Girls (and Boys) On Film

【あらすじ】
♪「You're All The World To Me(映画『Royal Wedding』より)」ウィル&エマ
挙式直前にエマに逃げられ傷心のウィルは、映画の世界に逃避することで自らを慰め、今週のグリー部の課題にも"映画音楽"を選ぶ。
マッシュアップを条件として男女対抗のコンペを行うことになり、勝ったチームにはアーティが監督する自主製作映画の主演が約束される。
Javari.jp ファッションウィーク 8000円以上のご購入で2000円OFF
対象期間: 2013年5月20日(月)午前0時00分~2013年5月27日(月)午前10時0分(日本時間)



ブレインとブリトニーの発案で、まずは男女一緒に肩慣らしの1曲。
♪「Shout( 映画『Animal House』より)」ブレイン、ブリトニー&ニュー・ディレクションズ

大雪のNY、部屋に籠りきりのカートは、アダムと一緒にお気に入りの映画を観るが、それは同時にブレインとの"思い出の1本"でもある。
♪「Come What May(映画『Moulin Rouge』より)」ブレイン&カート
アダムから「僕は彼の代わり?」と問われるが、「彼のことを忘れたい」と返し、今度はアダムとの"思い出の1本"を探すことにする。

男子のテーマは"トム・クルーズ"。
♪「Old Time Rock & Roll(映画『Risky Business』より) / Danger Zone(映画『Top Gun』より)」ND男子
続く女子はドレスアップして対抗。
♪「Diamonds Are a Girl's Best Friend(映画『Gentlemen Prefer Blondes』より)/ Material Girl(Madonna)」ND女子

レイチェルたちのアパートに転がり込んだサンタナは、勝手にそこら中を漁り始め、ブロディの札束とポケベルを発見したため、"ドラッグの売人説"をぶち上げる。
さらにゴミ箱から妊娠検査薬も拾い出して「あなたのものでしょ」とレイチェルに迫ると、泣き崩れる彼女を「大丈夫よ」と抱きしめる。

キスに責任を感じるフィンは、エマの両親から彼女が姉の家にいることを聞き出し、「迎えに行って」とウィルの背中を押す。
エマのもとを訪れたウィルは、2階の窓に向け、グリー部のコーラスをバックにして映画のワンシーンを再現する。
♪「In Your Eyes(映画『Say Anything...』より)」ウィル&ニュー・ディレクションズ
DSC_0768.jpg
混乱が続くエマを「もう一度最初から始めよう」と説得し、手を取り合う。

マーリーを工芸室に呼び出したジェイクは、バレンタインデーの演出はライダーによるものだったことを明かした上で、「これは自分で考えた」と彼女をろくろの前に座らせる。
♪「Unchained Melody(映画『Ghost』より)」ジェイク&ライダー
マーリーはジェイクの気持ちを感じる一方で、ライダーの顔が頭をよぎり、彼にキスされたこと、自分もそれを拒まなかったことを告白すると、ジェイクを傷付ける結果になる。

破局の危機を救ったことでウィルから感謝されるフィンだったが、エマにキスしたことを打ち明け、「殴ってください」と精一杯の謝罪に努める。
が、ウィルが手を上げることはなく、無言で立ち去るその視線が痛い。

コンペの勝者は……「みんなだ」ということで、部員からはブーイング。
それでもアーティ監督の「この映画には多くの才能が必要」との言葉で結束する。
♪「Footloose(映画『Footloose』より)」ニュー・ディレクションズ

【感想】
ウィルとフィンの信頼関係に大きなヒビが入っちゃったわ!
ウィルは気持ちの上では思いっきりぶん殴ってやりたかったでしょけど、立場上無理よねえ。
これが今後の展開に影を落とすのかしら…?

ブロディの売人疑惑はまあ違うんでしょうけど、レイチェルの妊娠は本当ってことなのかしら??
この件でサンタナは役に立つのかしら?
経験者のクインに相談した方がいいような気がするけど。

『Ghost』のシーンの再現はベタ中のベタだけど、やっぱりドキドキするわw
♪「Unchained Melody」に乗せて2人の男と絡み合うマーリーが裏山だわ!w
手を添えて形作る粘土の手触りを想像してエロチックな気分になるのよおぉぉぉぉ!w

ところで、♪「Shout」は記念すべき500曲目なんですってよ!
通算でもう80話を超えてれば、劇中の曲数もそんなになるのね。
教室を回ってどんどん仲間を引き込んでいくのは、映像的にも面白かったわ!
ワタシはこれが記念すべき478本目!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事