Naked

【あらすじ】
ドーピング発覚によりウォブラーズが失格となった結果、繰り上げでニュー・ディレクションズの州大会進出が決定!
インディアナポリスまでの遠征費用を捻出するため、ティナの発案で男子部員によるヌードカレンダーを作って売り出すことになる。
[ 続きを読む ]

Prey

【あらすじ】
アンドレアはミルトンから総督の真の計画を聞き、また、総督がミショーンのための拷問室を準備している狂気の様を目にする。
総督を殺そうとするもミルトンに止められたため、リックたちに危険を伝えるべく、タイリースとサシャの制止を振り切ってゲートを越え、刑務所へ向かう。
一方、タイリースたちからアンドレアの脱走を知らされた総督は、ミルトンがそれを承知だったと見抜いて締め上げたのち、直々にアンドレアを追う。
[ 続きを読む ]

Beauty and the Feast

【あらすじ】
LAの年上美女が頭から離れないNは、願いが通じたのか、実家の前で彼女と再会を果たす。聞けば、彼女はNYスペクテイター誌の記者であり、母アンに取材を断られたとのこと。
アンがもらった名刺から名前をダイアナ・ペインと知ると、アンに取材の口利きすることを約束して彼女を呼び出し、もちろん"仲介手数料"はセックス。
事後、ダイアナにインターンシップを希望していることを話すと、「うちにきて働かない?」と誘いを受ける。
[ 続きを読む ]

School of Hard Knocks

【あらすじ】
復縁に希望を持ちつつ別居中のリネットだったが、トムに相手がいることをレネから指摘され、体を鍛えて歯のホワイトニングにも励んでいるというのがその根拠。
ペニーにタブレット端末を買い与えてテレビ電話経由でトムの家に探りを入れると、トムが同じアパートに住むクロエというピチピチの女と楽しそうに話しているのを目撃する。
[ 続きを読む ]

Time Keeps on Slipping

【あらすじ】
(アリエルが一夜にして老婆の姿になる夢)
不吉な夢で真夜中に目覚めたアリソンは、テスト勉強でまだ起きていたアリエルを気遣う。
翌日、アリエルは寝不足のまま化学のテストを受け、教師のリサ・ケリガンの様子がおかしいのが気になるが、夜には予定どおり彼女の息子ブレンダンの子守をしに行くことにする。
その後、最近良い雰囲気になり、化学のノートを貸してくれた上級生のリアムに声を掛けられ、寝不足を心配した彼から昼寝ができるようにと車のキーを渡される。
が、遠慮しようとした次の瞬間、リアムの車の中で目覚め、キーを渡された後から記憶が飛んでいることに気付く。
と、また次の瞬間、今度は夜のケリガン家に飛び、泣いているブレンダンを抱いて階下に下りていくと、リサが撃ち殺されているのを発見する。
[ 続きを読む ]

Do You See What I See?

【あらすじ】
ハンナと「愛してる」の言葉を交わし合ったデクスターは、2人で歳を重ねていく未来を思い描き始める。
DSC_0731.jpg
そんな折、母ローラの殺害犯の最後の1人、ヘクター・エストラーダが末期疾患のため仮釈放されることになり、ハンナからは「宇宙からのクリスマスプレゼントよ」と心強い言葉。
一方でマシューズに呼び出され、彼とラゲルタに真のBHBと疑われていることを知ると、「ドークスもボートを持っていた」と嘘の情報を伝え、デボラにも報告する。
[ 続きを読む ]

Sadie Hawkins

【あらすじ】
モテない女子代表ティナの発案で、女子から男子を誘うダンスパーティ、セイディ・ホーキンズが開催されることになり、まずはティナが先陣を切る。
♪「I Don't Know How to Love Him(ミュージカル『Jesus Christ Superstar』より)」ティナ
アーティの期待を裏切り、最近になって気になり始めたブレインを誘うが、彼の答えは「No, Thank You.」。
[ 続きを読む ]

Arrow on the Doorpost

【あらすじ】
リックはダリル、ハーシェルとともに郊外の飼料倉庫にやって来る。
2人を外に留まらせて1人で倉庫内に入ると、そこには総督の姿があり、互いに警戒しながらも銃を収め、交渉のテーブルに着く。
その後、交渉の仲立ち役アンドレアが到着して両者の和解を促すと、境界線を決めて互いに干渉しないとする案を提示するリックに対し、総督は全面降伏の要求を突き付ける。
[ 続きを読む ]

Yes, Then Zero

【あらすじ】
ハリウッドの撮影現場でアシスタントとして働くSのもとへ、世界周遊の旅の途中LAに立ち寄ったNとCのもとへ、ブルックリンに残ったDのもとへ、Bとモナコの王子ルイの結婚式の招待状が届く。
[ 続きを読む ]

Watch While I Revise the World

【あらすじ】
チャックが脅迫状の差出人ではないかと疑うブリー。
チャックに手伝いを頼み、その間に彼のブリーフケースを開けると、そこには自分の手の写真と、自分の名前入りの膨らんだ封筒。
が、時間切れで中身を知ることはできなかったため、ギャビーに話し、チャックを連れ出した留守の間に調べてもらう算段を立てる。
[ 続きを読む ]

SAL

【あらすじ】
(マット・モルハーンが自宅で男に撃たれて殺される夢。撃った男は逃げる際にデュボワ家の庭先を通り、マリーに目撃される)
顔見知りの隣人が犠牲となり、アリソンは家族の安全、とりわけ目撃者となってしまったことで怯えるマリーを気に掛ける。
他にも2件同様の手口で強盗殺人が起きているため、ジョーと相談し、家に音声機能付きの警報器を取り付けるが、その夜、マリーが自らを"SAL"と名乗る警報器と話し始めたことは知らない。
[ 続きを読む ]

The Dark... Whatever

【あらすじ】
放火殺人はこの2週間で5件を数え、デクスターはデボラに捜査妨害をしないことを約束させられたために、ボッソに疑いをかけつつも動けない。
安らぎを求めハンナの家に行くが、"闇の声"に従って殺人を犯していることを打ち明けても、「殺人の衝動はあなたの意思よ」と彼女には理解してもらえない。
そんなとき、突然ハンナの父親が訪ねてくる。
[ 続きを読む ]

Glee, Actually

【あらすじ】
スロープで滑って怪我をし、今さらながら車椅子の自分に嫌気が差したアーティ。
保健室で横になるとすぐに夢の世界へいざなわれるが、そこは自分の足で歩けるものの、いじめが蔓延り、グリー部は散り散り、という最悪な世界。
「僕が元どおりにしてみせる」と宣言し、歌うことで証明しようとする。
♪「Feliz Navidad(José Feliciano)」アーティ
が何も変わらず、目覚めて現実の世界に戻ってくると、「今の僕がいい」とつぶやく。
[ 続きを読む ]

Clear

【あらすじ】
襲撃に備えて武器を調達するため、リックはカールとミショーンを連れ、元住んでいた町へと車を走らせる。
カールにはミショーンまで連れてきた意図が理解できず、リックから「利害が共通してる。一緒に戦うんだ」と説明されても腑に落ちない。
[ 続きを読む ]

There Will Be Blood... Type B

【あらすじ】
アリソンに迎えに来てもらったジェニファーは夢について話し始める。
白人と思われる男の目を通してしか見ることができないこと。
両親と車に乗っていて事故に遭い、この夢が始まったこと。
男が動物を殺して血を抜き、ポーズをとらせて写真を撮ること。
[ 続きを読む ]

Helter Skelter

【あらすじ】
ハンナという理解者を得たデクスターは、SLICE of LIFE号に彼女を乗せ、海原を行く。
幼いころ父親に水に落とされた経験からくる水への恐怖をハンナが吐露し、同じように死の恐怖を感じた経験を問われるが、まだ完全に心を開くことができず、「無い」と嘘をつく。
[ 続きを読む ]

Making the Connection

【あらすじ】
脅迫状を受け取ったことで激しく動揺するブリー。
差出人を突き止めるため、訝しがるチャックに内緒で獄中のポールに会いに行くが、差出人は彼ではない模様。
他にこの文面を知っているのは、スーザン、リネット、ギャビーだけということになるが、「3人にはまだ言ってないの」とポールに明かすと、一人で抱え込まないよう助言される。
[ 続きを読む ]

Swan Song

【あらすじ】
気絶したマーリーを運び出すためステージを中断したことにより、NDは失格となる。
地区大会での敗退に放心状態のグリー部に対し、スーはチア部に音楽室を乗っ取らせ、さらには講堂の使用も制限して追い打ちをかける。
フィンは校内コンサートに向けて何とか部員たちの気持ちを立て直そうとするが、目標を失った彼らは、何か別の打ち込めるものを求めてそれぞれ別の部へ。
DSC_0706.jpg
[ 続きを読む ]

I Ain't a Judas

【あらすじ】
総督一派の襲撃による動揺が残る中、今後さらに本格的な襲撃が予想されるため、メンバーの中では刑務所を放棄するか、それとも留まるかで意見が割れる。
が、依然不安定なリックはリーダーとして決断を下すことができず、カールにまでリーダーを降りるよう促される。
[ 続きを読む ]

There Will Be Blood... Type A

【あらすじ】
(現実ではないと知りつつ若返ったことを喜ぶアリソンが黒髪の少女に自殺を見せつけられる夢。少女は「才能のムダ遣いね」と言い遺していく)
殺人事件の現場となった邸宅に呼び出されたアリソンは、荒らされたキッチンを抜けてリビングに足を踏み入れると、異様な光景に言葉を失う。
プレスコットというその一家は、薬物を注射されて殺されたのち、全身の血を抜き取られた上でソファで団欒しているかのようなポーズを取らされている。
DSC_0704.jpg
[ 続きを読む ]



最新記事