Surprise, Motherfucker!

【あらすじ】
拘置所を訪れたデクスターは、自ら引導を渡したハンナとの面会に臨む。
「君が恋しくて仕方ない」と吐露すると、ハンナも同じ気持ちだと分かり、彼女に正体をバラされる恐れはないことに胸を撫で下ろす。
それでも、例のペンを処分して欲しいとの願いを聞き入れることはできず、ハンナから血濡れのキスで別れを告げられる。
DSC_0742.jpg


自宅でハリソンと遊んでいるところにラゲルタが現れ、デクスターはエストラーダ殺害の容疑で逮捕される。
署に連行されて同僚に手錠姿を晒すことになり、バティスタやデボラが駆けつけてラゲルタを総攻撃するが、真のBHBを捕らえたと息巻く彼女に怯む様子はない。
取調室、ラゲルタはデクスターがゴミ袋をボートに積み込む写真を示した上、ゴミ袋の中身がエストラーダの血の付いたシャツと彼の財布だったことを突き付ける。
が、マスカから上げられた分析結果によれば、シャツは保管室から消えた昔のエストラーダの物、さらに財布にはラゲルタの指紋。
"元恋人ドークスを想う余り暴走したラゲルタ"という図式が出来上がり、容疑の晴れたデクスターは釈放される。
デクスターの罠にハマったラゲルタは、「ジェームズはずっと怪しんでた」と捨て台詞を残して行き、それがデクスターの脳裏にドークスの姿を甦えらせる。

ハンナは電話でアーリーンに薬を用立ててもらい、初公判を傍聴に来た彼女と抱き合った際にそれを受け取って飲むと、移送中に発作を起こして病院に担ぎ込まれる。
治療を受けて意識を取り戻すと、隙を見て病院を脱走し、その後デクスターの家の前に鉢植えを置いてそのまま姿を消す。

ラゲルタに呼ばれたデボラは、トラビスの遺体発見の前日に廃教会へ行かなかったことを念押しされた上で、火災と同時刻にガソリンを買っている写真を突き付けられる。
思わぬ角度から切り込まれて狼狽し、必死に言い訳を試みるが、デクスターを庇っていることを見抜かれているのは明白。
すぐにデクスターに報告し「ラゲルタは俺に任せろ」と言われても、状況が好転するとは思えない。

エストラーダの行方が掴めないでいたデクスターだったが、奴にまだ婚姻を解消していない妻がいると知り、その妻を尾行した結果、奴を捕らえることに成功する。
「逃げろ」というハリーの幻に抗い、掟を破ってでもデボラを守ることを決断すると、ドークスに正体を見破られたときのやり取りが頭をもたげる。
余計な考えを振り払い、始末する前のエストラーダに「港の同じコンテナの中だ」と電話をかけさせてラゲルタをおびき出すと、背後から忍び寄って彼女に麻酔薬を注射する。
思い描くのは、ラゲルタとエストラーダが撃ち合って両者死亡、という筋書き。
一方、年越しとバティスタの引退を祝うパーティーに参加していたデボラは、ラゲルタの車が港に向かっていると知ると、そこへ急行し、銃を構えてコンテナに踏み込む。
中の状況から兄のしようとしていることを悟り、麻酔が切れてきたラゲルタには「彼を撃って!」と、デクスターには「好きにしろ」と、厳しい選択を迫られる。
逡巡の後、泣きじゃくりながらデボラが放った銃弾はラゲルタの胸を貫く。

【感想】
さようなら、ラゲルタ…。デクスターと信頼し合ってた時期もあったのにね(´_`。)
そして遂にデボラも殺人に手を染めちゃったわね…。
しかもラゲルタは犯罪者じゃなくむしろ正義を果たそうとしてたわけで。
デクスターと自分を守るためには仕方なかったけど、相当トラウマになるわよ。
そうでなくても自作自演でハンナを陥れて、「偽善者」って言われてたし。

ドークス久しぶり!(・ω・)ノシ
新しく撮影したんでしょうけど、前と比べてだいぶ太ってる気がするわw
それは置いといて、シリーズ通して1番の鋭さだわね。
デクスターもドークスにかまいすぎるからいけないのよ。
一度疑いを持たれた人間には関わらないのが得策に決まってるじゃない

ハンナはやっぱりやるわね! 転んでもただじゃ起きないわw
何か鉢植え置いてったけど何の意味があるのかしら??
これは次のシーズンにも出てくれるってことよね?
これでルーメンもまた出てきたりして、デボラも加わってすったもんだしてくれたら楽しすぎるわ!w

シーズン7も濃密なシーズンだったわね。ワタシ、あらすじ書いただけでヘトヘトよw
だって、全12話でも1話が正味60分あるし、普通のドラマにしたら全16話分くらいあるんだものw
それはさておき、あとはファイナルシーズンとなるシーズン8を残すのみだわ。
本国では2013年6月から放送が始まるのね。ってもう来月じゃない!
でも日本では最低半年は先よね。それでも相当早いけど。
ああとにかく早く見たい! でももったいない! 寂しい!

ワタシやっぱり『DEXTER』が大好きよ! みんなも好きなら押してって( ・∀・)つ〃∩
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事