Prey

【あらすじ】
アンドレアはミルトンから総督の真の計画を聞き、また、総督がミショーンのための拷問室を準備している狂気の様を目にする。
総督を殺そうとするもミルトンに止められたため、リックたちに危険を伝えるべく、タイリースとサシャの制止を振り切ってゲートを越え、刑務所へ向かう。
一方、タイリースたちからアンドレアの脱走を知らされた総督は、ミルトンがそれを承知だったと見抜いて締め上げたのち、直々にアンドレアを追う。


銃も取り上げられ、徒歩で刑務所を目指すアンドレアは、車で追ってきた総督に見つかるも、森へ逃げ込んでその先にあった廃墟に身を隠す。
が、「一緒に帰ろう。見捨てないでくれ」――甘い言葉と裏腹に殺気を漲らせる総督に追い詰められ、そこから逃げ出そうと開けたドアの先には無数のウォーカー。
絶体絶命と思われたが、なだれ込んでくるウォーカーたちをドアの陰に隠れてやり過ごすと、総督がそのウォーカーたちに襲われるのを尻目に脱出する。
やっとのことで刑務所のそばまで辿り着き、見張りのリックに手を振ろうとしたその瞬間、背後に忍び寄っていた総督の手に落ちる。
DSC_0739.jpg

サシャ、アレン、ベンとともにウォーカーの捕獲場にやってきたタイリースだったが、ウォーカーをトラックに乗せるようマルチネスから指示され、その恐ろしい"使い道"を知る。
「女子供もいるんだぞ」と非道な行為に手を貸すのを拒否すると、アレンとは揉み合いになり、マルチネスには"役立たず"の烙印を押される。
その夜、闇に紛れて捕獲場へやって来た何者かによって、すべてのウォーカーが焼き払われる。

ウッドベリーに戻ってきた総督は、マルチネスからタイリースたちが放火したと思われる捕獲場の件について報告を受ける。
タイリースたちから事情を聞こうとするが、彼らが何も知らない様子だったため、別に真犯人がいると思い至る。
ミルトンと「犯人は誰かな」「もう分かった」と白々しい会話を交わす一方、アンドレアの消息が分からないことを告げるが、彼女の姿はあの拷問室に。

【感想】
アンドレアが変態、もとい総督にとっ捕まったわ!
あの拷問器具の数々、どうやって使うのかしらねw ドSよドS!w
アンドレアったら、あれくらいのウォーカーで総督がくたばったと思ったら大間違いだわ!
油断大敵、変態総督、後方確認よ!

ミルトンはもう総督に対して反目を隠そうとはしてないのね。
それでも逃げ出したりしないとこは、本当の意味で総督の友人なんだわ。
それ以上を勘ぐっちゃうのは、彼が『グッド・ワイフ』でゲイ役を演じてるからかしら?w

タイリースとサシャは兄妹だったのね。てっきり夫婦か恋人同士だと思ってたわw
ま、どうでもいいけどw
とりあえず、総督側に寝返っておいてウォーカーを使うのには反対とか言うタイリースって、良心があるのかないのか、よく分からないわ?

ということで、まさかの"緩""緩""緩"w
総督とアンドレアの対峙は緊迫感あったけど、物足りないわねえ。
でもこのシーズンも残すところあと2話だから、次回こそ戦闘開始よ! たぶんね!w

それにしても最近ダリルの出番が少なすぎるわ!
ダリル成分を補給よ!
 ↓   ↓   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事