The Fasting and the Furious

【あらすじ】
『INSIDE』の映画化権を獲得するようジェーンからせっつかれるS。
冷めやらない怒りを押し隠してDから承諾を得ようとするが、Dがテレビで他からのオファーを公表したため、窮地に立たされる。
するとGGに映画化権を得たと嘘の情報を流し、他からのオファーを引っ込めさせるという荒業に出る。


Cは精神科医イライザと出会い、自分を変えるためセラピーを受けるが、いつもの人を食ったような態度が災いし早々に追い出される。
それでも的確に問題点を言い当てたイライザに惹かれ、改めて真摯な気持ちで治療を申し込む。

ソフィーとベアトリスをNYへ招き、両家に妊娠を打ち明けたB。
ソフィーとエレノアに驚かれつつも祝福を受けるが、両家の間で産院や通わせる学校について意見が食い違い、ピリピリムード。
Sにも多忙から話を聞いてもらえず、ソフィーに従ってモナコで出産することを決心するが、それを書面にした契約書にサインを求められたことには困惑。
しかもその契約書には違反の場合養育権を剥奪するなど不当な条項が含まれていたため、ベアトリスの策略どおり、ルイとソフィーが仲違いする。
母親ではなくBを選んだルイだったが、父親鑑定の結果が書かれた封筒を手にし、Cがセラピーを受けたというイライザに連絡を取る。

NYスペクテイターのサイトのオープン日にGGの邪魔が入り、アイヴィーは不機嫌なダイアナから特ダネを掴んでくるよう迫られる。
かつてバートが作った家族の調査ファイルをリリーが金庫に保管していることを知り、Nの協力でそれを盗み出してダイアナに渡すが、結局サイトには使われずに終わる。
その一方、ダイアナはバートのファイルから抜き取った1枚の写真を燃やす。

GGでガセネタを知ったDは、ジェーンのオフィスに乗り込み抗議するが、Sが進んでやったことだと分かり幻滅する。
本の中で最愛の人が自分ではなくBだったことを悲しむSに対し、「あの本を書けたのは君のおかげ」と感謝を伝え、脚本を自身で書くことを条件に映画化権を託す。


【感想】
ダイアナが燃やしたのは昔の自分の写真かしら??
だとしたら、バートと関係してたってこと??
あの写真がどういう意味を持つのかは分からないけど、アイヴィーがあのファイルを見つけてくることを最初から期待してたわけじゃないわよね?

最近みんなにそっぽ向かれてるDがCと仲良くなってるのがちょっと面白いわw
シーズン1の第1話でDがCを殴ったりしてた敵対っぷりから考えると隔世の感ねw
ルーファスは機嫌直してくれたみたいだけど、半人前扱いされたNは難敵よw
DSC_0766.jpg

アイヴィーったら、あんなにホイホイ家族の秘密を売ろうとしちゃあ、自分が「偽物です」って言ってるようなもんじゃないw
だってアホの子Nでもおかしいって気付くレベルよ?
もっとボロが出る前にさっさと消えたほうがいいわw

次回あたり、Bのお腹の子の本当の父親が明らかになるのかしら。
本当にルイでしたってことはないでしょうし、修羅場に期待だわ♪

アナタが好きなのはダン? ネイト? チャック? ワタシは…
 ↓   ↓   ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事