Witch's Lament

【あらすじ】
ブリーは緊急事態をギャビーに明かす一方、前の予定地で絶滅危惧種のカエルが見つかったために変更を余儀なくされ、チャップマンの森に移ってきたというベンの話に着目する。
ギャビーとともに苦労してカエルを捕獲したものの、帰りの車中でカエルが飛び出し大パニック。
カエルが逃げ出しすべてがおじゃんになったため、ブリーは「死体が出ないようにすればいい」と次の策を講じる。


リネットはペニーのハロウィーンの衣装をトムの恋人ジェーンが作ると聞き、思わず「もう作り始めてる」と見栄を張るが、能力の限界を感じ、レネの伝手を頼ってプロに発注。
どうにか宅配便が間に合い、出来上がった衣装をペニーに着せてみると、ハロウィーンには不釣り合いなセクシー衣装。
DSC_0757.jpg
自作ではないことを察したジェーンに内緒でスカートを作り足してもらって事なきを得ると、彼女と腹を割って話し合い、その飾らず穏やかな人柄に触れる。
が、「私から旦那を取り上げるのやめてもらえない?」と迫ると、「結婚が破綻してることを受けれたら?」と撥ねつけられる。

スーザンはツェラーのアシスタントに指名され張り切るが、蓋を開けてみれば、ツェラーの前妻との子ジャスパーを預かるという体のいいベビーシッター。
がっかりしつつも、MJと同年代ながら大人びた振る舞いをするジャスパーが、実はハロウィーンを父親と過ごしたがっていることに気付き、一肌脱ぐことにする。
ジャスパーに衣装を用意してあげた上、制作途中の絵を"人質"にツェラーを引っ張り出すと、父親らしいことを拒否する彼に説教を垂れる。
ツェラーが「父親の自覚を持つよ」と思い直したことを歓迎する一方、芸術は普通の幸せを犠牲にして成り立つという趣旨の彼の言葉が気にかかる。

ベンに2週間も放っておかれたレネは、埋め合わせのデートに上から目線でOKするが、彼を本気で好きになってしまった不安から、用意した"女性用欲情剤"をガブ飲みする。
効果てきめんでベンに迫るが、しばらくすると顔中に発疹が出始め、お菓子をもらいに訪れた子供たちを阿鼻叫喚の渦に陥れる。
ベンに病院に運んでもらい、幸い大事には至らないが、怪しげな薬を飲んでいたことがバレて、穴があったら入りたい思い。
それでも大恥ついでにベンに素直な気持ちを打ち明けると、彼からも同じ気持ちだと返され、結果オーライ。

PTA会合で失態を演じたカルロスは、ギャビーに勧められて断酒会に参加するが、世話役から深酒をするようになった理由を問われたため、早々に退散する。
ハロウィーンの夜に独りで留守番を始めるが、お菓子をもらいに来た子供がアレハンドロの姿と重なって見え、悪霊を振り払うようにまた酒に手を伸ばす。

こうなっては工事開始前にアレハンドロの遺体を掘り返して移動するしかないため、ブリー、ギャビー、リネットの3人は、夜更けのチャップマンの森を訪れる。
が、途中で誰かに声を掛けられ、散り散りになってそれを振り切ると、遺体を埋めた場所に各々が辿り着くが、遺体は既に何者かによって掘り返された後。

【感想】
あら不思議、アレハンドロの遺体がドロン(死語)したわ!
チャックが臭いみたいに予告が作られてたけど、そうじゃないとしたらあの脅迫状の差出人がやったとみるのが妥当かしら?
ところで、今回の演出はアレハンドロとしても一瞬出演したトニー・プラナだったわね。

スーザンの話はこれからどう展開するのか知らないけど、どうであれあんまり本筋に関係なさそうだし、興味も湧かないわw
ま、久しぶりにMJの顔が見られたから今回は良しとするわ。
それにしてもMJ大きくなったわね!

カルロスが本格的にアルコール依存症へまっしぐらね。
ギャビーは早いとこブリー大先生に助言を仰いだ方がいいわ。
そういえば、『ミディアム』でも霊の声を遮断するために酒に走るっていう描写が度々出てきたよね。

ワタシにはベンとレネがどうしても釣り合ってるように見えないのw
ベンはあの必死なオバちゃんのどこがいいのかしら?w
ところで、ベンはオーストラリア人設定だけど、役者はイギリス人なのね。

リネットは見てて痛々しいわ…。
トムを取り返そうと必死になるあまり、イヤな部分がどんどん表に出てきちゃって、それがトムをさらに遠ざけるっていう逆効果よね。
遠回りかもしれないけど、新しい人を探したり自分磨きを心掛けたほうが、トムを振り向かせることにつながるんじゃないかしら…。

早く出てこいアンドリュー♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事