『アントラージュ』最終回…でも


アントラージュ★オレたちのハリウッド
http://tv.foxjapan.com/fox/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/1822


破天荒なハリウッド俳優ヴィンスとその"アントラージュ(取り巻き)"の、気心が知れてるだけにつまらないことで衝突したり、それでも後腐れなく仲直り、っていう男同士の関係をリアルに描いたこのドラマ。
マーク・ウォールバーグが製作総指揮を務めてて、有名人が本人役として多数出演することでも話題になったわね。
男の友情物語が大好物のワタシのお気に入りだったけど、シーズン8をもって完結したわ。

でもその終わり方が、何とも中途半端
[ 続きを読む ]

【あらすじ】
テランス、アダム、ロイドへの復讐を果たすため、アリは資産家の妻に個人保証を頼み込んででも、会社買収の資金を捻出する。
ところが契約締結の段になって、テランスが会社の名前を残すという条項を加えたため、我慢ならずにその場を放棄する。

タートルはヴィンスたちに「大学の彼女とヤった」とうそぶくが、実はジェイミーのことが頭から離れず、キス止まり。
ようやく自分の気持ちを認めると、ニュージーランド行きの飛行機に飛び乗るが、離陸直前、ジェイミーから電話できっぱり別れを告げられる。

スローンとヨリを戻したいEは、行き先を告げずに、車で彼女をランチに連れ出す。
2人の思い出のレストランに着き、復縁を持ちかけるが、重要な要件と聞いて恋人とのデートをキャンセルしてまで着いてきたスローンの怒りを買う。
険悪ムードの帰り道、車を停めると、「継続的な関係が築けない」となじるスローンに、指輪を差し出し、突然のプロポーズをする。

開放感を満喫中のドラマは、フィルから再テストのオファーを受けてもなびくことはない。俳優を止めることすら考るが、タートルが本心と向き合うに心動かされ、自身をさらけ出して全力で再テストに臨む。
結果、「メルローズ・プレイス」にはそぐわないものの、フィルから「主役として企画を立ち上げる」と持ちかけられ、独占契約を結ぶことになる。

出向いてきたテランスから契約を促されても、意地を張るアリは聞く耳を持たないが、かつて解雇したことへの謝罪と「君だから会社の未来を託したい」という言葉に思い直す。
条件を飲んで契約が成立すると、ペイントガンを手に、解雇する社員を撃ってまわり、アダムを仕留めた後、身を隠すロイドに向け、「もう一度奴隷にしてやる」と言い放つ。
会社に戻ると、「私が戻るわけないでしょ!」とロイドの逆襲を受けるが、テランスを見習い謝罪したうえで、今度こそエージェントとして雇い入れてやる。

クランクインが迫るヴィンスは、街で買い物中にマット・デイモンに出会い、子供基金への寄付を半ば強要される。
仕方なく1万ドルの小切手を切るが、金額に不満なマットに空港まで押しかけられ、金額を引き上げさせられる。
DSC_0408.jpg
そして、スローンと車で乗り付けたEからいきなり婚約を知らされて絶句するが、2人に祝福を送ると、ドラマと2人、ローマ行きの飛行機へ乗り込む。
一方ニュージーランドまで無駄足を踏んだタートルは、そこからローマへ合流することに。

【感想】
マット・デイモンってあんなトチ狂った人じゃないわよねw
チャリティに熱心なのは本当かもしれないけど。
本人役でありながらあんなキャラで出演するって、そんだけ懐が広いってことね。

このシーズン6はヴィンスが思いっきり脇役だったわねw
これまではヴィンスを中心に話が進んできただけに新鮮だったわ。
思えば今シーズンのヴィンスって、適当に女ひっかけてヤってただけよねw

ついに、っていうか、いきなりEがスローンとくっついちゃったわねw
やっぱりお似合いよ! 特に身長が同じくらいなところがw
地雷女に気を付けて幸せになるのよぉ~!

アリはやっぱりロイドのこと手放したくなかったってことよね?
もう、素直じゃないんだからぁ(はぁと)
ロイドは念願のエージェントになれたけど、本当にそう扱ってもらえるのかしら・・・?

これでシーズン6終わりだけど、このドラマの面白さが少しでも伝わったかしら?
クリックしてもらえると嬉しいわ!
   ↓
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村



【あらすじ】
アシュリーと別れたEは、すでに次の彼女を作って忙しい。
一方、タートルはジェイミーと過ごせる残りわずかな時間を楽しみたいが・・・
[ 続きを読む ]

【あらすじ】
アシュリーが怒る理由が思い当たらないEは、彼女に会いに行き、"ルパート・パプキン"(9話参照)の件を聞かされる。
「安全のためにヴィンスを別名で登録してる」と笑い飛ばすが、嫉妬と疑念に駆られたアシュリーから、携帯のメールを読ませてほしいと持ちかけられる。
[ 続きを読む ]

【あらすじ】
ストーカー対策で家にボディーガードが常駐し、しかも彼らの勝手な振る舞いにヴィンスもタートルも気の休まる暇がない。
しかしアーロンが調べ上げた容疑者タッカーの危険な前歴を考えれば仕方なく、解決まで時間はかからないというアーロンの言葉を信じる。
一方コークリーの怒りを買ったドラマは、たったワンシーンのために手間のかかる特殊メイクをされ、まさに"飼い殺し"状態。
[ 続きを読む ]



最新記事