サムは意を決して皆の前で往年のスターのファンを公言。
♪「Copacabana(Barry Manilow)」サム
意外にも、「俺も」「僕も」と賛同の声が上がる。

ブレインはサムへの秘めた想いを歌に乗せる。
♪「Against All Odds (Take a Look at Me Now)(Phil Collins)」ブレイン
心からの叫びはサムに届き、「好きだと言ってくれて嬉しいよ」とハグされる。

スパイス・ガールズのファンということが一致した女子は誰が誰をやるかで大盛り上がり。
♪「Wannabe(Spice Girls)」ユニーク、マーリー、キティ、ティナ&ブリトニー
一方、誰の歌を歌うか決めたジェイクだったが、それはよりによって恋人を殴った悪名高きクリス・ブラウン。
マーリーたち女子から大顰蹙を買ったため、別の"ブラウン"の歌に変更。
♪「My Prerogative(Bobby Brown)」ジェイク
が、ボビーの方のブラウンもホイットニーをクスリ漬けにした前科有り。

ブロディから説明もなしにフラれ、諦めきれないレイチェルだったが、サンタナから彼がジゴロだったことを聞かされる。
ブロディに怒りをぶつけるが、逆にまだフィンに未練があることを見抜かれ、互いに正直でなかったことを認めて別れを決める。
♪「Creep(Radiohead)」レイチェル&ブロディ

傷心のレイチェルを癒してくれるのは、大切な友達と大好きな曲。
♪「Mamma Mia(ABBA)」レイチェル、サンタナ、カート&ニュー・ディレクションズ

【感想】
今回はストーリーらしいストーリーはあんまり無くって、歌のためって感じだったわね。
でもこれはこれで楽しいわ。
ストーリーの中じゃ使いにくい曲でもいい曲はいっぱいあるものね。
それはそうと、恥ずかしいって言われたアーティストは気ぃ悪いわよねw

ブレインの弾き語りがまた同時録音だったわね! ワタシは大いに評価するわ!
ストレート男に対する切ない歌にグッときちゃったわ!
ところで、最後にサムに押し付けられたモノがブレスミントで良かったわw
ま、いくらなんでもあれじゃ勃たないわよねw

レイチェルとブロディは意外と早く別れたわね。
これからブロディの出番はどうなるのかしら。
よく脱いでくれるブロディは目の保養として貴重だったのに!w
ところでサンタナってば出てったんじゃなかったの?w

やっぱりジェイクはダンス上手いわね!
自己流じゃなく、ちゃんと基礎ができてる感じ。
あれをフィンがやったとこを想像したら…;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブフォ

早く帰ってきなさいフィン!
 ↓   ↓   ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事