『シカゴ・ファイア』 *ボイト終了のお知らせ*

chicago voight

祝!ボイトタイ━━━━||Φ|(|゚|∀|゚|)|Φ||━━━━ホ!!!

【主な関係者(キャスト)】
シカゴ消防局51分署
・マシュー・ケイシー(ジェシー・スペンサー)
 はしご第81小隊の小隊長 研修医のハリーと婚約中
・ガブリエラ・ドーソン(モニカ・レイモンド)
 救急第61小隊所属の救命士 ケイシーに片思い
・ウォレス・ボーデン(イーモン・ウォーカー)
 大隊長(チーフ) 背中に大きな古傷

シカゴ警察
・ハンク・ヴォイト(ジェイソン・ベギー)
 刑事 ギャング対策課 息子ジャスティン
・アントニオ・ドーソン(ジョン・セダ)
 刑事 風紀取締班 ガブリエラの兄 ボイト逮捕を指揮

・カーチス
火災現場でケイシーに母親とともに救助される



[ 続きを読む ]

HOMELAND シーズン5第12話(最終話)「幻の光」
A False Glimmer


A False Glimmer1

テロを阻止できるのは最早キャリーだけよ!
ソール&ダールの ポンコツコンビ は精一杯キャリーをバックアップしなさい!ヽ(`Д´)ノ

【登場人物】
キャリー・マティソン:元CIA局員 元デューリング財団警備責任者
ヨナス・ホランダー:キャリーの恋人 デューリング財団顧問弁護士 別れた妻子
オットー・デューリング:デューリング財団代表 祖父はナチ
ローラ・サットン:デューリング財団勤務 ジャーナリスト 母国アメリカで手配中

ソール・ベレンソン:CIA欧州部門責任者
ダール・アダール:CIA幹部
ピーター・クイン:特殊工作員 シリアでの2年間の任務から帰還
アリソン・カー:CIAベルリン支局長 元バグダッド支局長 クルピンと内通

アストリッド:ドイツ連邦情報局(BND)職員 クインの元恋人

ヌーマン:ハッカー(ハクティビスト) トルコ出身 HNは"Gabe.H.Coud"

イヴァン・クルピン:ロシア対外情報庁(SVR)ベルリン支局長
エルナ・リヒター:ドイツ外務省職員 実際はSVRのスパイ

ビビ・ハメド:イスラム過激派 リーダー格 おじは副司令官アブ・アル・カドゥリ
カシム:イスラム過激派 ビビ・ハメドのいとこ
フセイン:医師(ドイツでは資格無し) 貧しい移民に奉仕

マルワン:テロ計画の罪で3年服役後、冤罪が認められ釈放 元電気店店主


[ 続きを読む ]

This Is Where I Leave You(2014)

This Is Where I Leave You

【あらすじ】
妻と上司の浮気現場を目撃してしまったジャド。
家庭と仕事を同時に失い自暴自棄の生活を送っているところに、父の訃報が追い討ちをかける。
葬儀のため久しぶりに実家に戻り、父の遺言だという"シヴァ"に臨むが、母も兄弟たちもそれぞれに問題を抱えていて・・・

シヴァ(ヘブライ語で"7"の意味)
ユダヤ教の風習で、葬儀が終わった後、遺族が服する7日間の喪の期間。
シヴァの間、遺族は家に親戚や故人の友人などの弔問客を受け入れ、床や居座り心地の良くない椅子に座って故人について語り合う。


[ 続きを読む ]

HOMELAND シーズン5第11話「指令」
Our Man in Damascus


Our Man in Damascus2

テロ実行の期限 が迫ってきたわ!(( ;゚Д゚))
情報を知るクインの回復が望まれるけど・・・


【登場人物】
キャリー・マティソン:元CIA局員 元デューリング財団警備責任者
ヨナス・ホランダー:キャリーの恋人 デューリング財団顧問弁護士 別れた妻子
オットー・デューリング:デューリング財団代表 祖父はナチ
ローラ・サットン:デューリング財団勤務 ジャーナリスト 母国アメリカで手配中

ソール・ベレンソン:CIA欧州部門責任者
ダール・アダール:CIA長官
ピーター・クイン:特殊工作員 シリアでの2年間の任務から帰還
アリソン・カー:CIAベルリン支局長 元バグダッド支局長 クルピンと内通
コンラッド・フラー:CIA局員 アリソンの監視役

アドラー:ドイツ連邦情報局(BND)職員
アストリッド:ドイツ連邦情報局(BND)職員 クインの元恋人

ヌーマン:ハッカー(ハクティビスト) トルコ出身 HNは"Gabe.H.Coud"

イヴァン・クルピン:ロシア対外情報庁(SVR)ベルリン支局長
エルナ・リヒター:ドイツ外務省職員 実際はSVRのスパイ

ビビ・ハメド:イスラム過激派 リーダー格 おじは副司令官アブ・アル・カドゥリ
カシム:イスラム過激派 ビビ・ハメドのいとこ
アジズ:ベルリン工科大教授 生物化学工学が専門 レバノン人
フセイン:医師(ドイツでは資格無し) 貧しい移民に奉仕

マルワン:テロ計画の罪で3年服役後、冤罪が認められ釈放 元電気店店主

アル・アミン:ヒズボラの司令官 アブ・ナジールの元護衛 ベルリンに潜伏中


[ 続きを読む ]

『シカゴ・ファイア』ケイシー対ボイトの交戦激化、悪徳刑事に天罰を!(#゚Д゚)

casey-and-voight.jpg

何なのこのボイトってクソ刑事は!ヽ(`Д´)ノ
法の執行官のくせに次から次へと法を破ってくることにビックリ仰天よ!
まだ問題は解決してないんだけど、あまりにムカつくから これまでの悪行 を記しておくわ!


[ 続きを読む ]

ワタシが見限ったドラマ9『ARROW / アロー』もはや"正義の矢"じゃない

arrow.jpg

シーズン3の時点でかなり萎え萎え、シーズン4も何となく見始めたけど、第10話まで見たところでとうとうギブアップ。
全23話 もあるとかワタシには無理だわw
この先の展開とか もうどーでもいい( ´_ゝ`) って感じよ。


[ 続きを読む ]

HOMELAND シーズン5第10話「新たな常識」
New Normal


New Normal

【登場人物】
キャリー・マティソン:元CIA局員 元デューリング財団警備責任者
ヨナス・ホランダー:キャリーの恋人 デューリング財団顧問弁護士 別れた妻子
オットー・デューリング:デューリング財団代表 祖父はナチ
ローラ・サットン:デューリング財団勤務 ジャーナリスト 母国アメリカで手配中

ソール・ベレンソン:CIA欧州部門責任者
ダール・アダール:CIA長官
ピーター・クイン:特殊工作員 シリアでの2年間の任務から帰還
アリソン・カー:CIAベルリン支局長 元バグダッド支局長 クルピンと内通
コンラッド・フラー:CIA局員 アリソンの監視役

アドラー:ドイツ連邦情報局(BND)職員
アストリッド:ドイツ連邦情報局(BND)職員 クインの元恋人

エタイ・ラスキン:駐独イスラエル大使

イヴァン・クルピン:ロシア対外情報庁(SVR)ベルリン支局長

ビビ・ハメド:イスラム過激派 リーダー格 おじは副司令官アブ・アル・カドゥリ
カシム:イスラム過激派 ビビ・ハメドのいとこ

マルワン:テロ計画の罪で3年服役後、冤罪が認められ釈放 元電気店店主


[ 続きを読む ]

ザ・ラストシップ シーズン2最終話(第13話)あらすじ&感想 シーズン3へ続く…?

A More Perfect Union01

【主な登場人物】
トム・チャンドラー:中佐 合衆国海軍駆逐艦ネイサン・ジェームズの艦長
マイク・スラッタリー:中佐 ネイサン・ジェームズの副長
ラス・ジーター:先任兵曹長 敬虔なキリスト教徒
ダニー・グリーン:大尉 シールズ(海軍特殊部隊)所属
カーラ・フォスター:大尉 通信担当 射撃の名手 ダニーとの子を妊娠中
アリーシャ・グランダーソン:大尉に昇任

レイチェル・スコット:CDCのウイルス学者
テックス・ノーラン:グアンタナモ米海軍基地の元看守
ベアトリス:ジャマイカ人の少女 遺伝子変異で免疫を獲得
Dr.ミロウスキー:ワクチン製造と遺伝子工学が専門
ウルフ・テイラー:オーストラリア海軍兵曹長 潜水と爆発物処理のエキスパート
ラヴィット・ビーヴァス:イスラエル国防軍中尉 潜水と情報収集のエキスパート
ジェフ・ミッチェナー:元住宅都市開発庁長官 大統領に就任
レイ・ディアス:高校2年生 NJへの乗艦を志願

キャスリーン・ノーラン:テックスの娘

ショーン・ラムジー:原潜アキレスの操舵手→艦長 イギリス人
ネッド・ラムジー:原潜アキレスの乗員 ショーンの弟
ケヴィン・マクダウェル:ラムジー兄弟に次ぐ"選ばれし民"のNo.3

[ 続きを読む ]

HOMELAND シーズン5第9話「策略」
The Litvinov Ruse


The Litvinov Ruse

【登場人物】
キャリー・マティソン:元CIA局員 元デューリング財団警備責任者
ヨナス・ホランダー:キャリーの恋人 デューリング財団顧問弁護士 別れた妻子
オットー・デューリング:デューリング財団代表 祖父はナチ
ローラ・サットン:デューリング財団勤務 ジャーナリスト 母国アメリカで手配中

ソール・ベレンソン:CIA欧州部門責任者
ダール・アダール:CIA長官
ピーター・クイン:特殊工作員 シリアでの2年間の任務から帰還
アリソン・カー:CIAベルリン支局長 元バグダッド支局長 クルピンと内通

ヌーマン:ハッカー(ハクティビスト) トルコ出身 HNは"Gabe.H.Coud"

アドラー:ドイツ連邦情報局(BND)職員
アストリッド:ドイツ連邦情報局(BND)職員 クインの元恋人

エタイ・ラスキン:駐独イスラエル大使

イヴァン・クルピン:ロシア対外情報庁(SVR)ベルリン支局長

ビビ・ハメド:イスラム過激派 リーダー格 おじは副司令官アブ・アル・カドゥリ
カシム:イスラム過激派 ビビ・ハメドのいとこ
アジズ:イスラム過激派 化学者?

[ 続きを読む ]

ザ・ラストシップ シーズン2 第11・12話 あらすじ&感想 遂に原潜アキレスと最終決戦!

Cry Havoc1

【主な登場人物】
トム・チャンドラー:中佐 合衆国海軍駆逐艦ネイサン・ジェームズの艦長
マイク・スラッタリー:中佐 ネイサン・ジェームズの副長
ラス・ジーター:先任兵曹長 敬虔なキリスト教徒
ダニー・グリーン:大尉 シールズ(海軍特殊部隊)所属
カーラ・フォスター:大尉 通信担当 射撃の名手 ダニーとの子を妊娠中
アリーシャ・グランダーソン:大尉に昇任

レイチェル・スコット:CDCのウイルス学者
テックス・ノーラン:グアンタナモ米海軍基地の元看守 14歳の娘が行方不明
ベアトリス:ジャマイカ人の少女 遺伝子変異で免疫を獲得
Dr.ミロウスキー:ワクチン製造と遺伝子工学が専門
ウルフ・テイラー:オーストラリア海軍兵曹長 潜水と爆発物処理のエキスパート
ラヴィット・ビーヴァス:イスラエル国防軍中尉 潜水と情報収集のエキスパート
ジェフ・ミッチェナー:元住宅都市開発庁長官 大統領に就任
レイ・ディアス:高校2年生 NJへの乗艦を志願

ショーン・ラムジー:原潜アキレスの操舵手→艦長 イギリス人
ネッド・ラムジー:原潜アキレスの乗員 ショーンの弟
ヴァレリー・レイモンド:ワルキューレの開発者 工学物理学博士 通称ヴァル

[ 続きを読む ]

『ウェイワード・パインズ 出口のない街』シーズン2スタート! 無謀な更新の行き着く先は…

Wayward-Pines-Enemy Lines

ちょっと正気なの!?Σ (゚Д゚;)『ウェイワード・パインズ』シーズン2製作決定

7か月前の衝撃のニュース 、日本でもシーズン2の放送が始まっちゃったわ!
完全に 怖いもの見たさ で第1話を見てみたけど、もはや グダグダ設定脚本の粗 にツッコむ気すら起きないっていうw
…と言いつつ、せっかく見たからにはツッコまなくちゃ!(゚∀゚)

【昨シーズンのストーリー】

行方不明の同僚を捜索中に突然の事故に遭った捜査官イーサン。その後目覚めたのは、ウェイワード・パインズと呼ばれる“出口のない街”だった。街の外に出ようと車を走らせても同じ場所に戻ってきてしまい、外部との連絡もつかずに路頭に迷うイーサン。出口を探し森の中に逃げ込むが、街の周囲は巨大な外壁で囲われていた。イーサンの不安をよそに、幸せそうな日々を送るウェイワード・パインズの人々。しかし、彼らもまた何者かの監視下で暮らしながら不可思議な行動を取っており、街には異様な空気が流れていた。

街の秘密を突き止めようとしたイーサンは、その後、科学者デイビッド・ピルチャーに遭遇。ウェイワード・パインズというこの街は、西暦4028年、人類が絶滅の危機に瀕した地球上に、最後に生き残った人々が暮らす場所であったことを知る。何も知らずに過去の記憶を封印して暮らす住民たちだったが、実はピルチャーによりかつての世界で拉致され、人工装置の中で眠らされた後、2000年後に目覚めさせられた人々だったのだ。滅び行く人類の未来を予測していたピルチャーは、自らの意思で街の創設を決め、そこに住む人々を厳選。ウェイワード・パインズという壮大なるプロジェクトを創り上げていたのだ。

人類を破滅に追い込んだのは、皮肉なことに、人間の変異から派生した“アビー”と呼ばれる獰猛な動物たち。街の外には、そのアビーたちの群れが無数に生息していた。すべては人類存続のためであると自身の行動を正当化するピルチャーだが、真実を知ったイーサンは、ピルチャーの理念に反し、住民たちにも真実を告げ、自分自身の考えで行動を起こすよう呼びかけ…。

その後、街の統制を取れなくなることを恐れたピルチャーは、外壁の防御を解除し、反乱因子を抹消しようと、アビーを街に侵入させる。彼の次の策略とは、人工装置の中でまだ眠っている“Cグループ”の人々を目覚めさせ、自分の教育理念を浸透させた若き子どもたち“第1世代”と共に、新たにウェイワード・パインズを立て直すことだった。 大きな混乱の中、ピルチャーは命を落とし、イーサンは街の人々を逃がした後に、襲ってくるアビーたちを引き寄せ、爆薬と共に自らが犠牲となってしまう…。

それから3年。襲撃の際に怪我を負ったイーサンの息子ベンは、病院で目を覚ます。すっかり平和な街の姿を取り戻したウェイワード・パインズ。しかしそこは、第1世代の取り仕切る、ピルチャーの理想の街だった…。

http://tv.foxjapan.com/fox/program/index/prgm_id/20547


[ 続きを読む ]

HOMELAND シーズン5第8話「バグダッドの真実」
All About Allison


All About Allison

【登場人物】
キャリー・マティソン:元CIA局員 元デューリング財団警備責任者
ヨナス・ホランダー:キャリーの恋人 デューリング財団顧問弁護士 別れた妻子
オットー・デューリング:デューリング財団代表 祖父はナチ
ローラ・サットン:デューリング財団勤務 ジャーナリスト 母国アメリカで手配中

ソール・ベレンソン:CIA欧州部門責任者
ダール・アダール:CIA長官
ピーター・クイン:特殊工作員 シリアでの2年間の任務から帰還
アリソン・カー:CIAベルリン支局長 元バグダッド支局長 クルピンと内通

ヌーマン:ハッカー(ハクティビスト) トルコ出身 HNは"Gabe.H.Coud"

エタイ・ラスキン:駐独イスラエル大使
トヴァ:モサド(イスラエル諜報特務庁)幹部?

イヴァン・クルピン:ロシア対外情報庁(SVR)諜報員

アフメド・ナザリ:バグダッドの元裁判所事務官 CIAの元協力者 テロで公的には死亡
サミール・ハリル:バグダッドの元裁判官 CIAの協力者

ビビ・ハメド:イスラム過激派 リーダー格 おじは副司令官アブ・アル・カドゥリ

[ 続きを読む ]



最新記事